未来の乗り物?W3(ワンダースリー)のビック・ローリー

TVドラマや漫画の追憶


またしても自転車仲間のブログやコメントを拝読していて思い出した記事です(笑)

東葛人さんが、今年の初めに「セグウェイ」に試乗されて『へぇ〜未来人だなぁ』
と感心していました。そして最近、x24さんが手作りリカンベントを製作を始められて
昨日のTulsa McLeanさんのブログを見ていたら自転車付き車椅子の記事が・・

私自身は機械工作などはとても苦手な分野なのでせいぜい夢の世界でこんな乗り物
があったらなぁ・・・なんていう空想が関の山なんですが。
幼い頃に一番憧れた、夢の乗り物がスーパージェッターの流星号youtube.gif
そしてもう一台が、W3(ワンダースリー)に出てくるビック・ローリーyoutube.gifでした。

W3(ワンダースリー)のビック・ローリー
小学校の時に買ってもらった、W3(ワンダースリー)のビック・ローリー
でっかくプリントされた、お習字道具入れの鞄がちょっとした自慢でした♪当時は
古タイヤの跳び箱の、一番大きいタイヤの中に3人おしくらまんじゅう状態で入り
「さぁ!今から21世紀に行くぞ!」「ちがうよ!30世紀だよ!」
なぁ〜んて、たあいもない遊びをしていたものです(苦笑)

一輪モーターサイクル
そして現実に21世紀となり、こんなマシーンが製作されました。(実際の走行動画youtube.gif)
1970(昭和45)年以来"モノホイール"製作に取り組んでいるKerry McLean氏による
225馬力V8エンジン搭載の一輪モーターサイクル"Rocket Roadster"というマシンで
ハンドルは付いていますが、曲がるには身体を傾けてステアリングを切るそうで・・
...でも、これって前方視野が圧倒的に死角ですよね?(笑)....それから
自転車王国のオランダではキュートな"一輪バイク"が商品化されています。
日本語ページではありませんがページ真ん中に実際の走行動画があります♪

もはや夢が現実になって来たんだなぁとあらためて感慨深いものがありますが
子供の頃には全く考えもしなかった、地球温暖化やエコロジーそして健康と体力(笑)
そこで"自転車版モノホイール"はないのかしら?と思っていたらありましたよ! 
東京ミッドタウン(東京・六本木)の21_21デザインサイトで開かれている「21世紀人」
という展覧会に展示されたベン・ウィルソン氏製作の一輪車(モノサイクル)が♪

モノサイクル
私は観たことがないのですが、大友克洋作品のスチームボーイというアニメにも
一輪バイクが出てくるそうで、今の若い人にとっては"モノホイールバイク"や
"モノサイクル"を見て真っ先に連想するのはスチームボーイなんでしょうねぇ。
リアルタッチの大友克洋作品は私も好きですが、脳裏に刷り込まれた夢の乗り物
は単純なタッチで擬人化された動物が友達にいて&番組のテーマソングは
男性コーラスか少年合唱団がお約束であった昭和のSF作品ですね(笑)

W3(ワンダースリー)のビック・ローリー
...で。あらためてW3(ワンダースリー)のボッコ、ブッコ、ノッコと星真一少年が
ビック・ローリー運転中はどうやって前方確認していたのか検証したら...やはり
身体を傾けて脇から前方確認をしていました!(笑)
さてさて昭和30〜40年代に小学生だったご同輩諸氏、皆さんはどんな
キャラクターグッズがちょっとした自慢でしたか?^^?

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



2008年07月18日

posted by たすけ at 19:41 | Comment(5) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん、テレビは一家に1台のあの時代、
チャンネル権は主に5歳上の兄のもので・・。
そうですね、狼少年ケンのシールを
やたらと集めていたような・・・。
・・それで、ポチ!・・です。
Posted by やなぎはっか at 2008年07月19日 00:12
>やん姫さんにお越し頂いたからには、ノスタルジック記事を
なにかひとつ書かなければいけませんね?(笑)

↑ たすけ様の温かいレスをありがとうございました。

早速、懐かしい、ワンダースリーの話題をありがとうございます。
動画のほうも 拝見いたしました。
凄いですね。

小学生の頃、ワンダースリーが乗っているビッグ・ローリーが実際に走ればいいな〜と、友達と話をしていたら、クラスの男子が、「将来、本物が道路を走るかもしれない。」って、話していたことを思い出しました。
「乗っている人は回らないで、タイヤだけを回すのには、どうしたらいいのか?」という疑問もでたっけ・・。

当時のクラスメートたちが この動画を見たら、

♪びっくりして ひっくり返ってドン!
 ・・てなことに なってしまう〜
(かもね?) by 悟空の大冒険のテーマ曲より
Posted by やん姫 at 2008年07月19日 11:35
>やなぎはっかさん
私の携帯の着信音「狼少年ケン」にしておりますが...(なにか?)笑
チッチとポッポの双子の歌も可愛いかったですよね♪

>やん姫さん
私、サザエさんのマスオさんの声を初めて聞いた時
あ!W3のプッコじゃん!
そして、巨人の星の明子の声を初めて聞いた時
あ!W3のボッコじゃん!

学生時代のラジオ深夜放送ではあまりTBSには合わせませんでしたが
ナッチャコだけはたまに聞いていました。
もし、近石真介&白石冬美でパックインミュージックをやっていたら
かなりのめり込んでいたかもです...って
関西だとラジオの深夜放送はこちらと全然違うのかしら?
Posted by たすけ at 2008年07月22日 17:53
たすけさん、こんばんは。

おぉ!「W3」じゃないですか。手塚治虫先生の大ファンである私はコメントせずにいられません(笑)。ビック・ローリーがまさに現実のものになりかけているとは驚きです。手塚先生が想像された世界にすこしずつ近づいているのかも知れません。そういえば、高速道路のジャンクションを生まれて初めてみたとき「これは鉄腕アトムの世界だ!」と感激したのを思い出しました。(どんな田舎モンだよ(苦笑)。)

ところで、たすけさんは「W3」のアニメをご覧になっていた世代なのですね。ということは「少年マガジン」と「少年サンデー」でリアルタイムでお読みになられていたのでしょうか。私は...中学生のときに単行本を買ってマンガを読んだ世代です。
Posted by IKAWA at 2008年07月22日 23:33
IKAWAさん まいどです
私、小中学生の頃は漫画本を買うことを親が許してくれなかった
んですよぉ...たぶん貧乏だったから(苦笑)
だから漫画本は床屋さんで見ることくらいしかなかったので
W3はTV以外で見た記憶はないんです^^;

手塚作品で一番好きなのは「奇子」ですねー♪...って
これも買って読んだ訳じゃなくて、雀荘に入り浸っていた頃に
読んで感動したんですけどね(笑)
Posted by たすけ at 2008年07月23日 17:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。