銚子半島探訪サイクリング

自転車(ポタリング)


皐月は気候的にもっともサイクリングに適して、いっぱい走りたいのですが・・・

5/03...恒例の家族ドライブ(要は娘の買物アッシー^^;)
5/05...恒例のガーデニング作業(要は野菜の植え付け^^;)
5/09...恒例の母の日ドライブ(要は近場で食事^^;)
5/23...恒例になりつつあるMTMへの出展
5/30...友人のオープンカレッジ設立記念

...と予定満載なので、GW中にしっかり走ろうと宇都宮餃子サイクリングの翌々日の5/4は、銚子生れ・銚子育ちの断腸亭さん企画の銚子半島探訪サイクリングに参加させて頂きました。
今回の参加者は、主催の断腸亭さん棚倉樽さんkaccinさんまっちさん、そしていつも拙ブログにコメントをくださる、しゃあ あずなぶるさんとの初めてのサイクリングで、電動クロスバイクとの初対面も楽しみでした♪しゃあさんには車を出して頂き、行き帰りもずっと運転手でスペシャルサンクスですm(_ _)m

...で。前記事予告通りに銚子半島探訪サイクリングもWMV動画でまとめました。



岩牡蠣(磯牡蠣)はちょっと時期が早かったらしく小ぶりでしたが、昼食・夕食でお世話になった、魚料理・かみち(後日別記事にしますね)は、地の魚をメインにしているので大満足の料理でした♪
断腸亭さん、銚子の裏道&良いお店をご紹介いただいてありがとうございました。
再度の銚子半島探訪サイクリング企画を楽しみしておりますね♪

それから銚子サイクリングということで、アップダウンの激しい道の連続を想像していたのですが、そこは流石にジモティの断腸亭さんのご案内で、激坂を登るような道はほとんどなくて、初心者でも気軽に楽しめるコース取りでした♪

そうそう..電動クロスバイクはとても重くて驚きましたが、唯一他の全員が押し歩きしたほんの短い坂道を、平然と登っていく電動クロスバイクを見てその威力をまざまざと感じました。
う〜ん...やがて電動自転車は現行のママチャリにとってかわるだろうなぁ...

---------------------------------------------------------------------------

東京の新名物のアレ前日5/3の娘買物アッシーは、例年茨城方面にドライブを兼ねて行っていたのですが、今年は都内でOKということで、まずは"アレ"を見に行きましたが・・・

家内&娘とも「ふ〜ん・・・」だけで車から下りようともしません(苦笑)

ランチは築地場外市場に行きましたが、5/4が恒例の「築地場外市場 春の半値市」ということで、前日5/3はほとんどの店がシャッターを降ろしていて、飲食店も休業の店も多かったのですが、それでも結構な観光客が来ていて、私たちもそんな中で海鮮丼を食しました。
...まぁ旨かったのは旨かったですが...

翌日の銚子の魚料理・かみちで出された刺身とは、厚みも旨味も比べ物になりませんでした。

かみちではメニューが思ったより少なくて驚いたのですが、逆を言えば、地魚にこだわり、漁で上がった旬の魚だけをお客に出すという頑固さが、猟師町の料理屋としての信頼なんだなぁと感心した次第です。

ランチ後は、豊洲ららぽーとに行き、家内・娘の買物の間
一人でぼぉ〜と、東京湾を眺めて3時間ほど過しましたが
...まぁ、その時も爽やかな潮風だなー...
なんて感じていたのですが、翌日銚子の海岸べりをサイクリングした爽快さとはこれまた比べ物になりませんでした。


信州出身の友人は筑波山をありゃ"丘"だ、"山"じゃない!と言い切ります。外房の海を見て育った断腸亭さんも、波がまったくない豊洲の海を見ても、ありゃ"池"だ、"海"じゃない!と思うのかしら?

豊洲の海

そういえば人間の感覚の不思議を感じたのは、東京スカイツリーを見ても、なんだか全然高いと感じず。また、豊洲から見える高層ビルなどより、銚子で磯から見上げた犬吠埼灯台のほうが、堂々たる存在感と圧倒たる高さを感じました。

豊洲の風景

楽しかった銚子サイクリング後に家内に「一緒に銚子を走ってみない?」と水を向けたのですが...宇都宮サイクリング+豊洲のひなたぼっこ+銚子サイクリングで真っ黒になった顔の私をみて家内は...
「やだ!なんで休みの日に自転車乗って日に焼けなきゃいけないのよ!」ですと(苦笑)


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2010年05月17日

posted by たすけ at 23:59 | Comment(6) | TrackBack(0) | 自転車(ポタリング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変にお世話になりました。
また行きたいですね。今度は温泉つきで。車載輪行、付き合います!

電動は坂道、発進、向かい風は良いんですが、階段の上り下りはキツいです。
Posted by しゃあ あずなぶる at 2010年05月18日 06:45
>しゃあさん
何をおっしゃいますやら、お世話になったのは私のほうですよ^^;
...てか。最近がんがん、あちこち走られているようですね。
どうですか?そろそろブログも始めてみられたら?
写真+コメント程度の短文でいいじゃないですか。はじめちゃいましょうよ!(笑)
Posted by たすけ at 2010年05月18日 22:14
お疲れ様でした。
楽しい銚子半島探訪サイクリングだったようですね。

私は、2年半前から、電動アシストのチャリに乗っています。
おもに、買い物が目的です。
前後のかごに、食料を積んで走っています。

坂道の多い地域に住んでいますので、とても重宝しています。
上り坂など、荷物が10キロ(お米)でも、楽に走行できます。

普通のママチャリには、戻れません。
(^_^)/

タダ、車体重量が約24kgもありますので、重いです。
Posted by やん姫 at 2010年05月19日 11:54
>やん姫さん
携帯電話もその前身は、肩から提げるショルダー式で重量も5kgくらいでした(苦笑)
きっと電動自転車も普及するに従い、軽量化が進むと思われですね。
Posted by たすけ at 2010年05月19日 20:33
「岬めぐり」のBGMとは泣かせますね。
オジサンたちの晴れやか銚子めぐりだったのが、失恋の心の痛手を癒す岬めぐりのように見えてしまうところがすごいです。

銚子半島は、坂道コースを選ばなければ、内装3段のママチャリでも十分廻ることができます。
いずれレンタサイクルを調べておきます。
そうすれば、自転車愛好家じゃなくとも、手ぶらでやってきて、サイクリングが楽しめますね。

そうそう、自転車がこれほどまでに普及した最大の理由は、たぶん、荷物の運搬力にあると思います。
そして、荷物の運搬をするための自転車は、(トラックがそうであるように)重厚な構造を持たせる必要があるので、車体が多少重くてもいいのです。
ここにこそ、電動自転車の生きる道があると思います。

逆に言えば、電動スポーツ車は、結局は衰退していくのではないかと睨んでいます。

Posted by 断腸亭髭爺 at 2010年05月20日 02:23
>断腸亭さん
安易な選曲ですみません^^;

なるほど、電動アシストはそうかもしれませんね。
今日・明日と東工大でのMTM05に出展していますが、隣のブースが「プロペラ自転車」=ジブリ映画の具現化です(笑)

近日中に次世代自転車のHPで概要をUP致しますねー。
Posted by たすけ at 2010年05月22日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。