リカンベントの盲点 / 熱中症について

■シニアの自転車生活


4日の土曜日...午前中に手賀沼に出かけ、仕事場に戻る大堀川CRで、一瞬Swacchiの手賀沼走行会のトレインに吸収されました。
「リカンベント疲れませんかぁ?」
「いえ、楽ですよぉ〜 上り坂さえなければ」
「へぇ〜楽なんだぁ」

とほんの短い会話の後、私は高田橋から日陰ルートに行ったのですが...

そうなんです、リカンベントは楽なのです
リクライニングシートにどっかり座り、ただ脚を回していればいいだけで、腕や腰への負担がないですから長距離を走っても疲れません。実際クロスバイクの時は100km超だと、翌日かなり疲労を感じていたのですが、リカンベントの場合、100km超でもそれほど翌日に疲れが残りません。
但し、ダンシング(立ち漕ぎ)ができませんから、勾配のきつい上り坂は迷わず降りて押し歩きです^^; ゆるい勾配でも脚の負担はけっこうかかります。その代わり下り坂となれば、空気抵抗が少ないので、アップライトの自転車よりスピードが出ますし惰性が続きますよ^^

...で。リカンベントの盲点とは?
実はリカンベントはリクライニングシートにどっかり背中を当てているので、背中から熱が逃げません。5日の関宿ポタの際、前をゆく人たちの背中は皆汗でびっしょりでしたが、面積の広い背中からの放熱は重要ですね。リカンベントの場合、背中から放熱するどころか、背中に熱が貯まりやすいのですねー。
※.夏用メッシュシート(背中とシートの間に隙間を作る)もあるのですが、まだ購入していませんでした。トライク(3輪リカンベント)などは最初から網目のシートがついている場合が多いです。

5日の日は、途中から...
「なんだろう?疲れていないのにこの脚(膝)の重さは??」
と感じていたのですが、どうやら軽い熱中症(熱疲労)だったのかもしれません。

------ここから、引用 参照筑波大保健管理センター

熱中症について

熱中症とは高温多湿な状況下で生じた身体熱性障害を総称したものです。
通常、熱けいれん、熱疲労、熱射病の3つに分けられています。

熱けいれん・・・・・一般に体温上昇はない               
熱疲労・・・・・・・・・体温上昇を伴う
熱射病・・・・・・・・・体温上昇を伴う

熱中症の原因と症状

1.熱けいれん(heat cramp)
高温多湿の状況で短い期間に大量の汗をかき、それを大量の水分補給だけで済ませた場合に発生することがあります。水分補給のみで塩分補給がないため、電解質が不足して筋肉が有痛性のれん縮をきたします。
[症状]
大量の発汗、突然の強い筋けいれん、倦怠感。
けいれんは大腿四頭筋、ハムストリング、ふくらはぎに起こりやすい。

2.熱疲労(heat exhaustion)
大量の発汗によって水分と電解質が失われ、脱水状態に至ります。
また体にたまった熱を放散させるため血管が拡張し、相対的にも循環血液量が減少します。処置が遅れると熱射病に進行する危険性があります。
[症状]
大量の発汗、頭痛、吐き気、めまい、寒気、倦怠感、強い口渇感。体温は40℃以下。

3.熱射病(heat stroke)
脳の体温調節中枢が機能障害を起こし体温調節が不可能となってしまった状態です。
[症状]
発汗が止まり、体温が危険なほど上昇する。熱けいれん、熱疲労の症状を呈した後に、発汗の消失、意識障害が起こってきます。体温は40℃以上で、もし体温が41℃以上になると全身の細胞障害が急速に進んで不可逆性の病態に陥ります。

------引用ここまで。さらに詳しくは環境省熱中症予防へ

熱中症について

まぁ、あまりリカンベントに乗っている人は少ないですので、この記事は一部のベントライダー(リカベント乗り)用かもしれませんが^^; 当日は気づくの遅かったのですが、干し梅を食べてほどなく症状がすぐ改善しましたから、補給食の大切さを実感した日でもありました。
まだまだ酷暑が続きそうですねー。...自転車乗りの皆様。
どうぞ、水分補給だけでなく電解質を含んだ携行食をこまめに摂ることをおすすめ申し上げま〜す。


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



タグ:熱中症

2010年09月06日

posted by たすけ at 22:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | ■シニアの自転車生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たすけさんこんばんは。
昨日はお疲れ様でした。
私も干し梅を持っていったので、今回は熱中症の症状もありませんでした。

リカンベントの弱点がもう1つありますよ。
それはひざ下の日焼けではないでしょうか?
普通の自転車だったらひざ下はあんなに焼けないでしょうから(笑)

それでは週末の牛久は早めに来てくださいねー。
Posted by spirit at 2010年09月06日 22:18
たすけさん こんばんは!
大変勉強になりました。水分も大切ですが、塩分も重要なのですね。
以前は補給と言えば甘いもの重視でしたが、
最近では干し梅も携帯しております。
お酒飲んでるときは塩気バッチリなのですけどね・・(笑)
Posted by Boost at 2010年09月07日 00:24
>spiritさん
梅干...侮れませんね!
弱点...たしかに顔から膝下まで日光浴をしながら自転車漕いでいるわけですものね(苦笑)

牛久...楽しみにしていま〜す♪


>Boostさん
そうなんですよ...私もせいぜいハンガーノックしか体験なかったのですが、塩分・ミネラル補給の大切さ身にしみました!

牛久BBQ楽しみですねー
..で。シメは我孫子駅の弥生軒ですか?(笑)
Posted by たすけ at 2010年09月07日 21:08
たすけさん、こんばんは!
干し梅!僕も食べてましたよ〜(甘いやつですが)
冷蔵庫の買い置きがなくなったのでピンチです(笑)
リカンベントは低い場所に座っているので暑くないのかなぁ?
なんて、しゃあさんお話ししていたところでした。
リカだとドライミストを前から蒔くとかできそうですね。


Posted by ワンチャン at 2010年09月07日 23:06
>ワンチャン
たしかに。リカンベントだと、アップライト(通常自転車)のサドル位置が、顔の位置になりますので、の照り返しがきついです。
でもこの高さって、小学校低学年の自転車の顔の高さとほぼ一緒ですから、お子さんは大人より路面からの照り返し受けて走っていることになるので、注意してあげてくださいね〜。

PS.大型犬やオオハクチョウとすれ違う時も、ほぼ顔が同じ位置になりますので、結構怖いです(苦笑)
Posted by たすけ at 2010年09月08日 18:38
たすけんさん、こんばんは。
補給って大切なんですね。
ついつい「まぁ少しは平気だろう」と手を抜いてしまいます。
まずは自分の体調をしっかりと把握することに努めます!
11日もよろしくお願いします。
Posted by 江戸桜 at 2010年09月08日 22:04
>江戸桜さん
私、ボトルの中に色がつくと汚らしいのでほとんど真水しか入れなかったんですよ。
それがかえっていけなかったようですねー。炎天下2日連続出走してしまったので、身体中の電解質がかなり不足していたようです。

11日...何を宜しくすればいいですか?もしかして、宴会芸ですか?
いえいえ、それはIKAWAさんや江戸桜さんにご期待申し上げます(笑)
Posted by たすけ at 2010年09月09日 15:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。