東京大学柏キャンパスの主

■泡沫(うたかた)日記

東京大学柏キャンパスの主?
誰よ?そのお方って?...は、最後にご紹介すると致しまして・・・

先日、近所にある東京大学柏キャンパスオープンキャンバス(一般公開)
が開催されていたのでポタリング(自転車)仲間のおっしーさんに、ちょこっと
ご挨拶をしてから物性研究所のツアーに混じって見学してきました。
(※ツアーに参加しなくても、個々にキャンパス内は自由に見学できます。)

東京大学柏キャンパス一般公開

午前中だけのつもりが、面白かったのでついつい1時過ぎまで滞在しちゃいました。
これまで同キャンパスには所用で訪れたことはありましたが物性研究所(棟)
の中に入るのは初めてでした。ノーベル賞効果なのか物性研究所ツアーには
「末は博士か大臣か」を目論む母子連れが目立ちました(笑)

物性研究所ツアー

まぁ、そういった子供達にも親しみやすいようにとの計らいでしょうか、各研究棟
ではスタンプラリーやら、可愛い風船やらと、普通の大学祭以上にカインドネス
でスタッフ総動員キャンパスをあげての心地良いホスピタリティに感心しました。

液体窒素の実験

これは液体窒素の簡単な実験ですがなかなか盛況でしたよ。
東大柏キャンパスはいわゆる学部生(学生)はいませんので、大学院生や研究員
ばかりなので、さぞかしむっさい男ばかりの世界かと思いきや、可憐な女性が多い
のに驚きました。

カピッツァの雲

...で。これは写真に書いてある通り、ヘリウムの超流動に関する実験なのですが
普段では、なかなか見ることができない貴重な瞬間を見ることができました。
...と言っても。「超流動」という言葉や「カピッツァ」という物理学者の名前は
その時に初めて知ったのですけどね(自爆)

物性研究所ツアーを途中退席し、その後生命科学研究棟に向かいました。
物理学よりは多少自分の仕事に近い系統なので、易しく説明してある展示パネル
はほぼ理解ができて、案内役の院生と結構話ができて面白かったです。

ただその時感じたことは、遺伝子研究や免疫学ひとつとっても、研究テーマが違え
ば目的意識が全然違っていて、ちょっと質問を変えると説明員が交代することで
なるほど、物事を深く研ぎ澄ませて求める=文字通り研究というのはそういうこと
なんだなぁとあらためて感心しました。
おっと、食い地の張った方々にキャンパス内の食事処を言っておかねば(笑)

東京大学柏キャンパスの食事処

キャンパス内には、カフェテリア・フードショップ・食堂「プラザ憩い」があり
この写真右のガラス張りの建物が食堂「プラザ憩い」でキャンパス内で一番大きい
食事処です。通常でも一般に開放されていますから、柏の葉公園に遊びに来た際に
ここで食事ができます。丼物350円〜ですから、まぁ味はそれなりということで^^;
自分の好きなものだけを皿に盛って、1g=1.2円というグラム・デリが珍しいです
がデザート類はグラムに関係なく別料金ですのでご注意をば。

東京大学柏キャンパスの空撮

さて、東京大学柏キャンパス地域は「大学と地域の連携恊働による都市再生の推進」
のモデル地域に指定されており、近い将来駅前キャンパスも整備されるということで
ますます日本(世界)の頭脳がここに集まってくる訳ですが...
整備にともない先住民(野生動物)が追い出されてしまうは自明の理で...

東京大学柏キャンパスの主

このお方が、キャンパスTを造成する際に、捕獲(というか工事の際に亡くなって
発見)された子狸で、先住民への敬意を表して剥製にして物性研究所の廊下に
鎮座されている、東京大学柏キャンパスの主ということなのですが...

まぁ..
この姿を見て、可愛いらしい、心優しい計らいと見るか...それとも
信楽タヌキよろしくわざわざ直立させて着飾りをさせるのは人間のエゴと見るかは
感性の違いなのでしょうが...

願わくば...この日オープンキャンパスを訪れた子供たちが、やがてここで研究員と
して働く時がやってきて、その論文がnatureに掲載された時...
この東京大学柏キャンパスの主に「あなたと出会えたことがはじまりでした」
と言葉をかける優しさを持ち合わせていて欲しいなぁと思う次第なのでありました。

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2008年10月29日

posted by たすけ at 17:08 | Comment(5) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子だぬきさまが、不憫じゃ〜。
・・と思いつつも、20数年前、一世を風靡した「なめ猫」を 思い出して、可愛い〜と、感じました。

↑ どないやっちゅうねん。(^_^;)

受験生の諸君は とりあえず、子だぬき大明神様にお祈りすれば、東京大学には いけそうですね。
もちろん、自転車で・・?
(^O^)/ バスでも徒歩でも オッケー!

但し、子だぬき様による合否判断の保証は致しかねます。
念のため・・(^_^;)
Posted by やん姫 at 2008年10月30日 09:48
>やん姫さん
なんだか悪戦苦闘していたみたいで、ややこしいので
最初の投稿を手直しして、すっきりさせておきました(笑)

因みに「〜かねます」は、丁寧に断る時に使用する日本語特有の
曖昧表現で、これを外国人に理解してもらうの難しいでしょうねぇ。
他には「前向きに検討します=ご意見は伺いましたが決定は覆りません」
みたいな(苦笑)

...っていうか。なんだか最近seesaaブログはコメント投稿の反映に
時間がかかりすぎるようで、いろいろご面倒をおかけして申し訳
ありません○┓
Posted by たすけ at 2008年10月30日 23:50
★たすけ様へ

いろいろと、お気づかい、いたみいります。

 マジ やばい 文章に変身しました〜。
(注訳:とても 立派な 文章に変わりました。)

日本語って、ややこしいですよね〜。
それ以上に、ややこしい私の相手をしてくださり、ありがとうございました。
これからも よろぴく〜。(^O^)/
Posted by やん姫 at 2008年10月31日 09:59
こんばんは。

遅くなりましたが、ご来場&ブログでのご紹介ありがとうござい
ました。キャンパス一般公開、手前味噌ですがなかなか面白い
と思います。中の人間にとっても、他の部署で何をやってるのか
普段はわかりません。自分は今まで毎年仕事の担当があって
十分回れていないのですが、来年はゆっくり見たいです。

「キャンパスの主」の由来は恥ずかしながら知りませんでした。
身近なところにも常に発見がありますね。

また御来場ください。
普段でもお近くにお越しの際はご一報ください。
Posted by おっしー at 2008年11月07日 22:42
>おっしーさん
当日はお忙しい中をお呼び立てして申し訳ありませんでした。
でもオープンキャンパスは予想以上に面白かったし、スタッフ
の皆様方の心地よいホスピタリティには本当に感心致しました。
また来年も行くつもりで今からワクワクしております(笑)

..で。御言葉に甘えて、来年まで待ちきれないのでまた近々に
お邪魔致しま〜す♪^^;
Posted by たすけ at 2008年11月10日 23:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。