上高津貝塚と緑の島

ちばらきチャンネル


緑の島って何?この写真なのですが・・・

緑の島

市街地や畑を海に見立てたら、大地の海に浮かぶ"緑の島"のように見えませんか?実際、縄文時代前期は霞ヶ浦の一部で、縄文後期は霞ヶ浦にせり出す突端部分であったということです。
中央右に見える池は、宍塚大池(ししつかおおいけ)
中央南北に走っているのは常磐自動車道で、右が国道6号線


6/6、東葛人さんIKAWAさんkashiwanさん、と霞ヶ浦周辺でもっとも良い状態で貝塚が保存されている上高津貝塚に行ってきました。
そしたら翌日の6/7に...奈良県の巨勢山古墳群で、ゴルフクラブがコース拡張のために、国指定史跡の古墳部分を無断で重機で削ってしまった。....というニュースが。

ゴルフ場開発と史跡保護の問題は全国どこでもありえる話ですね。
前エントリーの続きになりますが、香取海は魚貝豊富な内海で、霞ヶ浦(香澄の浦)周辺は古墳の密集地であると同時に大規模な貝塚もたくさんあります。
ちばらきのゴルファーの間で「雪が降ったら霞ヶ浦周辺のゴルフ場に行け」という言葉があります。これは広大な湖の温室効果で、関東で雪が降っても霞ヶ浦周辺だけは雨になってゴルフ場がクローズになる確率が低いからです。

陸平貝塚と上高津貝塚

縄文時代後期は寒冷化が進み、陸では木の実や獣などの収穫が減りましたが、海での魚介類は寒冷化による収穫にそれほど影響されないので、後期縄文人は多種の貝類を常食していたと思われます。

陸平貝塚

そんな訳で霞ヶ浦周辺は巨大な貝塚が数多く存在し、全国的に有名なのは、モースの教え子たちが発掘した美浦村にある陸平(おかだいら)貝塚ですが、この陸平貝塚を航空写真で見ると2つのゴルフ場に挟まれて、とても窮屈な状態に見えます。

上高津貝塚ふるさとの歴史広場

それに比べて上高津貝塚周辺は、なんと良好な状態で保存されているかが、航空写真でみるとよくわかります。左半分は常磐自動車道が貫通してしますが、それにしてもよくぞこれだけの森が残ったものだと感心せずにはいられません。

宍塚の里山

ふるさとの歴史広場

広場は一面の芝でとても空が広く感じる広場で、気持ちのよい広場です。北側に3戸ほど、竪穴式住居が復元されていて、プチ縄文人体験ができます。

貝塚の実物断層

上高津貝塚ふるさと歴史の広場の目玉は、なんと言っても分厚い貝塚層をそのままくり抜いた、貝塚の実物断層を見ることができることですが、それにしてもほんとに凄い量の貝を食べていたんだなーと驚きます。

縄文の樹海

...で。私的にはこの上高津貝塚を包む込む、緑の島が大変気に入りました。現場に行って立ってみると、まるで縄文の樹海がどこまで続いているように感じられます。
実は後で知ったのですが、この向こうにある宍塚大池を中心に、日本における里山保全の先駆けとなったNPO宍塚の自然と歴史の会が"緑の島=宍塚の里山"を管理されているそうです。
その範囲はなんと100ha!?(@_@;)
理窓会記念公園が約5haですから、なんと20倍の広さ!(@_@;)

里山フェチの私としては、次回は是非この広大な里山を散策したいとワクワクしております♪

宍塚の里山のほとんどは私有地なので、散策路以外の立ち入りは出来ませんのでご注意下さいとのことですが、広大な里山の中には公道もあるようなので、そこには自転車で入れるかどうかの下見に行ってみようと思いまして、宍塚の里山ポタルートを考えてみました。新大利根橋スタート&ゴールで70km弱の行程なのでゆるポタの範囲だと思います。



どなたか一緒に行きませんか?...って。
私、6月残りの日曜はすで予定済みなので7月に入ってからなのですが
夏ポタなので要所要所にコンビニを通過するように考えてみました^^;


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



タグ:貝塚 縄文 里山

2010年06月08日

posted by たすけ at 18:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | ちばらきチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たすけさん、こんばんわ
日曜日はありがとうございました。
たすけさんの企画は歴史ポタですので、本当に楽しいです。
それだけでなく、不動峠をこんなに楽して越えられるとは、とてもラッキーでした(笑)
宍塚の里山ポタ、予定があえば是非ご一緒したです。
ところで、これは下見ポタですか。
そうだとすると、また下見だけで終わったりして(爆)
Posted by 東葛人 at 2010年06月08日 23:22
>東葛人さん おはようございます
こちらこそおつきあい頂きましてありがとうございました。
普段家族と一緒だと、史跡や珍しい料理店の前を涙を飲んで素通りしている私にとって
同じ景色や料理で感激する同志がいることがどれだけ嬉しいことか(^_^)

下見ポタ...とりあえず実際に全行程を走ってみるという意味でして。
で、その行程がほぼ想定通りだったら、それでもう満足しちゃうので
たぶん下見で完結しちゃうと思われです(爆)
Posted by たすけ at 2010年06月09日 08:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。