ソフトバンクCM「白戸家」が「偽戸家」に!?これぞパラレルワールドw

TVドラマや漫画の追憶

ソフトバンクCM「白戸家」シリーズの最新作「節電」編「偽戸家」編。 ソフトバンクモバイルのCMは、毎度・まいど、なんちゃらおもしろい展開を見せてくれますが....今回は節電がテーマ...

あら? いつの間にか、「白戸家」のメンバーがそっくり変わって「偽戸家」になってる!?

白戸家:(上戸彩、樋口可南子、若尾文子、ダンテ・カーヴァー)が...

ソフトバンクCM節電編

偽戸家:(渡辺直美、あき竹城、朝丘雪路、ボビー・オロゴン)に変わってるし!?

動画だと気づかないけど、静止画で白戸家と偽戸家を比べると...
テーブル、茶だんす、畳、障子(襖)など、ちがっているのがわりますね♪
しかし、鴨居に立て掛けた賞状とか、こういうディテールは流石ですねぇ(笑)

7月1日からの放送で、白戸家そっくりな「偽戸家」が登場。節電のため電気を消した真っ暗な部屋で、家族と思い込んで会話していた「白戸家」のお父さん。いざ電気がついたら・・・
実は他人の家“偽戸家”に迷い込んでいたというストーリー。

...っていうより、これは...ほら、あれですよ、あれ!

これぞパラレルワールドですよ!(爆)

カイ君、扇風機に向かって「我々は宇宙人だ...」なんて言ってたから
時空を超えて別現実に飛ばされちゃったわけですよ(笑)

ソフトバンクモバイルのCMでお馴染みの、お父さん犬の白いワンコは、北海道生まれの北海道犬、北海道の「海」から名づけてカイ。カイ君、道産子だから、節電の夏はさぞ大変でしょうねぇ。

ソフトバンクCM偽戸家編

こちらは、偽戸家の白いフレンチブルドッグのパクちゃん....
う〜ん、どうも私にはフレンチブルドッグの可愛さがわからないf(^^;

2011年07月01日

posted by たすけ at 13:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こちらホワイトロックとセンター便り

流山チャンネル

ソフトバンクの白戸(ホワイト)家と偽戸家の話題に引き続いて...
よくある勘違いや間違いについて(笑)

こちらホワイトロックは拙ブログ名ですが、ネット上にこちらホワイトロック!!という同名のブログがあります。私の知人や同級生が、さらにその友人に、時々拙ブログを紹介してくれているようなのですが、その時、http://sazaepc-tasuke.seesaa.net/ というアドレスで教える事はありません。

「こちらホワイトロックで検索すれば出てくる」と。
たいていは間違えずに拙ブログに辿りつくようですが、検索時に、何かしら他のキーワードを足してしまうと、たまにもう一つの「こちらホワイトロック!!」に辿りついて、友人同士で話がトンチンカンになっているようです(笑)

また私の実名で検索すると某法律事務所の弁護士さんが検索1〜2位にヒットするので
「え?あいつ、弁護士になったんだっけ???」
「それ、私じゃありませんから!別人ですよ!」
(苦笑)

私、2003年くらいまでは、丸井家輔(kasuke)が私のHN(ハンドルネーム)だったのですが、数多くの無料のHPサーバーやブログサーバーの試用を繰り返しているうちに、元のIDやアドレスが失効になってしまって(苦笑) kをtに変えて丸井太輔(tasuke)にしちゃったものだから、それ以前にネット上でお友達になった方々は、「え?家輔(かすけ)と、太輔(たすけ)は同一人物なの??」と...ホントに紛らわしくってすみませんf(^^;


さてさて...紛らわしいと言えば、つい最近友人に。
「放射線基礎講座の詳細なら流山の"センター便り"をネットで検索して」
...と私。しかし、その後友人と話していて、どうも話がトンチンカン???

そうなんです...流山市の"センター便り"は同名のブログ
seesaaブログの http://centerdiary.seesaa.net/ と
cocologブログの http://na-shimin.cocolog-nifty.com/blog/ が^^;

seesaaは"センターだより"とひらながですが、titleワードは同じ漢字の"センター便り"
cocologは流山市民活動推進センターの"センター便り"なのですが、事務局というか会議場所がseesaa"センターだより"と同じ、流山生涯学習センター(=流山生涯学習C)内なので、どうも間違えてしまったようです。ま、情報内容は同じなので、その点は別に問題はないのですが....

流山市民活動推進センターの"センター便り"の管理人○○さんは...
おそらく諸事気遣って"author"(=文責)を以前は明記していらしたのですが
最近になってfc2ブログ"はじめの一歩"とブログ名で流山市生涯学習部長さんが
http://nagareyama4shougaku.blog81.fc2.com/ ブログをアップしているので

「あ!流山市生涯学習部長の名前が○○さんなのね?」
「え?違う、違う、○○さんはNPOの代表者さんだよ」
...と^^;

常に身近にいる知人・友人は同姓同名や同一ブログ名でも問題なく区別していますが、たいていのブログ読者は、細かくプロフィールや全体カテゴリを読まずに、ざっと記事を読むだけですので...

ブログ筆者(管理人)の『与【あずか】り知らぬところ』で
様々な勘違いや、誤解が生じているようです(苦笑)

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2011年07月03日

posted by たすけ at 19:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 流山チャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本中枢の崩壊と、○本「龍」様の発言

日記(言いたい放題)

日本中枢の崩壊とは経産省現役官僚(古賀茂明氏)の著書。なかなか読みごたえのあった本だったので、その感想文と思っていたのですが...今記事は例によって、その前説です(笑)

ドラマ「JIN-仁-」は高視聴率で、ざっくり言えば国民の1/4が観ていたことになる。
...なので、幕末に坂本龍馬(=坂本「龍」様)が言い伝えしたという「船中八策」を知った方も多いと思います。(実際に龍馬が言ったかどうか諸説あり、またドラマ中では、仁の影響で保険に触れて【船中九策】として紹介されていたけど^^;)

『船中八策』は明治維新の『五箇条の御誓文』に与【あずか】っていくのですが...
有材ノ公卿諸侯及ビ天下ノ人材ヲ顧問ニ備ヘ官爵ヲ賜ヒ、宜シク従来有名無実ノ官ヲ除クベキ事....【船中八策より】
官武一途庶民ニ至ル迄、各其志ヲ遂ケ、人心ヲシテ倦マサラシメン事ヲ要ス...【五箇条の御誓文より】

特にこの部分を、平成23年7月4日現代に合わせてざっくり口語訳すると
「大臣や知事だろうが、官僚だろうが、一般市民だろうが、長幼の序などにとらわれず、優秀な人材は積極的に登用し、能力があるなら高給をあげたっていいじゃない。だけど組織に胡坐をかいているような無能でKYな人間はクビにしなさいよ。政治はね、国民みんなの理想(=空気)と行動が一致することが重要ですよ。」...ってな感じかしら?

ちょっと前に
「ボク、平成の坂本龍馬になるぅ♪ だってボク、坂本龍馬の親戚の子孫だしぃ♪」
...と宣言した典型的な世襲議員で前総理大臣の弟君がいらしゃっいましたが...
「ボクの友達の友達にネ、アルカーイダがいるんだよぉ♪」
...の発言同様、思いっきり世論からブーイング浴びてましたっけ...
この場合は、日本中枢ではなく言語中枢の崩壊かしら?(苦笑)

兄弟で大臣・知事と言えば、前高知県知事(土佐藩主)の兄君の橋本「龍」様は
...「龍-RON-」様ではなく、「龍-RYU-」様ですよ^^;...
言語中枢が慇懃無礼なKYで、どうにも人から好かれるような言い方をされない方でした。


...で。今回の松本「龍」様の発言。



言語中枢が全くのKYで、任期9日で「日本中枢の崩壊」の幕開けをしちゃったカンジです。
個人的にはいちいち発言の揚げ足取りはしたくないですが、アレは完璧なKY暴言ですね。
まぁ、もしかしたら就任以来の数々の暴言は「俺、復興担当大臣になりたくてなったんじゃない」
てな、日本中枢の崩壊を早めるための確信犯だったのかも?


「日本中枢の崩壊」の感想は、次記事か次々記事としますが。
東日本大震災・福島原発事故後。今ほどニッポンの復興、日本全体のシステムの変革期(維新)だと誰も感じている時。古賀茂明氏著日本中枢の崩壊は、一度は目を通しておいて良い本だと思います。


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2011年07月04日

posted by たすけ at 19:07 | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チーム恫喝と日本中枢の崩壊

日記(言いたい放題)

私、東日本大震災以来、自転車乗ってません^^;でも、自転車仲間のチーム東葛(とうかつ)の皆さんのブログは、毎日楽しみに拝読しております。今記事のタイトル、チーム恫喝(どうかつ)は、自転車ネタと全然関係ないことを先に言っておきますネ f(^^;

唐突ですが、最近よく流れるCM。リクシルって知ッテル?♪
リクシルとは、長びく不景気で低迷する住宅資材&設備会社「トステム」・「INAX」・「新日軽」・「サンウエーブ」・「TOEX」が、各社の利益(資材の共同調達・販売の営業戦略)のために統合したグループ企業名なんですけど...組織を守るために民間企業はあっと驚く変革をします。

もしかしたら、中国や韓国の企業に太刀打ちするために、トヨタ・日産・ホンダが大規模なリストラをして統合されるかもしれない...もしかしたら、日立・パナソニック・ソニーだって合併するかもしれない...民間企業はそんな大胆な経営革新→イノベーション【innovation】だってアリです。ま、上記3大自動車メーカーと3大家電メーカーの合併例は、極端な例え話ですが^^;

誰でも組織の一員となれば、組織の利益を優先するの当然のことで。
例えば、農業協同組合(農協)は本来、個々の農家の利益(肥料や種などの共同仕入れ&農産物の共同販売)のために成立したのだけど、農協という組織が潰れては農家を助けることもできないのだから...というロジックで農協職員は先ず農協の利益を守ることが優先になる。

なので...農水省は個々の農家よりも農水省の権益を守ることが大切となり、他の省庁でも同じ理屈で「守ろう!○○省の予算と既得権益♪」となってしまう。
なにせ省庁の実績=公務員の給与は予算がすべてですから。

民間企業は能力・実績に応じて高給やボーナスが支給されるけど、業績悪かったら簡単に給料カットやリストラ(クビ)にもなります。公務員は簡単にクビにはならないけれど、長幼の序(年功序列)に耐えた末に、夢の天下り生活が待っているぅ♪
しかも、天下り機関は特別会計という通常予算外の甘〜い汁で別枠で確保よん♪

家電メーカーにしても、自動車メーカーにしても、利潤追求の為に激しいシェア争いをする。他社より1台でも多く自社製品を買ってもらう為に徹底的なコスト削減をはかり、下請け会社にも部品代の値下げを容赦なく要求する。一方、優れた部品・資材を提供する製造会社には、相互に部品・資材を調達する。そして究極的には、合併や統合をして組織さえ解体してしまう。

ところが省庁はどうかといえば...
国の予算の基本は税収なんだからさ
もし予算が足りなくなったらさ、増税すりゃそれでいいんだよ。
国民から見て、○○省の●●部署と、□□省の■■部署は、国民から見てほとんど同じような仕事(サービス)しているのだから、どっちかを失くすか、あるいは統合したほうがコスト削減になるのでは?と考えても自省の権益を守るために、自分たちから合併や統合しよう...などいう考えは起こさない。

だって合併・統合しちゃったら、その分ポスト(役職)が減っちゃうもんね。俺たちは、民間と違って能力給じゃなくて、役職給がすべてなんだから、役職(ポスト)を減らすようなことは組織崩壊につながるもんね。...っていう論理です。

でも、少子高齢化の進行する現日本の経済状態で増税に踏み切ったら、日本自体が滅んでいく危機感をもっている「改革派のエリート官僚」もいるのです。現日本の財政危機においては、公務員改革で無駄を省き、天下りの根絶を本気で考えているのが、経産省の現役官僚、古賀茂明氏です。ひょっとしたらこの記事をアップする頃には、元経産省の官僚、古賀茂明氏でした...と過去形になっているかもしれません。



この動画の後半部の古賀茂明氏に対する仙谷官房長官の発言「甚だ彼の将来を傷つけると思います」とは、古賀氏への"恫喝"そのものです。まぁ、先日の前松本龍大臣の村井宮城県知事に対する"恫喝"と比較すれば、言葉は穏やかですが。

公務員でも組織に刃向えば、当然干されますがでも民間と違って簡単にクビにできないので、そういう改革派(=省内抵抗派)の与えられる職名が【大臣官房"付"】というポストだそうで。
【大臣官房"付"】という役名がついている官僚は、どうしようもなく無能な役人orとてつもない改革派なんですね。

仙石官房長官の役職は、幕末で言えば老中:板倉勝静みたいなもんで...
となると、差し詰め古賀茂明氏が勝海舟みたいな存在かしら?
ま、それは誇張しすぎかもしれないけれど、板倉勝静は身分(役職)を越えて勝の才能を開花させて、明治維新の扉を開かせました。

私が民主党に幻滅してしまうのは、政治主導で日本を変えていくなら、古賀氏のような「改革官僚エリート」に活躍の場を与えて、イノベーションを起こすことなのに、況やそういう官僚を"恫喝"するとは...松本龍前復興担当相は、復興プロジェクトを「チーム龍」とか名付けていましたが...

そう言えば福島原発事故以来
菅首相が東電本社に乗り込み"恫喝"
海江田経産相が、東京消防庁の隊員に向かって"恫喝"
私、こんな名前付けたくないけど、嗚呼。。菅内閣は"チーム恫喝"なんだな...と。



こちらが、古賀茂明氏が端的にご自身の考えを語っている動画になりますが...



古賀茂明氏著書:日本中枢の崩壊には、霞ヶ関内部(省庁・官僚)の逸話が満載です。
本書は、けっして出世街道を外された官僚のルサンチマン的内容ではなく、本書まえがきにある『自分の言っていることは普通の国民からみれば至極当たり前のことだし、民主党がマニフェストに掲げた脱官僚などのスローガンと方向性が一致している』...これこそが

【五箇条の御誓文】
官武一途庶民ニ至ル迄、各其志ヲ遂ケ、人心ヲシテ倦マサラシメン事ヲ要ス
【船中八策】
有材ノ公卿諸侯及ビ天下ノ人材ヲ顧問ニ備ヘ官爵ヲ賜ヒ、宜シク従来有名無実ノ官ヲ除クベキ事

に、与【あずか】っていくのです。日本中枢の崩壊は【起死回生の策】を終章で結んでいます。
私は今からでも民主党内の議員と古賀氏等"改革官僚エリート"が共に協力し、霞ヶ関内部からその策を実行し、公務員改革を果たして欲しいと願っています。

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2011年07月05日

posted by たすけ at 23:24 | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東葛健康友の会〜放射能から身を守るために〜チーム東葛

ちばらきチャンネル

「東葛健康友の会」とは、流山市下花輪にある東葛病院が管轄し医師・看護師など専門スタッフを囲んで「健康相談会」を開き、疾病とその予防、医療制度などの学習を行ってる会です。

あ!東葛(とうかつ)というのは、東葛飾【ひがしかつしか】を省略した時の呼称で、現在では千葉県北西部の(我孫子・柏・鎌ヶ谷・流山・野田・松戸)6市の地域を指し。もし合併統合すれば、人口:145万人、面積:380km2は、人口・面積とも千葉市を上回り、だいたい福岡県福岡市と同規模の行政単位となるような地域です。

東葛地域は、江戸川で埼玉県・利根川で茨城県に接して、角(ツノ)のような形をしており、東葛住民は埼玉県や茨城県の大型商業施設で買い物をする事も多く...「あら勿体ない!東葛内で買い物すれば、その消費税や事業税は東葛住民に還元されるのにぃ・・・」などと思うのですが...かくいう我が家も結構、埼玉・茨城で買い物しています^^;

我孫子・柏・鎌ヶ谷・流山・野田・松戸にはそれぞれ、○○東葛や東葛□□という、行政サービス・学校・病院・企業から市民団体やサークルまで無数に存在します。私が所属するチーム東葛(笑)も、そんな自転車サークルのひとつですが、所属と言っても...
ただ単に「自転車で東葛地域を走っています。ご近所ならたまに一緒に走ってみませんか?」という非常にゆる〜い趣味の繋がりなので、規約や会費がある訳ではなく、したがって入会手続きも退会手続きも何もありません(笑)

さて、今回の福島原発事故後、東葛地域が放射能ホットスポットなんて報道されてしまったものだから、東葛ママの会東葛ガイガー会という、子供たちを放射線(放射性物質)被曝から、なんとか守ってあげたい...という繋がりが生まれています。こちらは遊びではなく、みなさん真面目に取り組んでいる訳ですが、普段は一市民として仕事や家事もあるし、それまで見知らぬ同士ですから、組織として行動にはいろいろ苦慮されているのではないかと思います。

放射能という今まで予備知識も専門知識もなかったものと対峙していかなければならないし、住民同士に放射能に対する温度差もあり、行政は行政で流山市をはじめ独自に放射能(放射線)測定や講習会などを開いてはくれますが、国や県の指針がはっきりしないままに、住民への具体的な指示を独走することもできないので、互いに歯がゆい状態となっているのが現状なのだと感じています。

知人のママが節電の酷暑にずっと子供を室内に居させるのは可哀そう...
『ちょっとだけでも外で遊ばせてあげたい』と。
切実な願いを書いていました。母親としては、自己判断で子供を連れ出していいかどうかと、迷ってしまう気持ちは痛いほどよくわかります。いくら、最後は自己判断・自己責任で考えて下さい。
って言われても、やっぱり素人ではなく、専門知識を持った人から、「少しくらいなら大丈夫ですよ」と背中を押してくれる言葉が欲しいですよねぇ...。

こういう時こそ、地域医療チームの出番なんだけどなぁ...なんて思ってたら...。

おぉっ!東葛健康友の会さん!やってくれますか!?
東葛健康友の会では、東葛病院退職者の会との共催で、下記の通り学習会を開催します。
このたびの大震災にともなう福島第一原発の爆発火災事故と、とりわけこの地域がホットスポットと呼ばれていることに、特に小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、お子様の健康と成長のことで、これまでに経験したことのない不安におそわれています。

原発について、そして放射能について正しく理解し、正しく恐れ、正しく対処できるよう、日常生活と今後のエネルギー政策のあり方も視野に入れて、ともに学ぶ企画です。

                   記

1、イベント名 福島原発事故と放射線被ばく 〜放射能から身を守るために〜
2、講師    野口邦和さん(放射線防護学、理学博士、日本大学歯学部講師)
3、場所    東葛看護専門学校 2階講堂
4、日時    2011年7月23日(土) 午後2時30分〜4時30分 (開場2時)
5、費用    入場料無料
6、問合せ先  東葛健康友の会 事務室 電話・Fax 04-7159-1075
そもそも、東葛病院とはどんな病院?
東葛病院は安心・安全の医療、いつでも、どこでも、お金のあるなしで差別しない医療がモットー。入院の際に差額ベッド代は一切いただいておりません。病気になった時こそ、お金の心配をしないで病院にかかりたい、その願いに答えたい、答えなければいけない、このことが私たちのモットーです。

うわ!まるで、現代の仁友堂病院じゃありませんか!...ということは?
病院長は大沢たかお似のイケメン??...そこまで妄想してはいけません(笑)
でも、東葛病院の院長さんの笑顔は、大沢たかお(南方仁)より素敵ですよ♪

前記事で菅内閣はチーム恫喝だった...と書きましたが。それは官僚やスタッフを信頼せずに、仕事を任せることをしないから、命令口調の恫喝になってしまう訳で。

東葛病院内のTHE 医療チーム東葛は、院長がスタッフを信頼し任せているので、医師も看護師もスタッフ皆さんが伸び伸び仕事をしています。
ひょんなことで院長とお会いする機会があり、その時は院長だと知らずに世間話をしただけだったのですが。後日、「ああ、なるほど。あの温和な笑顔が組織のトップだから、病院内が伸び伸びとしているのだなぁ」と感心させられました。

あまり知られていませんが、東葛病院の母体は「東京勤労者医療会」で、東京都代々木や埼玉県三郷にも病院があり、我孫子・流山・野田・松戸に歯科・診療所・訪問看護ステーションなど、東葛地域内に関連施設が点在しています。
また、東京勤労者医療会は民医連に加盟していますので、東葛病院のスタッフもいち早く東日本大震災の医療支援に宮城県に向かいました...。

あ!今記事は〜放射能から身を守るために〜の講演会でしたね^^;



こちらが、2011年7月23日(土)に東葛健康友の会が招聘する、講師:野口邦和先生が、6月7日に福島県いわき市で講演した動画(全9編)の最後9/9です。あえて最後を貼ったのは....

放射線に関する講演会では聴衆のニーズ(聞きたい内容)が様々なので、講師の先生も、どの話をメインにするか難しいようです。
東葛ママの会や東葛ガイガー会の方々は、基礎的なことは分かっているので、測定された数値に対してどう対処したらよいか?庭の土を除染するには?刈り取った雑草等の処分は?などだと思いますので、 http://youtu.be/E0bo2KsHSMg ←1/9から順番に見るより、後半の質疑応答から逆に見ていったほうが、効率的だと思います。


私が今回の記事で最も書きたかったことは...。
福島原発事故後に、東葛地域に自然発生的に放射能の影響を勉強する市民グループが立ち上がっていますが、先述したように仕事や家事をしながらでは活動に限界があり、何より私を含めて門外漢(専門外)の素人が、放射線情報を流すことへの躊躇が生まれてしまいます。

せっかく活動している東葛市民グループの情報が生かされないのは、非常に勿体ないし。でも、仕事や生活をしながらの活動には、いつか無理が生じてしまいます。なので、地域医療機関と市民グループが情報を共有し、必要な情報を発信するようにすれば、それが最も効率よく、情報も活動も生かせる方策ではないかと思っています。

私、今回の東葛健康友の会が主催する〜放射能から身を守るために〜をきっかけに、東葛の地域医療チームと市民グループが互いに協力し合う、真のチーム東葛が誕生することを願っています。自転車の方はチーム東葛(笑)....となっていますので、同一名にはなりませんので^^

え?「たすけ、それで、おまえは何をするんだ??」...ですか?
私はな〜んもしませんよf(^、^;
相変わらずこうやって、ブログで好き勝手に思ったことを書くだけですf(^、^;

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2011年07月06日

posted by たすけ at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちばらきチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

放射能土壌汚染と子供たちを守るために知っておきたいこと〜野呂美加さん〜

■代替医療と健康食品

放射能土壌汚染子供たちを守るために知っておきたいこと...
たぶん引用頻発の長文記事になりそうです(^^;)

前記事で東葛地域(6市)で、放射能から子供守るための市民活動が盛んになっていると書きました。
子育て中の親は、行政(自治体)に放射能測定や除染作業をどんどん進めて欲しいと切実に願っています。しかし、行政サービスにも限界があります。
私は流山市は限られた予算、そして人員の少ない中、比較的よくやってくれていると思っています。なので、行政と市民が協力し合って、少しでも放射能のリスクを低くするような活動が望ましいと思っています。...特に竹馬の友の多くが中間管理職として苦悩を抱えている私世代としては(^、^;)

放射線測定、リスクの高い場所の特定、幼稚園・学校・公園など子供の遊ぶ場所を除染する、ここまでは行政と市民が互いに協力してできることだと思いますが。一番のネックは、放射能で汚染された土壌の最終処理方法が決まらないことです。
汚染場所の表土を削り取ったり、汚泥を掬ったり、草を刈ったとしても、それを最終的にどう処分(処理)するかが決まらないうちは、行政も動けません。
運ぶ?どこへ? 埋める?どこに? 燃やす?灰は?....それが一番の問題。

放射能土壌汚染セミナーが、8月21日に大阪大学中之島センターで開催されます。
放射能土壌汚染セミナー
日時: 2011年08月21日(13時30分〜17時00分)
開催場所:大阪大学中之島センター10階 佐治敬三メモリアルホール
定員:200人(先着順)  参加費 1,000円(税込)

放射能土壌汚染調査を実際に福島県等で実施し放射能土壌汚染調査のとりまとめに活躍されている大阪大学核物理研究センターの藤原守先生と、土壌・水環境における放射性物質の分布や環境修復に造詣の深い京都大学 原子炉実験所の藤川陽子先生を招いてのセミナーを開催。

土壌汚染の専門家や多くの人たちが、放射能の知識正しく理解し、福島原発周辺の放射能土壌汚染の現状・課題を学び、あるべき方向を展望します。
場所が大阪なので、関東から誰でも簡単に行けるセミナーではありませんが、千葉県や東葛地域自治体の担当者には是非こういうセミナーに参加してもらいたいなぁ(...首都圏でこういうのやってくれないのかなぁ)


放射能に汚染された土壌・汚泥・草木は、埋める・燃やすのではなく、除染装置で放射性物質を除去する方法もあります。特に現在放射性物質で一番問題となっている放射性セシウムの除去が重要であると思うのですが....
放射性物質汚染土壌の除染装置で、ウラニウムとコバルト98%、セシウム96%除去可能
大徳所在の韓国原子力研究院(チョン・ヨンホ院長)は除染解体技術開発部のキム・ゲナム博士チームが放射能に汚染された土壌やコンクリートから放射性物質を効率的に除去し、廃液をまったく発生させないことから2次汚染の恐れがない複合動電除染装置を開発したと6月20日に発表した。

この装置で処理した土壌やコンクリートはセシウムとコバルトの含有量が0.1Bq/g以下、ウラニウムの含有量が0.4Bq/g以下と低く、一般の廃棄物として処理できる。今回開発された装置20台をラインとして設置すれば1年間に約20万リットル(ドラム缶1000本)の放射性汚染土壌またはコンクリートを浄化できる。

キム博士チームは放射性物質汚染土壌に多量の硝酸を入れて汚染を除去する「洗浄法」に土壌に電極を差して電圧を加え電気の移動と電気浸透の原理により陽極を帯びている放射性物質を陰極へと移動分離する「動電学的(electrokinetic)除染法」を複合して装置を開発した。

日本では今のところ大規模な放射性土壌汚染の問題を解決し得る除染技術を実験室レベルでは確保しているが、原子力研のように実証試験に成功した水準ではないという。
このソースは、おはよう大徳!という韓国企業の頁の日本語版からの引用なので、たぶんに企業PR色が濃いとは思いますが、そのあたりの信頼性(信憑性)を大阪の放射能土壌汚染セミナーで、どなたか確認(質問)してくれないかなぁ。

そういえば、拙ブログでも取り上げた秋田のクマケン工業と金沢大の太田教授が共同開発した放射性物質をほぼ100%除去できる粉末は、その後一体どうなってるんだろ?
マスコミもネットも具体的な除染方法や除染技術のニュースをできるだけ多く公開していけば、市民グループにも自治体にも、希望と意欲が湧いてくるのにぃ...と常々思っています。

とにかくこのような技術が韓国の方が進んでいるのなら、放射能から子供を守るために、できるだけ早く導入して除染作業の最終処分の方法が決まることを願います。(...ま、これは市町村単位の話でなく県単位以上の規模でないと予算が作れないでしょうけど)


さて、放射能から子供を守るために知っておきたいこと...
このテーマでは東葛地域内あちこちで勉強会や講演会が開かれていますが、じゃあ親が具体的にどう行動したらいいのか?という点でどうしても消化不良になってしまう講演会(セミナー)が多いように感じています。

講師の先生は、一般人にわかりやすく話してはくれていると思うのですが...もう少し身近に親として身近に(=具体的に)子供たちにしてあげられることはないだろうか?という視点が欠けてしまうことが多いと感じています。

例えば、転地療法(たとえ1ヶ月でも)で放射性物質は身体からかなり抜けていくので、そろそろ夏休みの計画に入る頃だと思いますが、遠くに親戚のある方や受け入れ先がある方は、今年の夏休みはそちらに長期滞在されるのもひとつの方法ですよね。

【NPOチェルノブイリへのかけはし】代表:野呂美加さんの講演は、母親目線のわかりやすい話しで、ママさんたちからはとても好評です。※NPOチェルノブイリへのかけはし=チェルノブイリ原発事故による汚染地域で生活をし、病気になった子ども達を日本に招待し転地療養させることによって健康回復をはかる“保養里親運動”を25年間続けていることで有名。



この動画は、5月21日に豊島区で開催された講演記録、全7編のうちの1/7ですが、野呂美加さんはすでに我孫子や南柏でも、講演会やお話し会に来ていらしているので東葛ママさんたちも直接ご存知の方も多いと思います。

近々の野呂美加さんの首都圏の講演は7月12日(火):神田駿河台の全電通労働会館
子ども全国ネット決起集会のお知らせ
〜 全国でつながって 日本のこの状況を変えていこう〜
 
日時:7月12日(火)
場所:全電通労働会館  東京都千代田区神田駿河台3-6
 
●午前の部:10:00〜12:30(9:30開場)
 
野呂美加さん講演
『放射能から子どもたちを守るために、今できること』
参加費:1000円 定員:420名(先着順)
 
 
●午後の部:13:30〜16:00(13:00開場)
 
キックオフミーティング
 「わたしは いま 子どもたちを守りたい!」
 
原発事故から4ヵ月、子どもを守るために
たくさんの親たちが個人や、会を作り活動しています。
各地に散らばる一人一人や団体が全国規模でつながることで、
大きなうねりをつくり広がっていきましょう。
 
参加費:500円 定員:420名(先着順)
東葛地域でも『放射能から子どもたちを守るために』市民グループが活動している訳ですが、自治体(市や県)に要望を出しても、冒頭で述べたように行政サービスにも限界があり、行政の頂点である国を動かさない限り、県や市も身動きがとれません。

特に放射性廃棄物については原子炉規制法の規制により、どの自治体もこの法律をどう解釈し、どう処分したらよいか、足並みが揃わない(=全国的な取扱い基準が不明確)なので苦慮しているのが実情です。

福島の市民グループの方々が、文部省に乗り込んで談判した経緯は以前記事にしましたが、『放射能から子どもたちを守るために、今できること』とは、各市民グループが全国でつながって 日本のこの状況を変えていこうではないかと私も思います。特に私は各地での市民活動を共有できるポータルサイトの完成は国を動かす原動力になると思います。

....但し、もうひとつのネックは、旧態依然とした霞ヶ関村(=官僚システム)です。現在のままでは、結局どこの省庁も責任の押し付け合いで"松戸市名物すぐやる課"のようには動かないでしょう。

実は『放射能から子どもたちを守るために』は公務員制度改革を急ぐことだと思います。日本中枢の崩壊を著した古賀茂明氏の言う通り、やる気と実行力のある官僚が活躍できるような公務員制度改革が必須だと...私は思います。


この記事は、チェルノブイリ原発事故後、単身ベラルーシに渡り多くの甲状腺癌患者を救った菅谷昭(すげのや あきら)医師の続き(→民間協力編)として、代替医療のカテゴリとしました。でも、他にも理由があってそれは野呂美加さんの次のお話しが、私の心に強く残ったからです。

ドイツのボランティア団体が、チェルノブイリの子供たちの転地療養を奨励した。
ホームステイで元気になるなら、引き受けようと保養里親制度をはじめたが...
周囲は応援どころか、そんなことで被曝した子供が元気になるわけがない...
そんなデマに騙されるなとか、誹謗中傷の中でこの活動を始めることになった。


これと全く同じ話を
ブリストル(英)のペニー・ブローン・キャンサー・ケア
ベルリン(独)のハーフェルホーエ病院で聞きました。

放射線障害ではなく、癌患者さんや難病患者さんに対する治療や対処についての話だったのですが、前例のないことをはじめることの勇気と苦悩は、何処も同じなんだなぁ...と痛感させられました。

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2011年07月08日

posted by たすけ at 12:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | ■代替医療と健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガリガリ君工場見学とガリガリ君グッズ

日記(家族・子育て)

食品工場の工場見学は無料で試飲・試食できてお土産付き♪
今回はガリガリ君工場見学の巻...のはずが....

ガリガリ君3種類

昨年の猛暑で品切れ状態になった赤城乳業、大人気商品のガリガリ君。
定番のソーダ味に、コーラ味に、グレープフルーツ味などありますが
私は赤城乳業の【ガツン、とみかん】が一番好きなんでけどネf(^^;

赤城乳業・本庄千本さくら工場見学

2010年2月に竣工したばかりの、埼玉県本庄市にある赤城乳業・千本さくら『5S』工場は、最大約80,000kl/年間で、日本のアイスクリーム生産量の約10%という、日本で最大規模のアイスクリーム生産工場。

すごい!日本中アイスの10個のうち1個はこの工場なんだ!?

1本60円のガリガリ君だけでも、1日100万本、1年で2億5000万本..って日本人が必ず2本食べる計算...誰です?「俺はひと夏で30本は食ってるぞ!」...という自転車乗りの方は?(笑)

夏休みにどこか涼みながら、お得な安近短はないかと、ガリガリ君の工場見学を考えたのですが
上記の写真(本庄千本さくら『5S』工場見学) 空席情報はこちら...をクリックしたら
「うへ!?もうすでに8/18まですべて受付予約終了じゃん」(T_T)
仕方ないのでバーチャル工場見学で見学行程を確認してみてください→こちらから

一応、ガリガリ君の工場見学の内容をメモしておくと...
赤城乳業(ガリガリ君)本庄千本さくら『5S』工場 TEL.0120-73-3559
受付:午前10時・午後2時 2回実施する。(土・日・祝;休み)
定員:20人まで、サイトで空席状況を確認し電話で申し込み(希望日の1ヶ月前から予約)
行程:約90分かけて、アイスの製造工程を見学、ガリガリ君を試食。
   見学の最後は、「ガリガリ君ルーム」の「ガリガリ神社」へ。
アイスのスティックに願い事を書いて特大ガリガリ君口へ投げ入れると願いが叶う?(笑)
その他、大仏姿のガリガリ君や、工場入り口に等身大ガリガリ君と記念写真撮影もOK。
お土産として、ガリガリ君のクリアファイル、消しゴム、ポストカードなどけっこうな量
のガリガリ君グッズがもらえるらしい。

コートダジュールのジェラート

今日もすごく暑かったので、つくば方面の買い物ついでに、つくば市のコートダジュールでジェラートダブルを...左:クリームチーズ&ラムレーズン 右:ストロベリー&ミルク

ガリガリ君ファミリーパック(7本入)

でも結局...
帰宅して冷凍庫の7本入りのお得なファミリーパックからガリガリ君しちゃいましたf(^^;
やっぱり、ガリガリ君は家計にやさしい、熱中症対策ですかね?(笑)



PS.ガリガリ君の工場見学でも、たくさんお土産もらえるらしいけど...
以前、夏のゴルフコンペで賞品選びが面倒になっちゃって...
ほとんどガリガリ君グッズを景品にしたら、予想外に好評だったのでご参考まで。
やっぱり子供や孫へのお土産にはアイスじゃなくてもガリガリ君グッズが好評らしいですヨ。

それもそのはずで、赤城乳業は子会社「ガリガリ君プロダクション」を設立して精力的にキャラクタービジネスを展開していたんですねぇ。すでに中国でガリガリ君のパクリもんが出ているのかしら?
ま、もっとも【ガリガリ君の妹ガリ子ちゃんは、中国人研修生が研修期間中の日誌で提出したものでそれが採用された。】ということらしいですから、うちが本家だ!なんて言うかも?(笑)

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2011年07月09日

posted by たすけ at 16:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(家族・子育て) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武田邦彦と香山リカと柏市と原発事故報道にのめり込む人

日記(言いたい放題)

柏市長や香山リカ氏に落ち度があったとすれば「原発事故報道にのめり込む人」というタイトルをつけてしまったことじゃないかしら?

いきなり、なんのこっちゃ??だとは思いますが^^;原発事故報道にのめり込む人のタイトルに武田邦彦、香山リカ、と敬称略してすみません。以下、敬称略のまま続けますm(_ _)m あ!今記事はお二人を批判する内容ではありませんので...

"原発事故報道にのめり込む人"というキーワードに対して「誠実な社会を取り戻したい、牛乳と柏市の放射線」という武田邦彦ブログと、『知らずに他人を傷つける人たち〜モラルハラスメントという「大人のいじめ」〜』香山リカ著書が、私の中でリンクしてしまいました。

モラルハラスメント(=モラハラ)とは
「言葉や態度で繰り返し相手を攻撃し、人格の尊厳を傷つける精神的暴力」
ルサンチマンとはキェルケゴールが言いだしっぺで
ニーチェが広めた「強者に対する、弱者の憤りや怨恨、 憎悪、非難の感情」

香山リカ氏が7月1日付のダイヤモンド社の書籍オンラインのコラム上で...
ネットの世界を中心に、原発事故にのめり込んでいる中心層は、一般社会にうまく適応できなかった引きこもりやニートである。
彼らとっては、長く学内で冷遇されてきた京都大学の小出裕章氏が反原発のヒーローであり、小出氏によって自分たちが抱えてきたルサンチマンが一気に晴らされたという感覚があるのかもしれない。

仮に彼らが精神科を訪れて、病名をつけなければならないとしたら、現実社会にうまく適応できないということで「適応障害」と診断することになるでしょうか。あるいは、世の中に対して恨みごとを言い連ねるタイプの人には「パーソナリティー障害」という病名を伝えるかもしれません。
これを読んだ私自身の感想は...
「うん。確かに私小出裕章氏を尊敬してるし、ニートではないけど、たしかに最近引きこもりになっているし」「うん。確かに私何も具体的な行動を起こしているわけじゃないし、ブログ書くことでルサンチマンを晴らしているのかも?」...と。妙に納得させられたのですが(苦笑)

香山氏自身は7月5日のコラムで、小出氏をはじめ読者に、謝罪と訂正文を再掲したのですが....
ところが、柏市長の秋山浩保氏が7月7日の秋山ひろやす活動ブログで、「原発事故報道に、のめり込む人」というタイトルで香山リカ氏のこの内容を引用し

「いずれにせよ、生きづらい世の中があり、社会に精神的に適応できない方が多いということだと思います。 社会全体は、このような方々とどう向き合うべきなのか。これからも、引き続き勉強していきます。」と書いてしまったから、さあ大変^^;

折しも、柏市の市民グループが柏市に対して6月29日と7月2日と立て続けに「放射線量で対策を」との要望書を提出したばかりだったので...
「これはひどい!」「柏市長は市民を愚弄するのか!?」
とネット上で柏市長に対するモラハラ&ルサンチマンが...
「う〜ん...どうしてそういう方向に向くかなぁ?」
「別に柏市長は市民を愚弄してはいないし、見識を広めたいと言っただけじゃないの?」
..と私は捉えましたけど。

私も拙ブログで時々、毒を吐きますが^^;
一応、自分の主張を通すときでも、相手の人格までは否定しないこと気をつけながらは書いてます。まぁ「おまえは日和見主義で、いつでもどっちつかずのいい子ちゃん演じている」と、言われればその通りですが(苦笑)

「憎しみからは、な〜んちゃ生まれんぜよ!」の龍馬の言葉ではありませんが...
首長と市民が対峙するより、首長に「期待しているぜよ!放射線量対策がんがんやってくれ!」
と、発破かけたほうが、人間、誰しもやる気になると思うのですが...。

あ...でも。思いつきで次々方針転菅する、日本国大首長にはもう煽ては不要ですね(^^;)




(1)福島県○○市に実家のある柏市在住の知人との会話
「その後どう?」
「まぁ、なんとかやっているみたいですけど、それよりこっち(柏市)で困ったことが」
「ん?」
「毎年実家から野菜送ってきてくれるのですが、家内が今年は要らないからと言って」..と
「なるほど、どう言ってもご実家はがっかりするよねぇ」
「それと、事務員がひとり、お子さん連れて九州の実家に帰っちゃって...」
「うへ!旦那さんは??」
「仕事があるので別居ですね。帰省までの1週間会話なかったそうですよ」

(2)千葉県○○市(東葛地域)在住のママさん(小学生2人)との会話
「ちょっと聞いてもらえます?」
「え?なんです」
「ママ友がガイガーカウンター借りてきたから、近所の通学路一緒計りに行こうって...」
「すごいじゃないですか!今なかなか手に入らないんですよ。その測定器」
「私、知りたくないの!知ってどうするの?今更実家に帰る訳いかないでしょ?」
「えぇ...ま、そりゃそうですよね」
「どう言えば、傷つけずにそのママ友のお誘いお断りできるかしら?」

(3)さらに栃木県○○市(子供はすでに成人)の奥様との電話で。
「いつもお気遣い(中元)ありがとうございます。とても美味しかったわ」
「あ、喜んで頂けて光栄です。」
「今ね私、毎日早朝からお弁当作りよ。」
「え?お子さん...たしかもう....」
「いえいえ、主人のお弁当よ。社食は地元野菜使うから食べさせられないわ」
「おぉ!愛妻弁当でラブ注入ですか?」(笑)
「そっちも騒がれているようだけど、こっちはホットスポットに全然無頓着なのよ」

人様々ですよねぇ。「放射線から守るために」モラハラとはいかないまでも、無関心や無頓着に見える人に「どうしてあなたはこんな大切なことを真剣に考えないの?」...と言ったって、それは精神的苦痛を与えるだけで、実は言った人間より、言われた人間の方が内心、放射能に対して心配でたまらない場合もあったりします。放射線も人の心も見えないので、ほんとうに難しいです。

放射能の飛地(ホットスポット)なってしまった地域は東葛地域だけではなく、他の地域でも徐々に明らかになってきています。おそらく似たような会話があちこちに転がっているんじゃないかなぁ・・・

『原発事故報道にのめり込む人』を増やしているのは武田邦彦氏。かくいう私も武田邦彦ブログ読者の一人ですが^^;「のめり込む人」...って自分で言えば誰も傷つけないでしょ?^^;
『知らずに他人を傷つける人たち』武田氏へ直接のそんな批判のメールを送る方もいるようですが、武田氏は演説も筆も立ち切り返しが凄く上手なので、私そっちの方に関心するので、のめり込んでいるのかも?(苦笑)

「原発事故報道にのめり込む人」の不安は今現在ではなく、5年後、10年後、15年後です。(1)(3)の方とは、その後当たり障りのない会話で終わりましたが、(2)の方に対しては、私はどう答えてよいかわからず、とりえあえず、7月3日に放送されたNHKスペシャル シリ―ズ原発危機 第2回「広がる放射能汚染」の動画をご覧になってくださいと伝えておきました。

広がる放射能汚染 NHKスペシャル
↑写真をクリックで第2回「広がる放射能汚染」動画頁に飛びます↑

もしかしたら、この動画は削除されてしまうかも。放射能のホットスポットをもっともわかりやすく解説した番組だと思うで、見逃してしまった方は是非ご覧あれです。
ただ、私自身番組後半で「ん??あれ?これって???」と首を傾げる部分がありましたので、それを次記事と致します。

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2011年07月11日

posted by たすけ at 22:38 | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホットスポットの住民が望むこと願うこと / ベラルーシの映像を見て

日記(言いたい放題)

ホットスポットとは放射能汚染の飛地。福島原発から遠く離れていても、放射線管理区域【5.2_シーベルト/年】並みの被ばく量が予測される地域...なんてことは説明不要だと思いますが。

今年のサマージャンボは当選確率高いのよ!
ねぇ、どうしてこんな良いチャンスを黙って見過ごすの??

う〜ん、だって確率高いと言っても必ず当たる訳じゃないし。
いいの私は、これまで通り、普段のままで生活していくわ。


詭弁を用いて甚だ恐縮ですが...
サマージャンボ=ホットスポット  当選=放射線障害  良いチャンス=高リスク
に置き換えてみると、双方のジレンマが見えてくるような気がします。

NHKスペシャルでシリーズ原発危機を特集してすでに3回放映されていますが、放射能汚染の飛地=ホットスポットに焦点をあてた、シリーズ原発危機の第2回『広がる放射能汚染』は大変参考になった番組でした。
原発事故からまもなく4ヶ月。未だに事態収束の見通しがつかない中、原発から300キロメートル以上離れた静岡県でお茶から基準値以上の放射性物質が検出されるなど、福島県だけでなく、首都圏をふくめた広い地域で汚染への不安が広がっている。
そこで番組では、放出された放射性物質の量をもとにした拡散シミュレーションをもとに、汚染の実態を独自に調査、高いレベルの汚染地帯=ホットスポットが生まれるメカニズムを解明する。また、福島で行われている子供たちの被ばく量を減らすための取り組みや、食品の検査体制の課題を取材、東日本に広がってしまった放射性物質による汚染に、私たちは、どう立ち向かっていけばよいかを探っていく。
見逃してしまった方はこちらでシリーズ原発危機の第2回『広がる放射能汚染』の動画がアップされていますが、いずれ削除されてしまうかも?印象に残ったシーンを列挙すると。

ホットスポットはどうやって発生したか?【放射性プルーム】

放射性プルームとホットスポット

福島原発から放出された放射性物質は、放射性プルームという雲のような塊として空中を漂った。特に3月15日と21日に濃度の高い放射性プルームが風によって運ばれたと推定される。セシウムなどの放射性物質は非常に軽い物質だったので、遠くは静岡まで飛び密集した茶畑の葉や草木に付着した。

ホットスポットを探せ

点在するホットスポットは、放射性プルームと降水量の多かった位置に比例している。濃度の高い放射性プルームが空中にあった時間帯に、降水量が多かった場所にホットスポットが生まれた。【そして雨に濡れた稲藁や牧草などを餌とした家畜の体内にセシウムが蓄積されていった。】

ベラルーシのストレリチェボ村

この写真は番組後半。ベラルーシ共和国での放射線対策のシーン。場所はチェルノブイリ原発から50km、人口900人のストレリチェボ村

ベラルーシの放射線対策 ホールボディカウンタ

●村の各学校には、必ず放射能測定設備があり、住民が農作物を持ち込むと本人立会いのもと、無償で検査をしてもらえる。
●村の病院・診療所にも、人体の被曝量を検査する(ホールボディカウンタ)が完備されており、子供たちの定期健診は義務化されている。


ベラルーシでは放射能軽減対策を積極的に行っているという...
ベラルーシでは省庁を横断する組織「国家チェルノブイリ対策委員会」を設置。
その国家プログラムに充てられるのは国の予算の2割。
ベラルーシ政府は汚染地域にあるほぼ全ての学校に放射線の測定器を配置。
物理の教師に訓練を受けさせ、無料で検査する態勢をつくった。
身近にある施設で住民自らが検査に立ち会うことで、不安の解消。
ベラルーシでは市場に出回る食品についても検査態勢を充実。
全国500を超える施設で牛乳、肉類、野菜など一日平均30,000を超えるサンプルを検査。
...あれ??NHKの取材内容と、野呂美加さんの話しが真逆(正反対)ですよ??
まぁ、野呂美加さんの話はソ連邦崩壊前の話で、その後ルカシェンコ大統領政権の下、ベラルーシでは徹底した放射線対策が遂行されたのかも知れませんが...

野呂美加さん講演 ベラルーシの農村

この写真は、放射能土壌汚染と子供たちを守るために知っておきたいこと〜野呂美加さん〜の記事で、野呂美加さんが次のような話をしたシーンです。
●ベラルーシの村では放射能で汚染された畑で小麦を栽培しているのです。そして汚染されているから安いので、子供の給食のパンに使われているんです。ホントに悔しいです、こんなこと許してはいけません。

NHKがやらせ報道したとは考えず。ベラルーシのルカシェンコ大統領は「ヨーロッパ最後の独裁者」と言われるくらいの強権的政治手法らしいので「国家チェルノブイリ対策委員会のイイトコ撮り」しかNHKに取材させなかったのかも?と、私は想像しているのですが、どうなんでしょうねぇ...。

野呂美加さんは講演会やお話し会で名前こそ挙げませんでしたが、広島の被ばく医師らがベラルーシの市民たちに、放射線障害と思われる患者さんに、これは放射能の影響ではなく風土病だと言って嘘をついた...等とも話されていました。逆にそんな野呂さんについて、話の中に特定の商品の宣伝活動を織り込むので信用できない人物だ。と批判する方々もいます。

私、常々拙ブログで書いていますが...
情報は、どの立場から発信されるかで全く逆に伝わってきます。どちらが嘘を言ったとかではなくどちらも事実であり、私たちは双方の意見をバランスよく取り入れなければならないと思っています。今、福島県の放射線健康リスク管理アドバイザーで、長崎原爆被ばく2世の山下俊一教授らに抗議や非難があがっています。しかし、山下教授らの説明を聞き、心底納得はしていないけれど、望みを託している市民も多いのは事実です。ニーチェに言わせれば『事実というものは存在しない、存在するのは解釈だけである』ということでしょうか。

必ず数年後に影響が出てくる...
だから今なんとかできることをしておかなければ、子供たちがかわいそうだ。

もしかしたら、数年後に影響が出るかもしれない...
でも、今はネガティブな事を考えずただ普通に生活したい。


私は医療者が患者さんやご家族のパーソナリティーに応じて、告知の仕方や説明を変えるのは優しさ故だと思っています。また野呂さんをはじめ、放射能汚染から子供を守りたいと願う人々は、純粋に子供は社会の宝と考えて活動しているのです。ん〜ん...意見の食い違いを対峙して解決するのでなく、なんとか協調や妥協点が見出せないでしょうか....。

放射線管理区域と避難区域と除染作業

今、福島県や関東各地で、放射線管理区域【5.2_シーベルト/年】以上の放射線被曝(外部被曝だけで)が予測される、ホットスポットが明らかになってきてしまいました。そして年間20_シーベルト以下の居住人口は約150万人と推定されます。武田邦彦先生がおっしゃるように事故が起きたからと云って、従来の年間1_シーベルトの安全基準値を暫定基準値年20_シーベトに、ましてや子供も大人も同条件とは暴挙であると私も思います。

年間1_シーベルトを厳守するために、ホットスポットは居住地・耕作地・森林もすべて伐採して表土を削り取れば可能かもしれませんが、現実的ではありません。150万人の居住地域を避難区域に指定してしまうのも現実的な解決策ではなく、より線量の高いホットスポットを早く特定し、子供の活動範囲を除染することが最優先課題だと思います。

削り取った放射性物質汚染土壌や草木を、完全に除染する装置を国や自治体が早く設置することがベストでしょうが、現在技術の処理能力ではとても追いつけそうにありません。とりあえずは焼却して体積を減らして、灰やスラグの塊として大きな地下施設や人里離れた採石場などに、一時保管か石棺するしか方法はないと思います。

埼玉県春日部市には首都圏外郭放水路の一部が地下神殿と呼ばれるくらい巨大地下空間があります。ここに汚染塊を保管しコンクリートで固めれば?...冗談じゃない!それじゃ洪水対策はどうなる!と言われそう。
では、栃木県宇都宮市に大谷石地下採掘場跡など巨大地下空間があります。その他千葉県をはじめ、関東各地に露天掘りの採石場跡地は結構ありますので、そういう場所に放射性物質汚染塊を石棺or保存する方法なら現実的かなぁ...でもたぶん地元の人から「なんで我々が犠牲にならなきゃいけないんだ!」と反対運動が置きそうですよね。

川崎市長が福島の瓦礫やゴミを引き受けると発言したら...
「言語道断である!川崎市民の健康や安全を考えない市長なんか、即刻リコールだ!」
東葛地域の市長が、除染や草木の搬入・処理を躊躇したら...
「言語道断である!○○市民の健康や安全を考えない市長なんか、即刻リコールだ!」

子どもたちを放射能汚染から救いたい...と考える場合
一刻も早く除染しろ!後の処理は国や自治体が考えることだ。...ではなく。
最終処理や処分地に理解を求めるような運動も市民自ら考え行動しなくては...

放射能検査装置

この写真は、茨城県環境放射線監視センターにある放射能検査装置の一部で、およそ数千万円するという。仮に一揃え3000万円として、150億円で500ヶ所に導入できます。内部被曝検査機器(=ホールボディカウンタ)はベラルーシの写真に出てきた簡易型で数百万、大型は数千万ということで仮に1台3000万円として、150億円で500ヶ所の病院や診療所に設置できます。なので、ざっくり300億円の予算があれば、NHKで放送されたベラルーシと同じような測定環境を作ることができます。

ところで、ホールボディカウンタで精密に図るためには、自然放射線濃度と同一条件にすべく、鉛の壁で遮蔽するか、汚染地域の空間線量をカウントしない環境が必要ということです。
NHKのシリーズ原発危機の第2回『広がる放射能汚染』の後半、ベラルーシの子供がホールボディカウンタに座って計測しているシーンでは、明るい光が窓から差し込んでいるので「ん??あれ?これって???」いくら簡易型とはいえ、ホットスポットの地域内で、こんないい加減な環境で計測して意味あるの??...と首を傾げたシーンでした。


さて、ま、それはおいといて....
ある講演会で武田先生は「除染した土壌や草木はどうすればいいでしょうか?」という質問に「それは東電に引き取ってもらえばいいんです」と答えていましたが、これも現実的ではないと思います。それより東電にはホットスポットとなってしまった地域の学校や自治体に、ホールボディカウンターや放射線測定器などを優先的に配置(寄付)するように提示したらどうなんでしょ?

賠償金というお金だと、結局見えない形になってしまうような気がしています。電力会社を国営企業とするよりも、東電を企業のままにしておいて、東電自体が放射線測定器の生産メーカーとなれば原発事故の贖罪をまっとうすることができるのはないのかしら?そしてその測定器を使って実際に測定・管理運営するのは、各地域ごとで市民グループが立ち上げたNPOで行えば、不信感や不安感も払拭できるのでは?


ホットスポットの汚染表土を削り取ったり、汚泥を掬ったり、草を刈ったとしても
運ぶ?どこへ? 埋める?どこに? 灰は?どう処理する?
....それが一番の問題

シリーズ原発危機の第3回『徹底討論 どうする原発 第一部・第二部』で「それでも原発は安全に利用可能だ」と考える識者や視聴者もいました。
私は原発推進論者や年間20_シーベルトの暫定基準値(=我慢限度値)を是とする人たち全てが悪人とは考えていません。討論は自由です、心配なのはホットスポットの住人同士、あるいは国民同士の反目のジレンマ。

北九州市ではリサイクル業者に流山市からの焼却灰(セシウム検出)受け入れ停止を指導し
秋田市や大館市は流山市から運ばれた焼却灰(セシウム検出)の返送を決定しました。
例えば除染作業を進めるほど、このような迷惑や抗議のジレンマが連鎖してしまう...

そしてこれ、ホントに心底、望んで願っているのですが....武田邦彦先生のブログに
「ペットボトルの分別は全く無意味でバカげている!」と同様に
「放射性物質は、集めれば集めるほど、実はこんな有意義な利用法がある!」
というコペ転(コペルニクス的転回)な記事が掲載されないかなぁ...と。武田先生!!今こそ資源材料工学の専門家として、そんな大逆転の発想・利用法を先生にご期待申し上げます!!


私自身は段階的原発廃絶に強く賛同しますが...原発に頼らない安心できる社会...って今更。
菅総理が宣言しなくても大方の世論はその方向だとは思いますが、とにかく早く原発廃絶or原発温存の国民投票(諮問型国民投)で国民全体のコンセンサスを決定して、日本全体のシステムの変革期となればいいのに...と願っています。

ま、私なんぞ...
な〜んの行動も起こさず、支離滅裂なブログでマスターベーションしてルサンチマン晴らしているだけですから、こんな高所対処な話を言えた義理ではないのですけど(苦笑)


幕末〜明治維新の変革は、憂国の若い志士たちの活動が扉をこじ開けました。
今朝、なでしこジャパンがスウェーデンを破り女子サッカーW杯決勝進出。すげぇ〜〜!!
今度、日本のシステムを大きく変えていくのは、やっぱり女性パワーかしら?


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2011年07月14日

posted by たすけ at 22:12 | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お願い!動かない自転車と動かない扇風機と、ランキングで動くファミレス

日記(家族・子育て)

いや〜ぁ...暑いの、暑くないのって...どっちだ?

暑っいぃ〜〜〜〜!!ですよねぇ(^^;)

暑い時行くファミレスは、中華のバーミヤン?和食の夢庵?どっち?
そして注文するのは、冷やし担担麺?カレーうどん? どっち?(笑)

我が家はこんなに暑くても、この夏エアコンはまだトータルで4時間も動かしていません。但し、娘はこの連休中、某所で24時間エアコンの効いた快適な部屋で過ごしています。しかもお願いすれば氷枕使用というVIP待遇...
なので、私と家内は娘を外して二人で、お願い!ランキング検証のファミレス巡りです^^;

お願い!ランキング検証は記事後半として、その前に動かない自転車とは?


震災以来、自転車から遠ざかり...
あまりの暑さに自転車から遠ざかり...
気がつけば半年近く自転車から遠ざかっていたら...

動かない自転車

こんなんなっちゃいました!!

嘘です^^; これ私の自転車じゃなくて、たまたま道端で見つけた他人の自転車です。まぁ〜モリゾー自転車というか、グリーンカーテン自転車というか、自転車も動かないとこういう姿になるのですねぇ(笑)

動かない扇風機とは...
7月16日(土)の、お願い!ランキングGOLDこの夏大活躍!100円ショップで買える節電&クールグッズランキングで経済アナリストの森永卓郎さんが『扇風機に扇風機カバーで保冷剤貼りつけて動かすと、たった200円で冷風機になりますよ♪』

「おぉ!そうか♪そうか♪」
しかし、我が家の冷凍庫にはそんな可愛い保冷剤はないので、クーラーボックス用の中くらいの保冷剤を扇風機の裏側(首ふり部分の上)に紐で括って回していました。...まぁ、思ったほど冷風機にはなりませんでしたけど^^;...で小1時間後。

「あれ?扇風機動いているけど、スイッチランプが消えている??」
「あれ?OFFにしても、扇風機止まらない!」
保冷剤取り外すために、コンセントから抜いて、刺し直したら動くかな?
「げ!扇風機動ない!!」....つまり、スイッチ壊れちゃいました(>_<)
試しにリモコンでON押しても、うんともすんとも言わない(T_T)

「あ、あの、扇風機、、動かなくなっちゃったんだけどサ」...と家内に打ち明けると

いったい何やらかしたの!?

「今、扇風機売ってないんだから!!こないだも全然なかったの知ってるでしょ!?」
「まだ、買って2年なんだから!!...自力で直しなさい!!」...ハっ、ハイっ!m(_ _)m

動かない扇風機

とりあえず、分解せねばと扇風機を横にしたら...タラ〜〜とスイッチの隙間から水滴が...
「うはっ!そうか、そうか。」
保冷剤の水滴が首ふりの部分から、首の内側を流れて最下部のスイッチの基盤部分に溜まってしまったんだ(>_<)
「そんな複雑な基盤じゃないし、すぐに乾かせばなんとかなるかなぁ??」

...と。吸い取り紙で丁寧に基盤部分の水を吸い取り、動かない扇風機を、他の動く扇風機3台で取り囲んで、乾燥大作戦(笑)...果たして無事に、動かない扇風機のスイッチは回復して、動く扇風機になりました♪

ひょっとしたら...私と同じように、7月16日(土)のお願い!ランキングGOLDを観て、扇風機水漏れ事故になって、動ない扇風機になった方がいるのではないか?と参考まで...

だって...いつもは空いているバーミンヤンが、今日の夕食時は、なんと早い時間から順番待ちで吃驚!恐るべし!!お願い!ランキングの影響力
え?私...勿論「冷しタンタン麺」&「本格焼餃子」を注文しましたわよ(笑)

バーミヤン「冷しタンタン麺」これは美食アカデミーの審査委員36点の評価通り美味しかったです♪バーミヤン「本格餃子」これ40点満点?はないなぁ...まぁ5コ190円というコスパ評価かな?^^;
さぁ、明日は夢庵で「カレーうどん&黒糖ゼリーと抹茶ムース」を食べねば(笑)

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2011年07月17日

posted by たすけ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(家族・子育て) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。