サイクルトレインで行く黒竜ラーメン紀行(時短編)

自転車(ポタリング)


関東鉄道:常総線のサイクルトレインを利用して、下妻市にある黒竜のとんこつラーメンを食べに行こうと思っているのですが
関東鉄道常総線のサイクルトレインのオフィシャル頁はこちら(利用時間帯&区間にご注意)

サイクルトレイン(自転車の固定)

関東鉄道では、サイクルトレイン専用車両がある訳ではなく、この画像のように車椅子用スペースに自転車を固定するようになります。当然の事ながら、もし身障者の方が乗車した場合はそちらを優先する訳で。また、自転車をここに並べて固定するのも3台くらいが限度でしょう。
念のため水海道駅に問い合せたところ「できればスタンドがある自転車が望ましい&一度に5台までが限度です」との事で。サイクルトレインポタは小隊編成でなければちょっと無理そうですね。

また、水海道〜下館は、ほぼ1両のワンマン運行です。無人駅では運転手付近のドアからしか降車できません。つまり、バスと同じように運転手に切符を提示(料金を払って)して降車するようになりますので、ズラズラ何台もの自転車の降車は運行ダイヤ上、あまり歓迎されないかも(苦笑)

さて前回は下妻駅で下車して、黒竜ラーメンを食べた後に鬼怒川CRを自走で帰還するルートでしたが、今回は、騰波ノ江駅で下車して、黒竜ラーメンを食べた後に小貝川CRを自走で帰還するルートです。




↑↑↑は、TRAINMUSIC1266さんの動画です。
騰波ノ江(とばのえ)駅とは?
草枕 旅の憂へを 慰もる こともありやと 筑波嶺に 登りて見れば 尾花散る 師付の田居に 雁がねも 寒く来鳴きぬ 新治の 鳥羽の淡海も 秋風に 白波立ちぬ 筑波嶺の よけくを見れば 長き日に 思ひ積み来し 憂へはやみぬ

万葉集でこの湿地(平原)一帯が、鳥羽の淡海(とばのあふみ)と歌われたものが駅名として残り、関東の駅100選にも認定された駅舎で、以前はよくCMや映画のロケに使われていましたが、老朽化のためかつての面影を残しつつも新駅舎になってしまいました。

騰波ノ江駅(新駅舎)

私は騰波ノ江(とばのえ)駅に隣接する梨畑の中を行く気動車の風景が大好きなんですよね。
天気が良ければ、この一帯からの筑波山の眺めは良いし、鉄男&鉄子さんでしたら、騰波ノ江駅で下車して、梨畑のくねくね道〜大宝神社〜砂沼経由で、ラーメン黒竜に行かれてみてはいかがでしょうか?

常総線騰波ノ江駅

そして、とんこつラーメン黒竜でランチ後は、下妻ふるさと博物館等に立ち寄って、下妻駅発14時半前の取手行で復路もサイクルトレインで水海道駅まで来てしまえば、15時には解散できちゃいます。
まぁ「秋の日は釣瓶落とし」ですし、ポタの目的がサイクルトレイン体験&黒竜とんこつラーメンだとしたら、こんな計画でもありですね(笑)


PS. 関東鉄道常総線の運賃が
下妻 →水海道   ¥720
水海道→騰波ノ江  ¥850
守谷 →騰波ノ江 ¥1,040
取手 →騰波ノ江 ¥1,220

ですので、PASMOやSuicaも使えますが、守谷駅や取手駅から輪行で来られる方は、1日フリーきっぷ¥1,500(土・日・祝のみ)を購入されがほうがお得ですよ♪


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2010年10月01日

posted by たすけ at 23:43 | Comment(8) | TrackBack(0) | 自転車(ポタリング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

筑波嶺のビューポイント(小貝川CR編)

自転車(ポタリング)


先ず、筑波山のビューポイントについてはつくば新聞が最も詳しいので是非ご参照ください。
筑波山には、男体山・女体山の二峰の他に、もう一峰坊主山(三角石峰)があります。

筑波二峰(男体山・女体山)りんりんロード筑波駅付近

霞ヶ浦方向、つまり筑波山を南から見ると坊主山は全く見えずに、このりんりんロードから写真のように男体山・女体山の二峰しか見えません。
りんりんロードは筑波山の麓付近を通るため、よほど天候の悪くない限り筑波山は常に見えますが、小貝川CRからは、天候が悪いとあまりいい写真が撮れませんが、まぁ、筑波三峰の見え方の変化について記事にしてみます。

筑波三峰(坊主山・男体山・女体山)愛国橋付近

この写真は、小貝川に架かる愛国橋(小貝川40km付近)からみた筑波三峰ですが
東葛地域や都内から見える筑波山は、左から順に坊主山→男体山→女体山に見えています。
小貝川はほぼ南北に流れていますがかなり蛇行していますので、小貝川CRを上流に向かって走ると、このような筑波山を前・横・後に見ながら走ることになります。

筑波三峰(坊主山・男体山・女体山)祝橋付近

やがて祝橋(小貝川ふれあい公園付近)までくると、男体山と女体山の間隔がかなり狭まってきます。

筑波二峰(坊主山・男体山)小貝川50km付近

そして小貝川50km付近で、女体山が男体山に隠れて、坊主山と男体山の二峰になります。

筑波三峰(坊主山・女体山・男体山)母子島付近

さらに上流に進み、小貝川と大谷川が分岐する母子島遊水地(はこじまゆうすいち)付近では左から順に坊主山→女体山→男体山に変化します。

蕎麦畑と常総線

サイクルトレインを実施している関東鉄道常総線の水海道駅〜黒子駅の区間は、ほぼ南北方向の直線ラインになりますので、車窓から筑波三峰の変化が楽しめますよ♪


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2010年10月04日

posted by たすけ at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(ポタリング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関東鉄道10月のイベント

ちばらきチャンネル


私、関東鉄道の広報担当ではないのですが(笑)
関鉄のサイクルトレインを記事にしておいて、万が一
迷惑をかけるといけないので関東鉄道2010年10月のイベントを記事にしておきますね。

常総線の土・日運行車両で、鉄道ファンに人気なのは
水海道発10:33 → 下館着 11:24
下館発 11:44 → 水海道着 12:37 
の朱色の車両キハ101号車なのですが

10月10日(日)は、水海道車両基地で気動車体験運転を開催しています。(既に申込みは終了)
なので、この日は常総線キハ101・102号車は車両基地に展示されて運行していないかも?


常総線キハ101号車

また、10月16日(土)・17日(日)
騰波ノ江駅舎で関鉄レールファンCLUB主催による
『とばのえステーションギャラリー』が開催されます。
なので、この日は騰波ノ江駅下車のサイクルトレインは自粛したほうがいいと思います。

私自身は、熱狂的な鉄道ファンという訳でなく
チバラキ(常総)の田園風景の中を走る
常総線の姿が好きなだけなんですけどね^^

蕎麦畑を行く常総線

気動車(ディーゼル車)は架線(電線)や鉄柱がないので風景がすっきりするので、好きなんです。


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン
タグ:関東鉄道

2010年10月05日

posted by たすけ at 01:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちばらきチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小貝川CRと鬼怒川CRの地図(橋名一覧付き)

自転車(ポタリング)


この地図は、小貝川CRと鬼怒川CRに架かる主な橋と、関東鉄道常総線駅の関連地図です。

鬼怒川と小貝川の橋一覧地図

もし、小貝川CRや鬼怒川CRを初めて走る場合や、まだ距離感がイマイチ不安で
「現在地はどの辺だろう?そろそろ引き返した方がいいかな?」
そんな場合に、この頁URLを携帯のお気に入りに登録するか、この地図画像を
携帯にダウンロードしておいて、お役に立って頂ければ幸いです。
『スマートフォンだと、楽々拡大&スクロール出来て、便利になったものですね』

地図上に書いてあるA・B・C間距離は、直線距離ではなく常総線駅間の営業キロ数です。
A.下妻駅←→B.水海道駅=18.6km   B.水海道駅←→C.守谷駅=7.9km
小貝川CRだと、A.祝橋 〜 B.大和橋 〜 C.常総橋
鬼怒川CRだと、A.新鬼怒川橋 〜 B.豊水橋
に相当しますが、CRは蛇行しているので、鉄道営業キロ数の約1.5倍と考えておいてください。

この地図の範囲のサイクリングロード(CR)の概略(2010年9月現在)
■小貝川サイクリングロード
左右両岸とも、全舗装済ですが稲豊橋〜常総橋一部の右岸CRは途切れています。
鬼怒川CRと比較すると沈下橋を含めて橋の数は多いです。サイクリング初心者の方は
小貝川サイクリングロードの利用をおすすめします。

■鬼怒川サイクリングロード
滝下橋〜玉台橋間は、左右両岸ともCRはありません。
玉台橋〜新鬼怒川橋までは概ね舗装されていますが、小貝川サイクリングロードと比較すると
CRが中断して迂回する箇所や未舗装部分が多いです。
※.川の流れに沿って(下流を向いて)左岸・右岸と言います。この地図上とは左右逆になりますのでご注意ください。
また、両サイクリングロードとも自転車専用道路部分は一部のみで、車も通行しますので合わせてご注意ください。


ロードバイクでAV.25km以上で走れる方は、小貝川や鬼怒川をさらに上流に向かい、宇都宮駅タッチして往復200kmの日帰り餃子サイクリングも可能だと思いますが(笑)
クロスバイクや小径車でAV.15kmのまったりポタの場合、下妻駅タッチして祝橋や新鬼怒川橋からUターンする、水海道駅基点の往復60kmや、守谷駅基点の往復80kmの行程になるくらいがちょうどいいのかも?

...で。もし脚が売り切れたり、日没アウトになりそうになったら、両サイクリングロードと並走している最寄の関東鉄道常総線の駅から輪行で帰れる保険付き♪
...と言うのが、この地図範囲の小貝川&鬼怒川サイクリングロードの最大の特徴でしょうかね?(笑)


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2010年10月06日

posted by たすけ at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(ポタリング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小貝川沿いに残る蚕の地名

ちばらきチャンネル


ちょっと多忙になりつつあり、暫らく小貝川や常総線沿線の小ネタが続きます。
結城紬(ゆうきつむぎ)といえば、茨城県結城市名産の絹織物ですが、茨城県南西部の筑西市や下妻市にも絹(蚕飼・養蚕・子飼)に因んだ地名が実に多いです。

子飼の渡し(愛国橋)
これは小貝川の愛国橋のたもとにある「子飼の渡しの碑」...(後日平将門親子で別記事の予定)
平成の大合併で、常総線沿線の市町村名がどんどん変わってしまいましたが、古(いにしえ)の地名は学校名に残っていますね。

下妻市立蚕飼小学校
この愛国橋の子飼の渡しのすぐ近くに下妻市立蚕飼小学校(こかいしょうがっこう)

糸繰川
祝橋の付近で、筑西市内から流れ出る糸繰川が小貝川と合流し

黒子橋と大谷川
さらに黒子橋付近で大谷川が、小貝川と合流

小貝川と五行川
そして養蚕橋付近で五行川が、小貝川と合流

筑西市立養蚕小学校
その五行川の近くに筑西市立養蚕小学校(ようさんしょうがっこう)


こんなところからも、この地域に絹(蚕)に因んだ地名が、いかに多いかが解かりますよね。


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2010年10月12日

posted by たすけ at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちばらきチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

常総線サイクルトレインおすすめ下車駅

ちばらきチャンネル


関東鉄道常総線で実施しているサイクルトレインは、水海道駅〜大田郷駅間の9:30〜14:30の時間帯です。(14:30発の列車までOKということ)下記はその路線図と運賃表です。
関東鉄道サイクルトレインの路線図と運賃

下妻駅下車がおすすめですが、とりあえず自転車をそのまま鉄道に乗せることができる、サイクルトレインを体験したいという方は石下駅下車くらいでいいかもしれませんね。その他、石下駅以北のサイクルトレイン下車駅について周辺観光の簡単説明と駅舎を掲載しておきます。

石下駅舎
常総線石下駅 観光名所多数(おすすめ)

常総線玉村駅
常総線玉村駅
ここはほんとに何もありません(笑) 強いて挙げれば若鶏の丸焼きクロサワ西原店の最寄駅。

常総線宗道駅
常総線宗道駅 水路に面して景観整備されています。
愛国橋(小貝川・やすらぎ里しもつま方面)と大形橋(鬼怒川・つくばサーキット方面)への最寄駅。

常総線下妻駅
常総線下妻駅 観光名所多数(おすすめ)

常総線大宝駅
常総線大宝駅 大宝神社の門前駅

常総線騰波ノ江駅
常総線騰波ノ江駅 一面の梨畑と関城跡、道の駅しもつまの最寄駅

常総線黒子駅
常総線騰黒子駅 蕎麦畑と旧街道の街並み

常総線大田郷駅
常総線大田郷駅 駅前は新興住宅地ですが、ちょっと走れば嘉家佐和地区の里山等


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2010年10月14日

posted by たすけ at 13:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | ちばらきチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

常総線大田郷駅〜大宝駅の風景

ちばらきチャンネル


常総線サイクルトレインの最終下車駅大田郷駅〜大宝駅の風景について。

大田郷駅からの所要時間

大田郷駅からの各駅までの所用時間と、下妻駅、大宝駅、騰波ノ江駅、黒子駅のホームの写真ですが、大田郷駅〜大宝駅までは鉄道だとわずか10分程度です。
この区間に見所がない?と言えばそうでもないので、ごく簡単に画像を並べてレポ致します。私自身はこの鉄道で10分の区間を、自転車で1時間かけて、ウロウロしながら走りました。でもかなりマニアックな風景でしょうかね?(笑)


大田郷〜黒子1大田郷〜黒子2大田郷〜黒子3
大田郷〜黒子間 鬼怒川方向に里山が南北に続いていて、かつては不法投棄のゴミ問題があったそうですが(現在も少しそういう箇所はあります)地域の人たちの里山保全運動などで、気持ちよい森林ルートが楽しめます。



黒子〜騰波ノ江1黒子〜騰波ノ江2黒子〜騰波ノ江3

黒子〜騰波ノ江間 大田郷からも、蕎麦畑が広がっていますが、騰波ノ江に近づくほどに梨畑が多くなってきます。また黒子街道沿いには旧家が多く、長屋門や立派な塀構えの家が目立ちます。



騰波ノ江〜大宝1騰波ノ江〜大宝2騰波ノ江〜大宝3

騰波ノ江〜大宝間 この区間は梨畑と古城跡のルートで、古城マニアなら必見ですが、過剰に期待するとがっかりするかもしれません(苦笑)



人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2010年10月15日

posted by たすけ at 17:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | ちばらきチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下妻,中妻,上妻,三妻物語

ちばらきチャンネル


下妻市のラーメン黒竜の前の県道15号線を北上すると、すぐに筑波銀行上妻支店、上妻小学校、上妻郵便局、JA上妻などが見えてきます。私、上妻を「あがつま」と読んでいましたが、どうやらこれらは素直に「かみつま」と読むらしいです。

下妻市らーめん黒竜

下妻市の隣、筑西市の中心地は旧下館市。下館の地名由来は天慶年間(938〜947)に藤原秀郷(俵藤太=田原藤太)が平将門追討のために、五行川沿いに築いた三館(上館,中館,下館)のうちの下館にあたるという伝承が著名ですが、下妻の地名は935年の『和名抄』に「しもつま」として記されているのが初出らしいのですが、その由来に関してがどうも不詳です。

福岡県の筑後地方にも「上妻」と「下妻」の地名があり、上妻小学校と下妻小学校もあるとのこと。但し、こちらの上妻は「こうづま」と読むらしいです。
私感とウケウリで恐縮ですが、旧筑後国の三潴郡(みずまぐん)にまつわる白鳥伝説と地名由来考によれば、『日本書紀』に水沼君(みぬまのきみ)という名前が登場し、水沼と三瀦は同意でありミヌマは水の神であり女の神、つまり水沼→三瀦→三妻ではないでしょうかね?

美妻橋
そういえばこの三妻駅に隣接する鬼怒川の橋の名前は美妻橋。

古代の常総線沿線は広大な湖沼地であり、白鳥も沢山飛来していたことでしょうから、水沼→三妻→下妻,中妻,上妻の方程式は成り立つかしらん?

中妻、三妻、下妻

という訳で、関東鉄道常総線に中妻駅、三妻駅、下妻駅がある訳ですが..

中妻駅
中妻駅
三妻駅
三妻駅
下妻駅
下妻駅

あれ?上妻駅は?実は、常総線に上妻駅はありません。
筑波銀行上妻支店、上妻小学校、上妻郵便局、JA上妻などの住所も下妻市上妻ではなくて、下妻市半谷や下妻市黒駒となっていました。
平成の大合併以前、1954(昭29)年の下妻市の市制編入は(真壁郡 下妻町,上妻村)+(筑波郡 高道祖村,)+(結城郡 総上村, 豊加美村)となっていますが、それだと南から中妻→三妻→下妻→上妻の順になってしまいます。う〜ん、どうしてこの位置に上妻なんでしょ?妻の地名にこだわったら、ますます妻という名の水(泥)沼にはまりそうです(笑)

ともあれ、茨城県下妻市に九州とんこつラーメンの名店があるのは、単なる偶然でしょうが、遠く離れた筑後市や筑西市の周辺に、"上妻"や"下妻"の名が存在することは、単なる偶然ではないような気がしています。


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2010年10月16日

posted by たすけ at 16:42 | Comment(6) | TrackBack(0) | ちばらきチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小貝川60km付近の風景(成田橋〜養蚕橋)

ちばらきチャンネル


筑波山のビューポイント(小貝川CR編)を一度アップしましたが、どうも肝心の筑波山がクッキリしていなかったので撮り直して来ました。とりあえず、小貝川60km付近(成田橋〜養蚕橋)にかけてを簡単にアップしておきます。

小貝川50〜60km地点

これは小貝川祝橋〜成田橋までの地図ですが、小貝川60kmや50kmは、海からでの距離ではなく

kokaicr.0.gif
小貝川の河口(利根川との合流地点)からの距離になります。

成田橋(小貝川)
成田橋(筑西市)

深見橋(沈下橋)
深見橋(筑西市,沈下橋)地図には未記入ですが成田橋と養蚕橋の間にある沈下橋です。

養蚕橋
養蚕橋(筑西市)

小貝川60km地点
小貝川60km地点(成田橋付近)から見た筑波山

小貝川60km付近から見た筑波山01小貝川60km付近から見た筑波山02
小貝川60km付近(成田橋〜養蚕橋)から見た筑波山

唐突ですが、男体山は、左or右どちらに見えるでしょう?
この辺りから見える筑波山は坊主山(三角石峰)が正面に来るので、女体山(左)&男体山(右)の二峰に見えますね。都内や東葛地域から見える筑波山は、男体山(左)&女体山(右)になりますので、正反対になります。

「右が正解だ!いや、左が正解だ!」と議論しても結局どちらも正解な訳で。
要は、物事は相手の見ている方向を先ず知ることから始めないといけないということですね。そんな当たり前のことを改めて筑波山が教えてくれました。


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2010年10月17日

posted by たすけ at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちばらきチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

筑波山の見え方の変化(小貝川CR左岸60km〜40km)

ちばらきチャンネル


前記事で筑波山の男体山と女体山が左右どちらに見えるのか?
を書きましたが、小貝川サイクリングロード左岸から見た、筑波山の見え方の変化の順序をアップしてます。

筑波山01(小貝川60km)
01.小貝川60km付近から見た筑波山 女体山が左、男体山が右に見えています。

筑波山02
02.下流に向かって走り始めると、女体山がだんだん男体山に近寄ってきます。
でも標高の低い坊主山(三角石峰)がまだ正面なので、筑波山はツインピークス(二峰)です。

筑波山03
03.やがて小貝川55km付近になると、坊主山の頂上が見えるようになりトリプルピークス(三峰)に。

筑波山04
04.そして坊主山の丸い頂上がはっきり見えるようになり、同時に女体山が男体山の陰に隠れるようになります。

筑波山05
05.小貝川の新大橋付近では、まだかすかに女体山の頂上が見えていますが

筑波山06(小貝川50km)
06.小貝川50km(常総線騰波ノ江駅の真東)付近で、女体山がすっぽり男体山の陰に隠れ、筑波山は坊主山と男体山のツインピークスになります。

筑波山07
07.小貝大橋を過ぎて祝橋に向かう途中で、女体山の頂上が少しずつ見えてきます。

筑波山08
08.ちょうどアルファーアビエィション下妻ヘリポート(常総線大宝駅の真東)あたりが、女体山が見えはじめる地点となります。この地点で、男体山が左、女体山が右に変化します。

筑波山09
09.やがて愛国橋が近づくにつれて、男体山と女体山の二峰を結ぶ御幸が原の広がりが見えはじめ、女体山へのロープウェイ駅がはっきり見えてきます。

筑波山10(小貝川40km)
10.愛国橋を過ぎてすぐに小貝川40km地点になりますが、ここから南下(下流)するほどにやがて坊主山が男体山の陰に隠れて、筑波山は男体山(左)と女体山(右)のツインピークスになります。

左の男体山の方が高いように見えますが、実際には男体山(標高871m)女体山(標高877m)です。
「なぜ標高の高い方が女体山で低い方が男体山なのか?」の疑問。
一説には、男体山の方が尖って、女体山の方が丸みを帯びているから。
一説には、女体山の山頂に割れ目のある岩があるから。
私は単純に古代の人は見た目で高い方を男体山にしたのではないかな?

小貝川60〜50km地点

物事を見る時は左や右の言い方で良いのですが、山を見る時は東西南北で言わないと混乱の原因になりますね。標高871mの男体山は西側に位置し、標高877mの女体山は東側に位置しています。

筑波山は富士山のような独立峰ではなく、実際には八溝山地の一部で、関東平野から筑波山を見る時はだいたい南西方向から見ることになりますので、手前(西側)に見える峰の方が、見た目の錯覚で高く見えるから男体山とした...という単純なことじゃないかと思います。

今はGPSを使って自分の位置が確認できますが、昔の人は見える山の形や重なり方で、自分の位置を確認していたのだと思います。かくいう私も、小貝川CRや鬼怒川CRを自転車で走る時は両川とも蛇行を繰り返すので、筑波山が横に見えたり、前後に見えたりを繰り返します。

鬼怒川CR・小貝川CR・常総線駅.gif

なので、小貝川50km地点(=常総線騰波ノ江駅の真東)から見える筑波山の形(坊主山と男体山のツインピーク)を基準に、「あ!女体山が左に見えてる。やばい遠くに来過ぎた」という感じで常総方面ポタリングの際に距離感の目安にしています。

※地図中のA⇔B⇔Cの距離数は
蛇行しているサイクリングロードではなく、常総線の路線距離(ほぼ直線距離)数です。

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2010年10月18日

posted by たすけ at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちばらきチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。