ロス疑惑事件/わたしからっぽだから

■泡沫(うたかた)日記

たとえば孤独な夜が過ぎ わりと良い朝が来る
どうせ変わりやしないのに みんな何かに手を合わせてる
〜中略〜
暇つぶし出来る話題を くだらない笑い声と嘘を
探し続けるの わたしからっぽだから

わたしが神様だったら こんな世界は作らなかった
愛という名のお守りは 結局からっぽだったんだ

わたしが悪魔だったら こんな世界は作らなかった
命の砂時計は 結局からっぽだったんだ


冒頭でチャットモンチーという徳島出身の女性3人ロックバンドの
「世界が終わる夜に」という歌詞を引用させて頂きました○┓

この歌詞はベース担当の福岡晃子さんが上京後の地下鉄に乗っている時に
「只今、人身事故で運転を停止しています」とアナウンスが流れた時に
乗客ほとんどが全員が「人が1人亡くなったことより、また電車が遅れる
また遅刻してしまう」
という反応であったことに愕然とした時の心情を
詩にしたそうだ。

私自身も人身事故で停車しても、チャットモンチーの福岡晃子さんが見て
いた乗客と同じように「人が亡くなったことより自分の予定が変わって
しまうこと」
が最優先事項であったことにはっとさせられた思いだった。

先ほどのニュース速報で...
「あのロス疑惑の三浦和義氏が10日にロサンゼルスに移送された直後に
ロサンゼルスの留置場で首吊り自殺した。」と報じた。
それも自身が着ていたTシャツを使ってということ...

私自身も「えっ!?嘘っ!?」と驚いてしまった。
あれほど身の潔白を訴え、気丈夫そうな人が、そんな簡単に自殺なんて
するのだろうか?おそらく日本中で同じように驚いている人が多いだろう。

人身事故で1人が亡くなっても感心を持たないのにこの差はなんだろう?
暇つぶし出来る話題を くだらない笑い声と嘘を
探し続けるの わたしからっぽだから

たぶんこの歌詞の通りなんだろうなぁ

移送してたった17時間後...ほんとに自殺なんだろうか?
などと、これからまた色々と私を含めて、あらたな疑惑に感心を持って
しまうのだろう。

私自身もメディアの偏向報道には身を持って体験しているが、結局のところ
与えられた情報だけで自分勝手に容疑者となってしまった人物を見てしまう
のだろうな。
実際正直なところ、無罪判決後もまだ疑惑をもっている自分がいるし
亡くなったことへの反応ではなく、亡くなった方法に反応している
自分がいることに気がつかされて、再度はっとさせられてしまった。

そのうちにリンク切れになってしまうかもしれないが【2005年10月13日】の
−特集「ロス疑惑報道の95%はウソだ!三浦和義氏」(全6回)リンク集−
を貼っておくけど...でも結局。こんなことも..

暇つぶし出来る話題を くだらない笑い声と嘘を
探し続けるの
わたしからっぽだから

に過ぎないことを、ロス疑惑事件以後に生まれたチャットモンチーに
見透かされてしまっている・・・


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2008年10月11日

posted by たすけ at 22:57 | Comment(4) | TrackBack(1) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たすけさんこんばんは。
スミマセン。私の見方ですが、三浦さんは罪の意識に耐えられなくなってしまったのではないでしょうか。
そうでなければ自殺する理由が無いように思います。
世間の人は同じ様に見ている気がします。。。

それにしても何故今なんでしょうか?
Posted by spirit at 2008年10月12日 21:29
私は、三浦氏の一連の事件は、新聞やマスコミからしか 情報を得ていないので、よくわかりません。

タダ、今回の自殺は、変だなぁ〜と思います。

何か、重要なカギを持っていて、それを公表されると 困る人が、仕掛けたのでは?
あくまでも、個人的な意見ですので、責任はとりません。m(__)m

いずれにしても 疑惑で始まって、疑惑で終わった彼の人生ではないでしょうか?
Posted by やん姫 at 2008年10月13日 15:05
 三浦さんはワタシが雑誌の編集長をやっていた時期に、ある講座の講師をお願いしたことがありました。会った印象としては、だれもがそう言いますが、明るく前向きな人でした。当時は冤罪事件の支援で全国を飛び回っていましたね。
 が、その半面で不可解な部分もある人でした。ご存知の万引き事件(一度は赤坂の書店で自著を、二度目は自宅付近のコンビニで)、これは病気なんだなーと思ったのを覚えています。ロス疑惑については、某ミステリー作家のドキュメンタリー(無罪後の)を読みましたが、けっきょくなぜ無罪になったのかは不明のまま(有力証拠がなかったからですが)、事件と報道問題は別物だなぁと思ったものです。
 あのポジティブな人柄からは今回の自殺は想像できませんが、上に書いた不可解な部分が出たんではないかと。明るいという意味では良枝さんのほうも印象に残っていますね、彼女はテキヤさんの娘で、切った貼ったの世界で育った人だとか。あまりプライベートなことを書くのは憚られますが、報道されてきた人物像と実物は、ワタシの印象ではかなりかけ離れています。
Posted by 横山 at 2008年10月14日 10:47
>spiritさん やん姫さん 横山さん
いつもありがとうございます。
このコメントは返しが、長くなりそうなので
次のエントリーの中でコメント返し致しますね^^;
Posted by たすけ at 2008年10月14日 19:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

三浦和義が自殺
Excerpt: 飲んで帰ってびっくりしました。 が。 自殺って事は、 クロ って事なんですよね。 結局。 あれだけ散々、潔白を訴えてきたにも関わらず ここにき..
Weblog: What a life!
Tracked: 2008-10-11 23:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。