桜が泣いているよ?

sakurahubuki04.jpeg
今年はまだ、ちゃんとしたお花見をしていないの
ですが、一昨日の土曜日に近所の桜の名所に
ふと立ち寄ってみました。

そこは娘が小さい頃、よく一緒に散歩をしたり
まだ補助車がとれない自転車でちょっとした
サイクリングをした場所です。

老舗の料亭のそばにある大きな桜の幹を見て
古い桜脂(ヤニ)に気づいた娘が言いました。

「・・桜が泣いているよ。」

昔から、『桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿』
と言いますが、その時娘には

「そうだね、桜は傷ついて泣いているのかもな」

と、決して桜の枝は折ってはいけないと
諭しました。

その桜も今年も元気に花を咲かせていました。

写真の桜は去年のものらしいですが、私も去年
同じ桜吹雪を見て、ため息をついた風景です。

2005年:利根運河、桜吹雪 / 東飾人的サイト


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2006年04月03日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(家族・子育て) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。