切符をなくした場合

■泡沫(うたかた)日記


きっぷをなくした場合
駅のきっぷうりばや列車の係員にその旨を話して紛失再発行用として同じきっぷをもう一度お買い
求めください(「紛失再」の表示をいたします)。指定券については、同じ列車の指定券に限ります。買いなおしたきっぷは、下車駅の精算所で「再収受証明」を受け、そのままお持ち帰りください。

●1年以内になくしたきっぷが発見された場合
そのきっぷと、「再収受証明」のあるきっぷの両方を駅の精算所へお持ちください。発見されたきっぷについて、手数料210円(指定券は320円)をいただき、「再収受証明」のあるきっぷの運賃・料金を払いもどします。

●きっぷが盗難にあわれた場合も、同様のお取扱いとなります。

●定期券、回数券はこのお取扱いはいたしません。 紛失しないようにご注意ください。

               -JR東海のサイトより-

であります、皆様ご注意下さいませ^^;

昨日は日曜であったが、会議の為に日帰り大阪出張であった。切符は一昨日に地元の「みどりの窓口」で自由席で往復切符で購入しておいた。
往路の車内で、同行の3名は指定席で購入していたので、私も差額を支払いその3名の後ろの座席に移動して指定席車両に乗り換えた。

その時、車内放送で
「東京駅ホームで切符の落し物がありました。お心あたりの方は車掌に お申し出下さい。」
と丁寧なアナウンスがあり
『ほぉ親切なもんだな、ちゃんと本人はこの車内放送を聞いているのかなぁ』等と会話していた。

さて、新大阪に着き改札の直前で切符をしまっておいた
シャツの胸ポケットに手をいれると
・・・私の切符がない!たらーっ(汗)

あれexclamation&questionないexclamation×2
駅から会議会場まで10分ほどだが、すでにもう会議開始15分前たらーっ(汗)

ない!?カバンの中も、着ている服のあらゆるポケットを探してもない。同行の3人はすでに改札を出ており、しかも私は同行の1名が持参してきたプロジェクターを重そうだからと、代わりに手に持っている。
とにかく気が焦るばかり、改札の向こうでは3人が呆れ顔でこちらを見てる。

えぇ〜〜い!しょうがないと改札いた係りの人に事情を説明し車内で購入した、差額支払いのレシートと復路の切符を見せてなんとか承諾してもらい、改札を出た。
駅員さんm(_ありがとうございました_)m

さて、会議も終わり、しゃぶしゃぶセット&飲み放題で、アルコールも注入し夕刻、復路の新幹線に乗り込んだ。

『あづぅうう(><)』アルコールも入ったせいかとても身体があつく。上着を脱ぎ、ネクタイを緩め、Yシャツの上のベストも脱いだ。

「あれ!?たすけさん今なんか落ちましたよ?」
と、帰りも同行することになった隣の座席の知人が拾ってくれた。

        ↓

kippu.jpg

往路の検札のあとYシャツのポケットに入れたと思っていた切符は、ベストの裏側にずっと貼り付いていたらしい^^;

ほんとは切符をなくした場合
上記のような手続きをふまなければいけないのだがf(^^;
期せずして記念切符のような形になったので画像にとって今日のネタにしてみました^^;

あのホームで拾われた切符は、無事落とし主に戻ったのだろうか...



日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



タグ:切符

2006年02月20日

posted by たすけ at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。