北千葉導水ビジターセンター

日記(言いたい放題)


紺碧の空 仰ぐ日輪♪...って。雲ひとつない37度の酷暑はもういいってばっ!(苦笑)
とにかく、暑い日が続きますねー

北千葉導水ビジターセンター.jpg

この画像は、紺碧の空にそびえ立つ、北千葉導水ビジターセンターを撮影していたら
「ん?見覚えのある黄色ジャージに青ヘルメット!」...って小さくて見えないか?^^;
暑かろうが寒かろうが、年がら年中手賀沼CRを走っている103でした(爆)

「これからどこいくの?」
「うん!ひとっぱしり守谷のパン屋まで」

う...このペースで走っていたら殺される(苦笑)
「俺、手賀大橋の日陰で休憩するからそこまで一緒に」
ということで、ほんのちょっと伴走してお別れしました。

和太鼓の稽古

手賀大橋の日陰では、和太鼓のお稽古...たしか先週も同じ時間に稽古していましたねー
どうやらここが、練習場所の定位置のようで、小気味良い太鼓の響を聞きながら小休止して、ハケの道の日陰づたいに帰社しました。

あ..今回のタイトルは北千葉導水路でした^^;

北千葉導水地下水路

手賀沼CRや大堀川CRの片側にずっと芝生の緑道(一部は桜並木)が続いていますが、その地下には水路があり、利根川の水が流れています。

北千葉導水路の目的は、
手賀沼の水質浄化の他に、手賀川・坂川の内水排除や江戸川の都市用水の確保もあり、この水路(全体の8割が埋設水路)の完成によって利根川と江戸川がつながり、私の地元の利根運河(利根川ー江戸川)の水量が一気に減りました。
※私が高校生の頃は、利根運河が野田導水路として利根川の水を揚水機でポンプUPして江戸川に流していましたが、2000年以降は、ほんの少しだけ利根川の水を流すだけとなりました。
ともあれ、北千葉導水路建設に際して関連する河川の堤防整備が進み、遊歩道やサイクリングロードの整備が進んだ訳ですので、サイクリストの端くれとしては北千葉導水路完成には感謝しなきゃいけないのかな?

北千葉導水ビジターセンター館内

ただ、この北千葉導水ビジターセンターですがこちらはいつも閑古鳥です^^:
まぁ観光目的ではなく教育・広報目的の付属施設ですので、それはそれでいいのかもしれませんが、せっかくのスペースなので、もうちょっと地方や市民団体に解放できないのでしょうかね?

江戸川河川事務所運河出張所では1Fの一部を、NPO法人コミュネット流山に解放し、利根運河交流館として活用していますが、同様に北千葉導水ビジターセンターの館内の一部を柏市や我孫子市のNPO団体に解放して民活力を導入することってできないのかしら?

今度の民主党の代表が、管さん小沢さんか? どちらにしても縦割り権益をとっぱらい、国の施設を地方や市民団体の活力で生かす政策を期待するわけです。

北千葉導水ビジターセンター展望室より手賀大橋を望む

北千葉導水ビジターセンターの展望室から見た手賀大橋。
この手賀大橋の向こうには、人で溢れる手賀沼親水広場(水の館)があります。わずか数キロ隔てた、こんな立派な施設と広いスペースに閑古鳥が鳴いていることがちょっと残念です。


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2010年09月04日

posted by たすけ at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。