電気を止めるより、時差通勤で人の流れを変えれば・・・

日記(言いたい放題)

東京電力計画停電初日を迎えて感じたのは、電気を止めるより時差通勤を徹底したほうがいいんじゃないの?と言いたい放題。....二転・三転・三回転半捻り?
まるでムーンサルトごとくのウルトラ計画停電錯綜情報に納得がいかない。
毎々、お世話になります。
ご周知の通り、東北地方太平洋沖地震に伴う計画(輪番)停電が3/14〜4月末日まで実施される模様です。
弊社所在地は第5グループとなり、本日は15:20〜19:00 の時間帯が停電時間となります。
大変恐縮ながら、上記期間・時間帯は電話・FAX・E-mail等の連絡が不通となることが予測されます。多大なるご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承頂きますよう、取り急ぎご連絡申し上げます。
なお、停電時間の変更などがございましたら、速やかにご連絡申し上げますが、なにぶんにも緊急事態のため、不測の事態がおこることも予測されますので、インフラ復興までの間は何卒ご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。
というご案内文書をFAXとメール添付で、お得意様に一斉ご案内したのが14日午前0時。

準備万端で、仕事を中断して電源ダウンに備えていたのに...
「あれ?停電しないぞ??」
「え?第5グループのごく一部だけで終わったの??」

停電となった、ちばらき県の一部の方々は気の毒だったけど、なんか拍子抜け。
TVをつけたら相変わらずの電車運休(区間運休・全面運休)による改札規制。
消えるはずの信号がついていて、交通課の警察官を交差点に動員
そして、東京電力担当者の苦渋に満ちた顔した謝罪会見映像・・・

『ねぇ?そんな難しい顔して結局予測不能なら
いっそやり方変えたほうがいいんじゃないの?』


日本人は秩序と礼節を保った行動がとれる国民性と、あらためて世界中から絶賛されました。
ならば....
「大変申し訳ないのですが、関東山梨静岡の会社(学校)代表番号末尾偶数はAグループ、末尾奇数はBグループで、始業と終業を2時間ずらして頂けませんでしょうか?」
と頭を下げて、電力需要を関東・山梨・静岡で一斉に2時間ずらしたほうがいいんじゃないの?

Aグループは8時始業の17時終業 Bグループは10時始業の19時終業
8時始業の昼休みは11時半から、10時始業の昼休みは13時半から
終業時間はきっちり守って、電源を切って退社(作業中止)とすると。
それに連動し各家庭でも朝夕食の時間も2時間ずらし洗濯・掃除は1日交替

ただでさえ間引き運転しているところに、通常と同じ時間帯でラッシュを作ることはないでしょ?
勿論、24時間体制or9時始業でないと国際的・金融的に特段に支障がある企業・病院等は別として、始業・終業を2時間ずらし、掃除洗濯の回数を減らすくらいはたいした問題じゃない。と思うのですがねぇ。

「なんでそんなことを電力会社から指示されなきゃいけないんだ!」
とお怒りになる御仁もいらしゃるかとは思います。そこで蓮舫節電啓発担当大臣登場ですよ。
「何故、9時じゃないといけないのですか!?8時、10時じゃ駄目なんですか?」

まぁ、ジョークはともかく。
電気の流れを止める算段をするよりも
人の流れを変えれば、電気の流れを止めなくても済む算段をすればよいのでは?


果たして、数学的にこのやりかたで上手くいくかどうか、根拠はないのですが・・・
まぁ一部に、こういうった決まりごとに従わない人(会社)が居たとしても、大部分の秩序・礼節を重んじる日本人は、この緊急時にはこういった決まりごとにきっと率先して協力すると、私は信じているのですが・・・

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2011年03月16日

posted by たすけ at 00:00 | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。