「きれイ、かわいイ、きもちいイ」というJ感 / 上海万博開幕

日記(言いたい放題)


いよいよ上海万博(会期2010.5.1〜10.31)が開幕しますね。
中国表記では上海世博会だそうですが...「世界の国からこんにちわ♪」の大阪万博からちょうど40年。アポロ11号が持ち帰った「月の石」見たさに、アメリカ館の長蛇の行列に並んだ懐かしい思い出を持つ同世代以上の方も多いと思います。

タイトルの「きれイ、かわいイ、きもちいイ」というJ感とは、上海万博の日本語版の日本産業館の紹介文に出てくるフレーズで、なかなか"ナウイ"表現です(笑)...で。このJ感(Japan感)について考えてみました。

折りしも、アイスランドの火山噴火でヨーロッパでは広い範囲で航空便の欠航が続いていますが、「上海万博に与える影響はそれほど大きくない」と中国国際放送局が伝えましたが、物資の輸送はほぼ終わっていても、開幕当初のヨーロッパからの観光客の出足は鈍るでしょうね。

そんな上海万博の日本での話題といえば、上海万博のPRソング「2010はあなたを待っている」が、岡本真夜のヒット曲「そのままの君でいて」のパクリ(盗作)疑惑...パクリというより文字通り「そのままの曲でいて」というカバー曲と言った方が正しいと思うけど(苦笑) 結局、上海万博実行委員会側が、岡本真夜の所属事務所と本人に楽曲使用申請をして事態の収束を図ったけど、これはいくらなんでもお粗末君ですなぁ。



ところで、上海万博での日本館のパビリオン愛称は「紫蚕島」で
朱鷺が中国の協力と人々の地道な環境保全や復活にかけた活動を通じて日本の空に再び舞い戻るというストーリーを通して表現する。エココントロール技術を採用し、外部が発電できる超軽型フィルムで囲まれ内部は循環式呼吸ホールなど最新技術を使用
...だそうで、この「紫蚕島」が宮崎アニメに登場しそうなシルエットで、なんだかアニメ大国ニッポンを象徴しているような気がします。

日本としてはエコ技術大国としてイニシアチブをとりたいと考えている訳ですが、上海世博会NEWSに上海万博では、1017台の新エネルギーカーが投入される。8時間の充電によって、1000キロ走行が可能だ。 という記事がありました。
「ん?8時間の充電で1000キロ??1桁間違っているんじゃない?せいぜい100キロだろう、あるいはHV(ハイブリッド)車かな?」
と思い、過去NEWSを辿ったら純電気自動車は充電後、6〜8時間走れるという。電池交換には10分間必要で、指定充電場所で、ロボットが車を自動的に充電できる。 とあります。

日本産業館の紹介文の「きれイ、かわいイ、きもちいイ」というJ感は、J感覚のミスタイプだと思いますが、1000キロがミスタイプでなく、もしも本当に8時間充電で1000km走行可能な純電気自動車ならば、数年後日本国内で中国車がどんどん走るようになるかも?

上海万博のPRソングのパクリ(盗作)疑惑で、上海万国パクらんかいと揶揄する声も多いけれど、他に中国国営放送のアニメでもパクリアニメがあるそうな...ただ、かつて日本が世界から「モノマネ大国」と揶揄さてきたことに、今の若い人たちには実感がないでしょうね。



3月27日にTV観戦した記事をUPし損ねたのですが...K-1 WORLD MAX 2010 で初の全試合KO勝ちで優勝したのは本業がコスプレイヤーでアニメオタク(アニヲタ)を自称する長島☆自演乙☆雄一郎選手でした。最初の登場曲はアニヲタに言わせると放送事故に等しい歌詞だそうですが(まぁ例えると月亭可朝の「嘆きのボイン」の逆バージョンのような歌詞だそうです。)

果たして世界から見た日本は「先進工業国」から、すでに「きれイ、かわいイ、きもちいイ-J感アニメ国」という印象になってしまっているのかもしれませんYO!。


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2010年04月20日

posted by たすけ at 23:35 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あのテーマソング、サワリを最初聴いた時、てっきりジャクソン5の「アイル・ビー・ゼア」の中国語バージョンだと思って、(なかなかやるねー)と感心しちょりました。
ところが、岡本真夜のパクリだと聞いて(ふえ〜)って感じ。
先日TVでビートたけしが、「あれって元々の曲も何かに似てるよなぁ」と言っていたのは私と同意見だと思うんだけどなぁ。

確かにかつて我が国はモノマネ大国、いや猿真似大国とまで言われましたが、マネしてより良いモノを作ったのと、マネして粗悪なモノしか作れないのとでは雲泥の差ですぞ〜。
マネとコピーの違いとも言えますが。

ん〜、K1にも「女子ウケ」狙いが…。
お笑いを筆頭に、何を観ても女子ウケ狙いばっかでしょ。
だからって世界に向けたキャッチフレーズも「きれイ、かわいイ、きもちいイ」って女子語にすることないと思わない?!…。

すみません、人のブログで愚痴ってしまいました(笑)。
Posted by at 2010年04月20日 23:42
上海万博のテーマソングの対応はバレちゃったから仕方なく申請したという感じで上海万博に影響を出さないようにという、自分勝手な強引な解決方法です。尖閣諸島やガス田と同じ、彼の国の得意技ですね。

ハブダイナモをドイツの通販に注文しました。明日、出荷するそうですが運行を再開するようなので大丈夫そうです。とはいえ、荷物が溜まっていて遅くなりそうです。行方不明にならなければいいのですが・・・。



Posted by roadrunner at 2010年04月21日 00:12
>タルさん
家の稼業はおもちゃ工場だったから、欧米で流行した遊具をすぐにコピーして造っていた現実を見てきました。しかもすぐ壊れるし(苦笑)
まぁTBSですから、確かに演出は派手でしたが、長島☆自演乙は、ガチンコで強かったですよ。見た目と違ってどんどん前に出るファイトは凄いです。あ〜いよいよ格闘技界でもフツーにアニヲタがいる日本なんだぁ..と痛感しました。
女子語...っていうか、選んだ日本語のセンスが悪すぎますよね(苦笑)

PS.K-1後の亀田の世界戦
私は評価しませんねー。これまで明らかなローブローや頭突きを繰り出し反則三昧勝ちしちゃう癖にhttp://www.youtube.com/watch?v=QNcAABwVUVg
自分がされると故意の攻撃でないのに、すぐにレフリーにアピールする姿...あれはいただけません。

特にあの日は試合後半、劣勢が明らかなのに、前に出ないしゴング後に勝利のアピール?
ましてや、チャンピオンの表彰がはじまっているのに四方観客に挨拶?
姑息な戦法は親父からの指示でしょうが、あの挨拶は自分の意志でしょう。
敗者は、黙って静かにリングを降りろ!...と。画面に向かって言ってました。

あ〜スッキリした!(笑)
Posted by たすけ at 2010年04月21日 00:50
>roadrunnerさん
先日、お気に入りの特集拝見しました。
フランス辛口は痛快ですねー(笑)
Posted by たすけ at 2010年04月21日 00:58
>私は評価しませんねー。
ん?、私も亀田の試合内容は全く評価していませんよ(笑)。
ただ、あの試合で多くを学んだであろうとは思っています。
まあ、次の試合を観ましょうや(笑)。
Posted by 樽 at 2010年04月21日 07:19
>上海万国パクらんかい

(ノ*゚∇゚)ノ⌒☆ おみごと!
表現が素晴らしいですね。

>上海万博のPRソング

1992年頃、岡本真夜さんが、タイムマシーンで、2010年の上海の万博にやってきて、上海万博のPRソングを聞いて、ついでに、その歌を持ち帰って、発表したのかな?って、個人的に思っていました。
(; ̄∀ ̄;)
Posted by やん姫 at 2010年04月21日 09:58
>タルさん
了解で〜す♪


>やん姫さん
..岡本真夜が2010年の上海の万博にやってきて、上海万博のPRソングを聞いて、その歌を持ち帰って発表した。

中国の掲示板では、ホントにそういう書き込みがされているそうです。
しかも、ドラエモンの"どこでもドアー"を使って...だそうです(笑)
Posted by たすけ at 2010年04月21日 22:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。