潮干狩りの穴場?

■泡沫(うたかた)日記


今日のワイドショーで「いよいよ潮干狩りシーズン到来です!」との特集がありました。アサリやハマグリは、マルスダレガイ目マルスダレガイ科と言うそうで・・・

先日は朝から絶好の天気で、どこあそ(どこであそうぼう)しようか悩んで結局、船橋界隈をうろうろ自転車で探検してきたのですが、毎年潮干狩りのメッカの三番瀬はかなり混雑しますねー。
※今年の三番瀬の潮干狩りは4月13日(火)〜6月15日(火)です。
下の写真は三番瀬ではなく、船橋界隈の2ヶ所の小さな干潟です。地元の人なら誰でも知っている潮干狩りの穴場なのでしょうが、全景だと場所が判明してしまうので上下二つの写真ともトリミングしています。(写メを撮っていたら...ただでさえ迷惑駐車が多いのに、こういう場所はネットで公開しては駄目よ...という地元の方が^^;)

潮干狩り

「こんにちわ、何採っているんですか?」
「アサリだよ〜」
「え!?こんなところで採れるんですか?」
「あはは、こういうところでたくさん採れるんだよ」
「去年は赤潮で駄目だったけど、今年は豊作だねー」
「向こうのほうが、素人には沢山貝が居そうな気がするんですが」
「あ〜採れるよ〜♪でも向こうはデカイのばかりで駄目だねー」


このデカイのばかりで駄目..という意味が不明だったのですが

「うわっ!デカイ!!これもアサリですか?」
「この辺じゃ大アサリって呼んでいるけど、味が薄いし不味いから採れても捨てているんだけど、孫が・・・」
...とその時
「こ、このおっきいのは、ボ、ボクがぜ〜んぶ採ったんだよ♪」...と誇らしげにお孫さん(笑)

ハマグリほどではないけど、明らかにアサリよりは大きい貝がバケツに2割ほど入っていました。バカ貝(アオヤギ)は見分けがつくので、いったいなんていう貝だろうと思って、帰社してから市場魚貝図鑑・二枚貝で目を凝らして見たのですが...
どうやらシオフキに似ている?でも不味いと言っていたからカガミガイの小さいやつ?
心優しいおじいちゃんは、きっとあの貝は佃煮か何かにして、お孫さんを褒めてあげるのでしょうね^^
※近在のペパーミントさんから『ホンビノス貝ですよ』とコメント頂きました♪(感謝)

三河湾や伊勢湾などの「名物・焼き大あさり」はウチムラサキ貝らしいのですが、冷めたものは激不味いとの事。いずれにしても、貝は土地の人に聞かないと、重たい思いをして持ち帰っても"くたびれもうけ"かもですね。ま〜後悔したくなかったら、混んでいても品種が管理されている三番瀬に行った方が無難かも?

PS.過去記事のどこかで書いたのですが...
娘や甥っ子がまだ幼い頃、三番瀬にかなり早い時間に到着して、要領のいい甥っ子は、船上からスコップでアサリを撒いている場所をだいたい把握し、ものの5分で規定量を採ってきました(苦笑)


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2010年04月25日

posted by たすけ at 23:59 | Comment(5) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>潮干狩り

懐かしいですね〜。
愚息たちが幼児から小学生の頃、潮干狩りをしました。

…と言っても 海で釣りをしながら、その辺の砂を掘ってですが・・。

ですから、採れる量も少なかったです。
岩場に移動して、小さな蟹やアメフラシやフナ虫を見つけては、手にとって、喜んでいましたっけ・・。

一度だけ、大量のアサリがとれたことがあります。

16年前に広島県の宮島に行った時、引き潮で、厳島神社の大鳥居の外側へ歩いていき、何気なく、砂を掘ったら、な・なんと、アサリがいっぱいでてきたのです。

周りの人も、潮干狩りをしていました。
鳥居の外側なら、潮干狩りをしてもよいとのことで、私たちも潮干狩りをしました。

その場所は、アサリを事前に巻いていたのでは無く、自然にアサリがとれると、地元の人が、話されていました。

アッという間に レジ袋1枚分に満杯になり、その夜は、アサリ鍋を堪能しました。
Posted by やん姫 at 2010年04月20日 14:17
>やん姫さん
なにげにおひさですね〜(笑)
フナ虫..私ゴキブリは平気ですがフナ虫は苦手です(><)
手にとるなんて考えられない!(苦笑)

漏れ伝わる話によると...
かつて三番瀬で観光客のために撒いていたアサリは北朝鮮からの輸入物で、船旅の間に痩せてしまって旨味も薄かったそうです。
今は禁輸措置なので、どうしているのかわかりませんが、地元の人は天然物のアサリは旨味が違うよぉ♪と言っていました。

あ〜そうだ。ちょうどやん姫さんにも思い出のあると思われる記事を次号にしますね(笑)
Posted by たすけ at 2010年04月20日 18:27
銚子に住んでいた頃は、毎年今頃になると、親戚中でクルマを連ねて、茨城の波崎海岸に潮干狩りに出かけたものです。
みんなで、100キロぐらい採りました(もちろん、天然物)。

しかしながら、鹿島工業地帯が拡大するにつれて、貝の数が減ってしまい、今ではあまり採れないんじゃないでしょうか。

いずれにせよ、来週が楽しみです。
Posted by 断腸亭 at 2010年04月21日 09:41
三番瀬の近くに住んでいます(笑)
大きいのはホンビノス貝ですよ。
食べ方にもよりますが、美味しいですし、真冬でも採れるので個人的にはすきです…♪
Posted by ペパーミント at 2010年04月21日 21:14
>断腸亭さん
うちの弟もよく、昔は友人と連立って鹿島灘に、はまぐりを採りに行っていました。
しかし、100kgは凄いですねー
来週天気に恵まれるいいですね...って自転車じゃないから、雨でも決行しますよね(笑)


>ペパーミントさん
コメントありがとうございます!
図鑑をみて一番似ているのがホンビノス貝だとは思ったのですが「不味い」というキーワードと、聞き慣れない貝でしたので割愛しちゃいました^^;
そーですかぁ、美味いのですね。
良かったぁ〜、コメント頂かなかったらきっと全部放ってしまうところでした^^;

私は同じ千葉県民ですが、潮干狩りは数えるほどしか経験がなく、貝の知識がほとんどないので助かりました!
本当にありがとうございました♪
Posted by たすけ at 2010年04月21日 22:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。