初心者の自転車生活(装備品編)

自転車(クロスバイク)


初めて自転車を購入する時に、どんな装備品が必要なの?とあれこれ悩みますよね。
私はポタリング(自転車散歩)志向のクロス乗りなので、ローディ(ロードバイク乗り)さんがよく着ているサイクルジャージは不要だったので、だいたい1年間トータルで6万円程度でした。
自転車本体が4万円弱でしたから自転車生活は初年度10万円もあれば充分に楽しめる娯楽であると言えます。

自転車装備品一覧

上の写真は50歳の誕生日の「豪雨の灯台ツアー&初輪行」(笑)の時のスナップで私が購入した装備品のほとんどが写っています。※補足.写真ではわかりづらいですが、自転車ベルは必須品です。ただ、スポーツ自転車に乗るようになると歩行者にベルは鳴らさず口頭で「後ろ通りまーす!」「ありがとうございまーす!」と言うのがマナーとして習慣づきますよ(^^)
「えっ?前方の自転車の警報は?」...私、抜かれることはあっても、抜くことは滅多にないので(苦笑)

さて、自転車生活1年間を振り返り、とくに必要でなかったものや、重宝したものを写真とおおよその値段を添えて説明致します。だいたい自転車備品は通販で購入すると15〜35%OFFで購入できます

ヘルメットとアイウェア
ヘルメット8400円 アイウェア(サングラス)4000円

ヘルメットは常用していたほうが望ましいわけですが、特に集団走行で万が一、接触事故を起してしまった時に、お互いに後悔を残さぬ為にも必要かと思います。走行中、いきなり目に虫が入ったことが何度かありました。小さな虫だったから大事に至りませんでしてが、もし甲虫だったら..と思いぞっとしました。アイウェア(サングラス)は絶対に常用していたほうが良いです。

ライトとサイコン
ヘッドライト1500円 テールランプ(フラッシングライト)1000円
サイクルコンピュータ(サイコン)3500円


夜間無灯火は法令違反ですので、常用は当然ですが車を運転する身から言っても通常の反射板(リフレクター)よりはヘッドライトやフラッシングライトがついた自転車は遠くからも認識ができますので、この2つは真っ先に用意した方が良いと思います。
サイコン(サイクルコンピュータ)については私自身は最高速度や走行距離にほとんど頓着がないのですが、集団走行の際には巡航速度の目安としてあったほう便利です。

サドルバックの中身
サドルバック4500円 替えチューブ1500円 携帯用マルチ工具2500円
パンク修理キット250円 空気ボンベ100円 生ゴム手袋1枚10円?


これらは自転車を購入する前に購入しました。1年間にパンクは1度しかありませんでしたが、出先でのパンク修理はチューブを替えてしまったほうが早いです。自転車生活の心得として、パンクは自分で修理するものは基本だと思います。
私のタイヤチューブは英式(ママチャリ用)なので、携帯ポンプよりも百均で売っている空気ボンベが重宝しました。

マルチ工具はTOPEAK(トピーク) Hexus が両サイドボディがタイヤレバーを兼ねているので助かりました。作業用に軍手ではサドルバックが膨らんでしまうし、どうしても油がつきますので、医療介護&食品加工用の生ゴムの手袋が薄手で使い捨てが可能なので重宝しています。ホームセンターで100枚単位で売っています。 ※.但し、生ゴム手袋は使用前に水に濡れてしまうと、大変はめにくくなります。

トライバックの中身
トライバック2500円 (トライバック雨用)2000円
グローブ(夏用)3000円 (冬用)3000円 アンクルバンド1500円


これらは通販でなく近隣の自転車屋で購入したので価格はうろ覚えです。
トライバックはすぐ手が届くところに設置できるので、ティッシュやリップクリームや小銭入れなどに重宝しています。グローブはいざ転倒した時に手を保護するために必要ですし、長時間ハンドルを握っている場合は素手よりは疲れません。夏は指切タイプの専用品がおすすめですが、私は冬用はガーデニングで使う剪定用手袋を代用しています。

普段から自転車通勤やカジュアルで乗ることが多い私にはアンクルバンド(足バンド)は必須アイテムで、これがないとズボンの裾が汚れますし、チェーンへの巻き込み防止の為にも必ずこれを右足に巻いて自転車に乗っています。

チェーン鍵・ダイヤルキー
ダイヤルキー1200円&1500円 グリース350円 ミシン油100円

ママチャリと違ってカギはついてきませんので、これも真っ先に購入の必要がある装備ですが、私は鍵を忘れそうなのでダイヤル式のキーにしましたが、難点は夜だとダイヤルの数字が見えずに苦労することです。

チェーンの長いのと短いの2つ用意したのは、グループでサイクリングした時に他の自転車と連結させるためなのですが、赤い鍵の方は雨の灯台ツアーの時に中で錆び付いてしまったせいかダイヤルを合わせても開かなくなってしまいました。
私のクロスバイクで錆びる鉄の部分はあまりないのですが鍵に油を注入することは忘れないようにと反省致しました。

ミシン油やグリースは時々注入する程度でいいと思いますが、ペダルやホイールの部分には潤滑剤(CR-556)等を注入するとグリースが流れてしまうので、部分によって使い分けしないとかえって自転車を傷めることになります。

バーエンドとバックミラー
バーエンド2300円 バックミラー1800円

これも自転車購入と同時に、自転車屋さんで購入したのですが、バーエンドは特に必要なものではありませんが、私の場合はこれで前傾姿勢を深くできるのと、疲れた時にポジショニングを変化できるので重宝しています。
またミラーも視界は良好ではありませんが、後方確認の度に首を曲げると頚椎を痛めますし、集団走行の場合にすぐ後ろの自転車を常に確認できますので、つけて良かったと思う装備です。

ドロヨケ(フェンサー)セットparts_08.jpg
ワンタッチ簡易ドロ除け(前後)2200円

雨が降っていなくても、土手脇の水が染み出ているところや思わぬところに水溜まりはあるもので、私は自転車通勤で会社に着てから着替えますが、スーツ姿で自転車通勤する方は最初からドロ除け(フェンダー)がついた自転車のほうがワンチッチ式より確実にドロはねを防止してくれますので、そちらを選択した方が良いと思います。

parts_07.jpg

私は自転車購入前に買っておいたのですが、大雨の灯台ツアーの時にはじめて使いましたでも...大雨の中ではあってもなくても同じでした(苦笑)

ボトルゲージとミニポンプとビンディングペダル
ボトルゲージ800円 保冷用ボトル1200円 携帯空気入れ(ミニポンプ)2000円
SPD用ビンディングペダル(もらい物)


ボトルゲージ&保冷用ボトルは夏の自転車生活には必須です。保冷用ボトルに水を入れて冷凍庫で凍らせたまま出かけて(真夏では2〜3時間で溶けてしまいますが)重宝しました。

携帯空気入れは、前述のように空気ボンベで事足りますので私は一度も使ったことがなくアクセサリー代わりか、同行者の補助用みたいなものです(笑) 携帯空気入れ(ミニポンプ)は仏式や米式のものがほとんどで、私のタイヤチューブは英式なので日常はママチャリ用の空気入れで補充しています。

SPD用シューズ
SPD用ビンディングシューズ8000円

SPD=シマノが開発した(Shimano Pedaling Dynamics)のことで私の自転車仲間の方々はほとんどがこれを利用しています。ペダリングで引き足を推進力に使えて効率的です。長い距離を走る時やロードバイクと一緒のサイクリングの際には必ず利用しています。

macchiさんからら頂いたSPD用ペダルは片面はSPD、片面は革靴でも利用できるので大変重宝しています。また、SPDを利用しなくてもハーフクリップは安価で購入できますし立ちゴケのリスクも少ないのでこちらもおすすめです。...でも私はまだ一度もSPDで立ちゴケしていませんけどぉ♪(* ̄m ̄)

オーストリッチ L-100輪行袋
輪行袋(オーストリッチ L-100)6000円

最後に輪行袋の紹介ですが、一度だけぶっつけ本番で利用しただけでその時の準備不足を反省して記事にしてあります(苦笑) ※.写真は収納状態がわかるようにフロントフォークを外に出しています。

実際自走で帰れなくなった時は、ゴミ袋でも百均の自転車カバーでも代用できますのでどうしても必要なものではありませんが、何度か自分で自転車を分解(輪行予行)をしてから使った方が良いことは言うまでもありませんでした(笑)



以上が自転車生活1年を振り返った、自転車購入の動機と装備品の備忘録ですが、自転車入門初心者として、何故数ある自転車メーカの中から(株)杉村商店 のクロスバイクPROGRESSIVEを選択したのか?その最大の理由を次回の記事と致します。



日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2008年11月10日

posted by たすけ at 16:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車(クロスバイク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベル等の警報器は付いていないのですか。
法令違反ですよ。
Posted by KADO at 2012年05月07日 14:44
>KADOさん
コメントありがとうございます。あっ!ホントだ記入漏れしていますね。
この記事の写真ではわかりづらいですが、このひとつ前の記事
http://sazaepc-tasuke.seesaa.net/article/109207709.html
の上から3番目の写真なら、ベルがついているのがわかると思います。
念のためこの記事中に補足を入れておきますね。

たぶん私がベルを意識していないのは...
ママチャリだけに乗っていた時は、歩行者に躊躇なくベルを鳴らして警報していましたが
クロスバイクを乗るようになってから、ベルは鳴らさず口頭で
「後ろ通りまーす!」「左から行きまーす!」「すみませーん!」「ありがとうございまーす!」
等々言う習慣がついてしまったからかも知れません。
おそらく、この6年間でベルを鳴らしたのはほんの数回程度だと思います^^;
Posted by たすけ at 2012年05月08日 02:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。