山手線サイクリングロード計画(近未来のモビリティ)

■シニアの自転車生活


デンマークやオランダが自転車王国であるということはたいていご存知かと思います。
何故(なにゆえ)デンマークやオランダでは自転車利用者が多いのだと思いますか?
答えは簡単ですよね。「国土が平ら」だからです。

オランダで一番高い地点はヴァールセルベルグという町の通りで321m。デンマークにいたっては、丘陵地にある畑の真ん中のたった170mの地点が国内最高地点です。もちろん、自転車と歩行者・自転車と車が共存できるような交通(モビリティ)システムが整っていることもありますけど、それは卵が先か鶏が先かの問題で、自転車利用者が多くなれば当然そういうシステムが整ってきます。

しかし日本の縦割り行政は、国民のトータル的な利便性を優先するよりも、既得権益を優先しているので、自転車利用者が増えても新しい交通システムが整備されるかどうか、そこが一番の問題です。


ちょっと枕が長くなりましたが..
山手線サイクリングロード計画とは、山手線の架線の上にサイクリングロードを作ってしまおう!という計画です。 山手線のみならず、中央線や京浜東北線や、都心に向かう近郊私鉄の架線上にもサイクリングロードを作って通勤地獄を解消し、エコロジーと国民の健康増進にもつなげようという計画です。

山手線の1周は34.5kmです。中央線の東京-新宿間にいたっては、たったの10.3kmです。
この距離ならば自転車利用の方が便利であるとサイクリストの誰でも実感すると思います。 鉄道路線は道路よりも圧倒的に勾配率(坂道の角度)が小さいですから、私のようなヘタレ脚でも苦にはなりません。 それに、ホームや改札の混雑もなく、駅から勤め先の駐輪場まで自転車で行けるとしたら、通勤地獄が通勤天国になるかも?


え?でも雨の日は電車を利用するしかない??...いえいえ。
山手サイクリングロード・中央サイクリングロード・京浜東北サイクリングロードともすべて
透明チューブ型(かまぼこ型)の全天候型サイクリングロードです! しかも、そのチューブ中は、内回り・外回り、上り線・下り線で常に一定方向の追い風が吹いていますので、軽いペダリングでスイスイ進めます!

どうですか?山手線サイクリングロード計画って夢のサイクリングロード計画でしょ? この通勤用サイクリングロードが利用できるのなら、自転車版ETCで通勤定期の1/5程度を鉄道会社に払っても利用したいと思いませんか?

え?でも、自宅から駅まで濡れるじゃん!...って?いえいえ。
近未来の次世代型自転車は着脱フリーのフード付きなんですよ!だからそのフードが、逆に風を受ける帆のように機能しますので、雨の日の方がサイクリングロード内ではスピードが上がるんです(笑)

近未来(次世代型)自転車

東京-名古屋間に開通予定のリニア新幹線のように、とてつもなく速いモビリティ(移動手段)の建設も必要だと思います。でも東京-名古屋間のリニア利用客よりも、毎日の通勤で山手線・中央線・京浜東北線を使っている利用客の方が比較にならないほど多いでしょ?
しかも、約7〜9兆円言われるリニア新幹線の建設費用よりも圧倒的に安価で建設できるのが、土地買収の問題もほとんどない、鉄道架線上に建設するチューブ型サイクリングロードです。

鉄道会社がサイクリングロードを作ることを望むのは国民で、望まないのは道路族議員や官僚さんたちかしら?
でもね、私は思うです。
いつまでも目先の既得権益にこだわるよりも、環境先進国として世界に誇れるモビリティ・システムを構築するのが、本当の国家利益になるのだと。  (次世代自転車を考える会:丸井太輔)


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2009年06月10日

posted by たすけ at 03:32 | Comment(2) | TrackBack(1) | ■シニアの自転車生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このようなモビリティシステムは私のような凡人には絶対に思いつかないシステムです。

もしかして、たすけさんが考えられたのですか?

CO2排出権ばかりが騒ぎ立てられる昨今ですが、こういうドラスティックな発想が世の中を変えていくのかもしれませんね。

内容に感激したので、応援ポチ凸
Posted by ヒデ at 2009年06月11日 11:39
>ヒデさん コメントありがとうございます

次世代自転車を考える会の中心メンバーにレオロジーの科学者がおりまして、チューブ型の高速自転車道はその方のアイディアです。
でも、さらにもっと壮大が構想がありまして...それがあまりにも現実離れした大風呂敷なので、それを多少現実性がありそうな小風呂敷に変えたのが私です(笑)

いろんな仲間がいて、いろんな自由な発想や討議の中に未来へのヒントがあるような気がしています。
たとえ自分の世代では実現できなくても、次世代につながる考えや発想は軌跡を残しておこう..というのが会の本望とするところです。

PS.私もヒデさんのところでポチっとしてきました。
他のジャンルはほどんど見たことがなかったのですが「絵日記ブログランキング」ってものすごい戦国ジャンルなのですねぇ。びっくりしました!
今後ともわかりやすい「株の絵日記」お二人仲良く頑張って継続なさってくださ〜い♪
Posted by たすけ at 2009年06月12日 21:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

[いろいろ] 次世代交通の案
Excerpt: http://sazaepc-tasuke.seesaa.net/article/121191892.html 山手線上に自転車道を作るのも確かにいいアイディアだが、あまり現実的ではないというか、我..
Weblog: ロイ常一郎の怠惰な考察
Tracked: 2009-06-10 21:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。