百合の話し / シーボルト

日記(家族・子育て)


本来は、山や林に入って勝ってに植物を取ってはいけないのだけれど...
私が幼い頃、西平井の山林は平和台の造成地になりどんどん崩されていったので、そこに生えている植物を取ってくることを地主の人たちは黙認してくれた。

私が5歳の時に隣のお兄さんと一緒に、生まれて初めて取って来たのが、山百合だった。玄関先と庭に植えたのだが、毎年6月になると芳香を放って咲いてくれた。また、小3の誕生日の時に親に懇願して買ってもらった顕微鏡で初めて見たのが、その百合の花粉だった。だから、百合には色々と思い出があり、植えたかった花のひとつででした。

lily_01.jpg

これはたぶんカサブランカだと思う(汗
5歳の時にそのお兄さんが教えてくれたのが、百合はシーボルトさんが日本から持ち帰って、それが外国でいろんな品種になってまた日本に来ているんだよ。だから百合のことをユリ..リリイと言うのはその名残だよ...

とか言っていたのか、そう聞き違えしたのか・・・
本来は...漢字の「百合」の語源は、鱗片が何枚も重なり合う形を表現していることで。欧米では全てラテン語の「リリウム」から派生したもので、ケルト語の「リ=白い」からと知ったのは小学校に入ってからだった。
もともと、ユリは食用として用いられ、観賞用として用いられるのは室町時代に入ってからで...なるほど、だから花の形ではなく球根の形が名になっているのかと納得した記憶がある。

しかし、シーボルトが日本から山百合を持ち帰った語にオランダあたりで、さまざまに品種改良が進んだのは本当のことで。

lily_02.jpg

こんな花の色と形は、カノコユリと山百合を品種改良しないと、できない色だろうなぁと思う。

ほんとは、この2本の百合を含めて7本ある百合は、チューリップの球根を掘り起こした後に、花壇に移植する予定だったのだが、今年はそのままプランターで花を咲かさせてしまった・・・


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2006年06月22日

posted by たすけ at 16:27 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記(家族・子育て) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。百合といえば、結婚してからまもなく、初めて百合の球根を植えて、せっせと水をやっていたら、ある時から想像以上に背丈が高くなって、葉っぱがいっぱい出て、すごく「生きてる」感じがして、気味が悪いな^^;と思ったことを思い出します。植物も生き物だっていうこと、切り花や鉢植えばかり見てると分からないんですよねぇ。素敵なお庭があって羨ましい♪
Posted by 乃梨花 at 2006年06月24日 12:19
コメントありがとうございます。
今年の初夏は全く、花壇の手入れができなかったので、昨日、突然思い立ち芝刈りついでに花壇改造計画を立てました・・そしたら思わぬ珍客が...詳細はブログにて^^;
Posted by 太輔 at 2006年06月26日 18:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

◆谷汲のユリ園(揖斐川町谷汲)  見ごろ
Excerpt:  岐阜県揖斐川町谷汲(旧谷汲村)の「谷汲ゆり園」は地元の皆さんが林間でユリを育てています。見逃してはいけないと10日ほど前に行ってきました。少し早かったようです。今は、満開でしょうね。  約2.7ヘク..
Weblog: てらまち・ねっと
Tracked: 2006-07-02 19:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。