ポックリ不動尊(弓田不動尊・慈光寺)と弓田香取神社

ちばらきチャンネル


湯田ツーリズムが運営する"農家レストランどんぐりてい"は茨城県坂東市弓田(ゆだ)にありますが、付近のロケーションから弓田不動尊(ポックリ不動尊)と弓田香取神社を簡単にご紹介します。

先ずは引用---ここから
弓田はかつては湯田と称し、「湯田=火急のときに用立てる資金を得る田」という意味の豊穣な土地を指した地名であり、早い時期から集落が拓けていた土地である。
平安中期に平将門が政治、経済、軍事の拠点を石井(いわい)営所に移すと、慈光寺を鬼門除けの本尊として仰ぎ、また守り本尊として深く信仰したと伝えられています。
石井(いわい)営所
すぐ近隣に弓田香取神社の杜があり、この杜は律令時代に兵営の守護神として創祀されたと伝えられ、承平3年(939)2月に将門が参拝したといわれています。
そして、この弓田香取神社と慈光寺との間を兵庫屋敷(兵器の倉庫跡)と称し、道路を隔てて談議所(軍談所)と呼び、奈良時代からの軍事基地であったようです。
その後を引き継ぎ活用した将門は、軍事拠点と位置づけ神仏の加護を祈っていたことを物語っています。
---ここまで。

ふ〜む、どんぐりていさん周辺のロケーションは、いまはのどかな田園風景ですが、こうして史跡を訪ねると古への妄想が湧きます(笑)

yuda_01.jpg

これが、ポックリ不動尊(弓田不動尊・慈光寺)の山門跡です。

yuda_02.jpg

ポックリ不動尊由来の案内版。

yuda_03.jpg

慈光寺は天台宗ですから、最澄(伝教大師)の像ですね。

yuda_04.jpg

慈光寺境内の大銀杏は見事でした。

yuda_05.jpg

場所的には、「どんぐりてい」さんのすぐそばに弓田香取神社があります。こじんまりとした社ですが、社内はきれいに保たれていて地元の人から大切に扱われている様子がよくわかりました。

yuda_06.jpg

弓田香取神社に隣接する、榊山古墳群と中北遺跡の碑。
このあたりは江川(かつては沼地)より少し高台になっており、縄文・弥生時代より、住み易い場所であった証ですが、現在は看板だけで古墳群や遺跡は文字通り神社の境内や民家の敷地内に埋没していますので、遺跡の痕跡をみることは叶いません。

yuda_07.jpg

ま、その代わりといってはなんですが、少子高齢化の我が国を憂い、弓田香取神社境内の裏手にひっそり佇む子孫繁栄の御神体をば(笑)


さて当日(1/24)は、ここから平将門縁の国王神社〜延命院〜菅生沼を経由して芽吹(目吹)大橋に戻ろうかと思っていたのですがあまりに天気が良かったので、鬼怒川CRに出て少し遠回りして帰ることにしました。
その記事は後日UPということで、以下の写真(国王神社〜延命寺〜延命院〜菅生沼)は過去記事からの転用です。

国王神社
国王神社解説
国王神社(平将門木像)

国王(こくおう)神社。将門の三女、如蔵尼(にょぞうに)が、父の神像を刻んで祭ったのはじまりとされる。「どんぐりてい」さんから自転車で約7〜8分

延命寺(島の薬師)
延命寺山門
延命寺解説

延命寺(島の薬師)。時々延命寺と延命院を間違えて紹介しているサイトを見かけます。国王神社から自転車で約1〜2分

延命院
将門塚
延命院解説

神田とは神社所有の免税田が起源ですが、坂東市神田山は(かどやま)と呼びます。
延命院(平将門胴塚)。
胴体=身体=からだ=からだやま=かんだやま(神田山)
将門山=まさかどやま=かどやま=かんだやま(神田山)
と、ま〜他にも諸説ありますが、いずれにしても東京の神田明神の原点ですね。
延命寺(島の薬師)から自転車で約15〜20分。

swan_tenjin.jpg

菅生沼(天神山の白鳥観察地)
延命院から自転車で約2〜3分。
そしてこの菅生沼白鳥観察地と芽吹大橋の間が自転車で約20〜30分くらいです。(主県道と裏道でかなり違います^^;)

PS.どうでもいいことですが..目吹大橋と芽吹大橋の違いは、千葉県側から渡る時は目吹大橋を優先し、茨城県側から渡る時は芽吹大橋を優先して表記しています(笑)



2010年01月26日

posted by たすけ at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちばらきチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農家レストラン「どんぐりてい」へ行きませんか?

自転車(ポタリング)


1/31(日)に2週連続して坂東市の農家レストラン「どんぐりてい」
お店HPはこちらに行くことになりました^^;

おおまかな予定は

運河水辺公園

9:30 運河水辺公園
(東武線鉄橋そばの自販機がたくさんあってWCがある公園) 出発
10:00 遠方から車載で参加される方は野田スポーツ公園で合流
 目吹大橋経由で
11:00 菅生沼(天神山公園で白鳥)と将門山 見学 WC休憩
12:00 農家レストラン「どんぐりてい」 昼食
14:00 国王神社と島広山(石井営所跡) 見学

 途中、坂東市総合文化ホール「ベルフォーレ」で平将門公之像と記念写真を撮りつつ(笑)
 下総利根大橋経由で15:00 喜八堂(おやつ休憩) WC休憩
15:30 江戸川CR(または利根川CR)にて 解散

 解散場所は海から約47kmポスト(関宿滑空場の少し下流)あたりです

運河水辺公園→どんぐりてい 約40km
どんぐりてい→喜八堂 約15km
喜八堂→江戸川CR 約1200m

という感じなので、超まったりペースのポタです。
なので、ロードで参加の方で、あまりにペースが遅いと感じたら、集合時のブリーフィングでお渡しする地図を参考に、各合流ポイントに先行しちゃってください。

10.01.31_000.jpg

「どんぐりてい」さんのレポは→こちら
周辺ロケーションと見学地のレポは→こちら

1/31(日)は、深川ポタと重なりましたので、大人数にならないと思いますが...
もし参加者が多い場合は事前にお店に連絡が必要と思いますので、農家レストラン「どんぐりてい」へ行ってみようかな?と思った方はコメントお願いしま〜す。

平将門像〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<参加予定者の方へ>
当日の天気は良さそうですね♪
当日緊急連絡事項などはBBSにお願いしま〜す。

断腸亭さん 葛飾
しゃあ あずなぶるさん 足立(車載)
棚倉樽さん 松戸
xiaoxiong(しあおしょん)さんご夫妻 松戸
haraさん 野田
たすけ 流山



人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2010年01月30日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(16) | TrackBack(0) | 自転車(ポタリング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

画竜点睛を欠くポタ(ポタリンングには、三つの坂がある。)

自転車(ポタリング)


画竜点睛を欠くとは、ほとんど完成しているが 肝心なところが抜けているために、全体がだめになっているという意味ですが、果たして画竜点睛を欠くポタとは?

本日のどんぐりていポタに参加して頂いた、haraさん、kabigonさん、断腸亭さん、棚倉樽さん、xiaoxiongさんご夫妻に、御礼とお詫びを申し上げますと共に、「予備チューブを持たずしてポタするべからず」の自戒を込めて記事に致しますm(_ _)m

1/31のポタに備え、1/30の土曜日の午前中に、ルートの最終下見と参加者の皆さんにお渡しする地図を入手しに坂東市に出かけました。

10.01.31_00.jpg

芽吹大橋、下総利根大橋と、どんぐりていさんの位置関係を示すための(1)坂東市全体地図と
当日の見学場所(午前:菅生沼付近 午後:国王神社付近)の(2)ガイド地図です

10.01.31_006.jpg

これらのMAPやガイドは、坂東市総合文化ホール「ベルフォーレ」で入手できますよ(^^)v

10.01.31_005.jpg

10.01.31_007.jpg

10.01.31_010.jpg

それからもし、隊列が分かれた場合、合流ポイントや間違えやすい分かれ道の画像も撮っておきました。

おっし!これで明日のポタの準備は万端じゃん?(^^)v
と自画自賛しながら、あとは1/10に注文しておいた前輪18インチチューブの受け取りだけ♪
「もしもし、先日リカンベントの前輪18インチのチューブをお願いした、たすけです。」
「あ、すみません。まだ届いてないです。」
「え?え??...ん〜、わかりました。」

ん〜...どうしよう。明日はクロスバイクで行こうかな?
「いや、まさかパンク大魔王は連続して降臨しないだろう・・・」
「ましてや、先週は鬼怒川CRが工事中でダート走行してきたし・・・」

と、車載のクロスバイクをそのままにして、リカンベントで出かけました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

小泉純一郎元首相曰く「人生には、三つの坂がある。『上り坂』『下り坂』それに『まさか』だ。」
パンク大魔王様曰く「ポタリンングには、三つの坂がある。『上り坂』『下り坂』それに『まさか』だ。」

えぇ〜、もう答えは見えたと思いますが、その『まさか』が起きましたよ(T_T)
目吹橋を通過し、菅生沼に向かう途中で前輪が、またリム打ちパンクです(T_T)
同行して頂いた、kabigonさんやxiaoxiongさんにお手伝いして頂き、ようやく修繕完了...
とタイヤをはめたら、まだ空気漏れが、もう1ヶ所穴がありました(T_T)
再度タイヤを取り外し、パッチ貼りなおし...この間1時間もロス(T_T)
本当にご同行の皆さん、申し訳ありませんm(_ _)m

遅れを取り戻しつつ、今度は慎重に道を選び、予定より2時間遅れで天神山の菅生沼到着。
ところが、天神山のわずかなダートを通った際に?またパンク...
もう万事休すです(T_T)

10.01.31_001.jpg

皆さんにこの将門胴塚の「天然記念物のかや」を見て頂いたあとに、私はポタから離脱をしました。

10.01.31_004.jpg

とりあえず、用意しおいた地図を示し、ここ神田山から「まつたけ屋」までは、とにかく道なりですので、なんとか皆さんだけで、どんぐりていへ向かってください...と。

...で。1人なった私は。先ず、近くのガソリンスタンドで
「ここから一番近い自転車屋さんを教えてください。」
「自転車さんはないけど、ここにバイク屋さんがありますよ。」

バイク屋さんはお休みで、そこのお母さんが
「この自転車屋さんに行ってみたら?」

その自転車屋さんに行ったら、誰も居ない(T_T)、でもガラス戸は開いている??
仕方なくその目の前にあるラーメン屋に入り、食事を取りながら電話帳で電話番号を確認し

「今、目の前にいるんですけど・・・」
「あ〜、とにかく来てください。」
「うわぁ〜、このタイヤは無理だなぁ」

...とは言いながら、なんとか手を尽くして頂き、騙し騙し走れる状況にして頂きました。
「とりあえずね。予備チューブなしで出掛けちゃだめよ。」
「それとこのタイヤはね、オンロード、それもレース仕様の軽さ追求のタイヤだから、チューブ云々より、タイヤそのものを変えないと、このタイヤで一般のサイクリングは無謀ですよ。」


うぅ..まさか、ではなくてパンクは当然の結果だったようです。

その後、なんとか帰路の芽吹大橋で皆さんと合流できて、肝心のどんぐりていはご一緒できませんでしたが、国王神社は、立ち寄れたとのこと。まぁ〜用意した地図やガイドが役に立ったのがせめてもの救いでした。自転車に乗り始めて約2年半が過ぎましたが、タイヤの特性も知らずに乗っている私は、まだまだ自転車初心者の域を出ません。

ご一緒して頂いた皆さん、本当にご迷惑・ご心配をおかけ致しましたm(_ _)m
そして親切に対応して頂いた、坂東市互(たがい)輪業の社長さん、地獄に仏でした。
ありがとうございましたm(_ _)m


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2010年01月31日

posted by たすけ at 23:00 | Comment(16) | TrackBack(0) | 自転車(ポタリング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。