季節を巡る発見と白樺教育館

先週の天気の良かった日曜日。
利根運河〜ケヤキルート〜手賀沼〜利根川CRというポタをしてきました。
だいたい寺社&史跡巡りが私のポタの基本で、今回はその順序でいうと
医王寺〜布施弁天〜興陽寺〜旧村川別荘〜子之神大黒天なのですがちょっと
全行程を書くと長くなりそうなので、とりあえず夏冬の風景比較を2つ。
東急柏ビレジ夏
東急柏ビレジ冬
東急柏ビレジの水辺公園です、ここの風景に異国情緒を感じるのはセコイヤの存在が
大きいと思うのですが、自生ではなくて植樹ですよねぇ、きっと・・。

七里ヶ渡し夏.jpg
七里ヶ渡し夏.jpg
新大利根橋のたもとにある七里ヶ渡しのスズカケの木です。この木はもう何年も
こうした季節の巡りを見てきたのでしょうねぇ。

子之神大黒天
子之神大黒天
旧村川別荘に隣接している子之神大黒天と七福神のレリーフですが、風景や事象も
近づいてみないとわからないことが多いですよねぇ。

...で。子之神大黒天に隣接している民家に、ソクラテス教室、 白樺フィロソフィー
研究所(白樺教育館)という看板を見つけました。
「あれ?こないだ東葛人さんのブログには"白樺文学館"って書いてあったけど?」
画像の写真と違うなぁと思い、その後ネットで検索したら武田康弘氏がヒットして・・・。

どうやら白樺文学館の館長、佐野力氏とも馴染み深い方のようで武田康弘氏主催の
白樺教育館のホームページや思索の日記というブログもあり読んでいるうちに
一週間が過ぎてしまった(汗)

哲学に近づこうとどっぷり浸かると、また自分のブログ更新が遅れそうなので
とりあえず、こんな発見がありました..と。だけの記事にしておきます(笑)

クリックして頂くと励みになります^^;
 ↓↓↓↓↓
ブログランキング


日本ブログ村

☆読んで頂いて感謝なっしー♪

クリック頂けたら感激なっしー! ⇒⇒

ブログ執筆の励みになりますf(^、^;



タグ:白樺派

2008年06月22日

posted by たすけ at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■シニアの自転車生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。