我が良き友よ

■泡沫(うたかた)日記


下駄を鳴らして やつが来る 腰に手ぬぐいぶさらげてぇ〜♪

一昨日、学生時代のバイト仲間が集まって新年会を開いた。お世話になった喫茶店のマスターと奥さんを囲んでもうかれこれ30年近くこの飲み会は続いている。奥さんは我々とほとんど年代が変わらないので、○子さんとか、○ちゃんと、みんな名前で呼んでいる。

飲み会だけなく、花見・花火・バーベキュー大会等、家族連れでのイベントも毎年続いている。もっとも最近はそれぞれの子供も成長し、参加人数は減ってはきているが、それでも一昨日は10人集まった。

集合時間は18時。しかし18時に来ているのは2名だけ、全員が揃ったのは20時半である。
そんなことは、毎度のことで、みんな頓着がない。

自由に集まって、自由に解散。
「飲み会やるぞ、来いよな」
この一言で集まるメンバーである。


当時、まだ幼子だったマスターの2人の息子も、もはや30前後となり、マスターも孫を5人をもつおじいちゃんだ。しかし、当時から髭をたくわえていたマスターは白い毛が多くなった以外、風貌は変わってない。

こうやって集まると、仲間と一緒に、てぬぐい片手に下町の銭湯に通った30年前にタイムスリップする。仲間のうち私を含めて3人は下駄を履いていた。あとの仲間はビーサン(ビーチサンダル)である。

酔いがまわるほどに、日本の政治はなってない!等と論破が始まると思えば、よ〜し来年はみんなを屋形船豪遊に招待する!等といつもの調子で壮言を吐く友もいる。

そんな仲間の1人が、私の顔を覗きこんでこう言った。
「おまえ、今なんか悩んでいるな?」

ドキっ!とした。
普通に楽しく飲み会に参加しているつもりだったのに、どこを見てそう言ったのだろうか?

友は私に事情を問い詰めなかった。
ただ一言。
「男はなぁ、ひいてばかりじゃだめだ。ここぞと思ったら自分の意志を通せ!」
「な、飲もうぜ。」


我が良き友よ
そしていつまでもこうして仲間を大事に見守ってくれているマスター&○子さん。

ありがとうございますm(_ _)m



日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2006年02月06日

posted by たすけ at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。