前原執行部総辞職/散る桜 残る桜も 散る桜

4月1日の土曜日に、ちょっとコンビニに寄ったついでに
ふと桜を見たくなって、近所の桜の名所に車を走らせた。
すると花見の会場に何やらノボリを立てた自転車部隊・・・
「あ〜この若い女性が今度の地元の民主党候補なのか」
その後で、民主党の前原執行部総辞職と、その日すぐ近所
に鳩山由紀夫氏が来ていたのもニュースで知った。

私自身は、今回の執行部退陣は仕方ないと思う。だが
武部氏と掘江氏の癒着はあったのだろうなぁと感じている。

それは、近鉄買収に失敗した後に掘江氏が語っていた
「今度は、(球団買収の)やり方がわかりましたから」
と不敵な笑みを浮かべていたこと。
渡辺恒雄氏がリークしたライブドアの広島買収について
武部氏が口利きをお願いしたこと。

それと、毎日閲覧している「きっこの日記」の
■2006/02/26 (日) 「きっこの日記」は無料です 3
の記事からだ。

そして何より、武部氏本人が応援演説で思わず絶叫した
「堀江君は、私の弟です!我が息子です!」やはり
この言葉に真実がこもっているように思えてならない。

私も永田議員の失態には呆れている。
しかし偽メールかどうかよりも...
掘江氏と武部氏の癒着があったかどうかを判明させる
ことなく、また4点セットになんの追求もできずに
この問題でケリがついてしまうことに憂慮を感じている。

今回の民主党執行部総辞職の決断は、自民党に対する
「肉を切らせて骨を絶つ」の展開となるよう期待する。

前原前代表は今
「散る桜 残る桜も 散る桜」の心境であろうか。


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2006年04月03日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。