アントロポゾフィー(Anthroposophy)とヒーリング

■代替医療と健康食品


シュタイナー医学をアントロポゾフィー医学という場合もあります。シュタイナーが著した「テオゾフィー」や「神秘学概論」によりシュタイナー医学を人智学ではなく神智学という場合もあります。

hospital_havelhoehe_03.jpg

ヒーリングという言葉もよく聞くようになりました。
「波動やスピリチュアリズムを心身に働きかけて生命力・自己治癒力を引き出し、治癒・回復を促す」...と。なんとも胡散臭い説明がされる言葉です。
私たちは日常的に気分転換でストレスを解消していますが、平たく言えばこの気分転換もヒーリングです。ある症状に効く筈の薬を飲ませていても、一向に改善しなかったのに、患者が抱えていた心配事が解決した途端に症状が改善したり、薬の効果が顕著に現れる。このような物質と精神の相互作用を重視し、患者にとって最良のタイミングで薬の投与を計るのがシュタイナー医学の真骨頂と言えます。

hospital_havelhoehe_04.jpg

私がベルリンのHavelhoehe(ハーフェルホーエ)病院で体験したアントロポゾフィーは音楽療法や絵画療法などでしたが、ここではドクターとセラピストは同格であり治療方針の主導権は患者自身にあります。これは自己主張がはっきり言える欧米人の気質とそれを当たり前考える風土が根底にあればこそで。「治療方針はすべて先生にお任せします」という受動的な日本の風潮の中では、なかなか同じようにはいかないと思います。
理想的なシュタイナー医学が実践できる病院とは、内科・消化器科・外科・脳神経外科などの各専門医とアート・オイリュトミー・マッサージなどの各セラピストがチーム医療として常に科学的データを把握しながら患者のボディ(身体)、マインド(心)、スピリット(霊性)の人間丸ごとを診れる環境下にあることです。

hospital_havelhoehe_02.jpg

アントロポゾフィーと聞いて眉をひそめる人も多いのですが、それは宇宙エネルギーだとか、霊性(魂)だとかのオカルティズムな要素を含むからで。実際、怪しげな霊感商法やヒーリング商法で、病気で悩んでいる人や家族から多額の金品を巻き上げる団体もありますので注意は必要です。少なくとも現代医学を真っ向から否定し、感性(個性)の異なる患者にすべて同じ治療(施術)法を強要するようなところは避けた方が無難でしょうね。


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン
タグ:ヒーリング

2009年07月01日

posted by たすけ at 15:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■代替医療と健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アントロポゾフィー(Anthroposophy)とホリスティック(Holistic)

■代替医療と健康食品


癌の治療法として、ホリスティック(Holistic)医学という言葉が聞かれるようになっていますが、Holisticとはギリシャ語のholos(全体)を語源としており、人間を「体・心・気・霊性」の統合体とし、病気に対して自然や宇宙との調和にもとづく治しと癒しを包括的に考えるという点では、前記のアントロポゾフィー(Anthroposophy)とほぼ同じ考えです。

アントロポゾフィー医学やホリスティック医学では、しばしばホメパシー(同種療法)が行われていますが、ホリスティックではさらに、漢方、気功、鍼灸、アーユルヴェーダなど主にアジアを中心した伝統療法なども取り入れています。

アントロポゾフィー医学やホリスティック医学は、いわば"なんでもあり"医学であり、非科学的だと批判されることも多いのですが、私自身がこういった医学に肯定的な理由は"死"という現実を踏まえて患者さんと接しているからです。言い方を換えれば、"死はすべての終焉ではない"という観点を持つことで心穏やかに日々を送れるメリットが大きいからです。

hospital_havelhoehe_01.jpg

一方現代医療でも、末期がんのターミナルケアとしてホスピスがあり、私自身もホスピスケア研究会に属していますが、安らかな最期に向けての看護士やボランティアの献身的な看護には頭が下がります。

「手術の成功率は何%くらいでしょうか?」「余命はあとどれくらいでしょうか?」
この気持ちは、わからないではないですが、癌治療に関しては、発生部位、年齢、ステージによっても選択肢は変わりますが、大別するとこのような確率や数字をはっきり示してもらいたいと考えるならば、現代医療を選んだ方が良いと思います。

医療(医学)とはなにがなんでも身体を生かすことのみが目的であって、死んだらそれでお終い、その後のことは坊さんか牧師さんに聞いてくれ。と割り切って考える方もいらっしゃると思いますが。生きる意味、死ぬ意味、を正面から患者さんと向き合い「気持ちよく生き、気持ちよく死ぬ」ということまでを医療と考えるのが、アントロポゾフィーやホリスティックであると私は捉えています。

アントロポゾフィーやホリスティックも現代医療でも、患者さんに対しできる限りの最善を尽くすという医療者としての思いは一緒です。ただ残念な現実は、代替医療を行っている医師は、あくまでも患者本位で治療方法の間口を広げてあげたいと考えているのですが、現代医療側ではそんなエビデンスの乏しい治療は医学ではないと、あるいは保険診療が適応されない患者さんの経済的負担も考えて、かなりの医師が否定的かまったく無関心であることです。


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2009年07月02日

posted by たすけ at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■代替医療と健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホリスティック医療と代替医療

■代替医療と健康食品


代替(だいたい)医療という言葉もだんだん一般化しつつありますが、これを英訳すると
Alternative Medicine オルタナティブ・メディスン(代替医療)
Complementary Medicine コンプリメンタリ・メディスン(補完医療)

になりますが米式・英式の違いとニュアンスの違いだけで実質はどちらも同じです。
日本で代替医療と言えば、漢方、鍼灸、温泉療法、食事療法、カイロプラクティック、アロマテラピー等が代表的な療法になりますが、これらと一般診療科目(保険診療)と融合させて混合医療または
Integrative Medicine インテグレーティブ・メディスン(統合医療)と言う言葉もあります。前記の
Holistic Medicine ホリスティック・メディスンも、全体を包括するという意味では統合医療と言えます。

usc_ucla.jpg
ロサンゼルス[USC][UCLA/DREW University]にて 1999年

アメリカは代替医療先進国で、サプリメント大国だと言われていますが、日本では社会医療保険制度が整備されているので、病院にかかったほうが経済的負担は軽くなりますが、米国では社会保険加入率が低く医療費がべらぼうに高いので代替医療にかかったほうが安いからです。特に中国系・韓国系移民の多い西海岸では民間保険で鍼治療をカバーしているのでその利用率は高いです。
日本で薬草と言えば漢方を思い浮かべますが、イギリスではハーブ療法、ドイツでは水とハーブをベースとしたクナイプ療法などが主流で、日本でも一部の漢方処方には医療保険が適応されるように、イギリスではハーブ療法に、ドイツではクナイプ療法に、医師が治療の一環として処方する場合には保険が適応されています。

christ's_college.jpg
ケンブリッジ[Cambridge Christ's College]にて 2000年

私自身、今後の医療は統合医療と向かって欲しいとの願望があるのですが現実的には、現代医療と代替医療は対峙する形となっており、患者さんは二者択一を迫られるのが実情です。
日本国内で、代替医療やホリスティック医療を実践しているクリニックや病院は増えてはいますが、ベルリンのHavelhoehe(ハーフェルホーエ)病院のように、多種多様な専門医とセラピストが常勤している病院は稀です。おおよそは、院長自身が得意する漢方や温熱療法や食事療法を中心としてそれと提携するセラピストが緩やかなチームを組んでいる形が主流です。

st_anne's_college.jpg
オックスフォード[Oxford St Anne's College]にて 2004年

代替医療を実践している医師も、早期の癌で身体へのリスクが低い場合は、現代医療を信頼して切除手術や抗癌治療を否定しません。むしろ頭から現代医療や抗癌治療を否定するのは、医師ではなく偏った治療法に固執している人々です。
ほとんどの場合、ホリスティック医療や代替医療を実践している病院やクリニックを訪れる患者さんはステージの進行した癌や、現代医療では治療方法が手詰まりとなった場合の患者さんです。
このような現実をつねに見ていると、やはり私は現代医療と代替医療の垣根を取り払い、統合医療という患者本位の医療が確立されるべきだと考えます。


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2009年07月03日

posted by たすけ at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■代替医療と健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

代替医療とホスピス

■代替医療と健康食品


日本ではホスピスと言えば、末期がん患者のターミナルケア(緩和ケア)をする施設を指しますが、もともとホスピスとは、中世ヨーロッパで、旅の巡礼者を宿泊させた教会のことを指します。
病気や怪我をした巡礼者を看病やケアをしたことから、看護収容施設全般をホスピスと呼び、そこで看護にあたる無償の献身と歓待をホスピタリティ (Hospitality)と言い、それが病院を意味するホスピタル(Hospital)となります。

bristol_01.jpg

イギリスのブリストルに古い小さな教会を改築した、ブリストル・キャンサーヘルプセンター(ブリストル癌センター)という施設がありました。※現在の名称はペニー・ブローン・キャンサー・ケア(Penny Brohn Cancer Care)で所在地が変わって、施設規模も大きくなっています。
私がここを訪れたのは10年前でしたが、その時ですでに約20年の実績がある施設でした。ここの運営は慈善寄付や利用者の料金で維持されていて、まさに現代のホスピスと言える施設ですが、運営開始からしばらくは国営放送BBCをはじめイギリス国内のマスコミ各社から「藁をもすがる末期がん患者をターゲットに非科学的な療法を強いている」と激しいバッシングを受けたそうです。
それでも地道に患者本位の補完医療(自助療法)の実践を続けているうちに、スタッフの献身的な対応や利用者の口コミで、やがてそれらの誤解が解けバッシングしたマスコミからは、誤解報道であったと謝罪放送や謝罪記事が発表されたそうです。

この話を聞いた時に、松本サリン事件の河野義行さんへの冤罪報道を思い出しました。とかくマスコミは興味本位・視聴率至上主義で、物事を悪意にあるいは美談として誇張気味に伝える傾向があります。
日本国内でも難病患者や癌患者とその家族が集まり長年にわたり「患者の会」としてホスピタリティ活動を地道に続けている団体が数多くありますが、私はそういう団体にこそスポットを当て、寄付金が集まるようにと常々願っています。最近、一部のマスコミや制作会社が企画した書籍や映画とのタイアップで、乳癌の早期発見キャンペーンがPRされていることには違和感を感じています。

bristol_03.jpg

ブリストル・キャンサーヘルプセンターでの具体的な活動は、癌は一臓器の病気ではなく、その人の身体、心、霊性(魂)に影響を与えるという理解に基づいており、癌治療に対する"ホリスティツク(全体的)"なアプローチをしています。センターのプログラムは、2日間の予備コースと5日間の宿泊コースがありグループ・個人カウンセリングヒーリング、栄養学アドバイス、アート・音楽セラピー、マッサージなどですが、病院ではありませんので既存医療の医師の診療はオプションになっていました。

私自身が一番驚いたのは、瞑想ルーム(元々教会の礼拝室だった部屋)に足を入れて瞑想のプログラムを体験した時です。そこには利用者の物と思われる、ブッタ像(仏像)、マリア像、サイババの写真の他、見たこともない偶像や曼荼羅のようなものが置かれていました。
ここでは利用者(患者さん)が何を心(魂)の拠り所とするかは"なんでもあり"で全くの個人の自由なのです。ブリストル・キャンサーヘルプセンターでは、各プログラムを自助療法の一環と言う言い方をしていました。つまり癌治療は患者さんが自ら欲する方法を優先し、スタッフはそれの手助けをすることを第一義としており、けっして押し付けの治療や指導はしていないのです。


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン
タグ:ホスピス

2009年07月04日

posted by たすけ at 01:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | ■代替医療と健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イギリス自転車事情(オックスフォードとケンブリッジの交換留学)

■シニアの自転車生活


6/14の牛久ポタ以来、自転車に乗ってません(汗)
前回までの記事を書く時に古い画像を整理していたら、自転車が写っていた画像があったので「あぁそうだ!」と思い出した事があったので強引に自転車関連の記事にしちゃいます(苦笑)
デンマークやオランダほどではありませんが、イギリスも日本に比べたら平坦な国土で最高点は北部(スコットランド)のベン・ネヴィスで標高1343m。イングランドは1000mを超える地点はないので自転車普及率の高い国なんでしょうね。

london_bicycle.jpg

イギリスの市街地は東京の市街地よりも道路が狭かったです。
ここはロンドンのハイドパーク沿いの道ですが・・・
見ての通り、バスと自転車が道路を共存して走っています。車のほうも特に自転車を邪魔扱いする訳ではなく、互いに臨機応変に道を譲り合っていた気がします。当時は自転車に嵌っていた訳でないので、注意深く見ていた訳ではないですが、歩道の方が広かったのに、歩道を押して歩く自転車はあっても、走行している自転車は見かけなかったですね。この辺が文化の違いなのでしょうか、日本では法律上自転車は車両でも、自転車利用者の意識は歩行者と同じ、自動車のドライバーも「自転車は歩道を走れ」という意識がまだまだ強いと思います。

oxford_bicycle02.jpg

これは、オックスフォードのメインストリートですが、自転車ラインに業務車が駐車している車があるのは、まぁどこの国で仕方ないようで、ただこの写真のサイクリストがこのショットのすぐ後に、ハンドサインでバスに車線変更を合図していた事が印象に残っています。今でこそ私自身もハンドサインがすんなり出せるようになりましたが、健気な小学生は交通安全教室で言われた通り、ハンドサインをしばらくは出しますが・・・ハンドサインは習慣で身につくものですから、小学生のみならず中高生にも、自転車はあくまで車両であり、ハンドサインは自分の身を守る交通ルールであるという意識づけを根気良く続けていくしかないですかねぇ・・

cambridge_bicycle.jpg

oxford_bicycle.jpg

学生街のオックスフォードケンブリッジは自転車利用率が高くて、狭い路上のあちこちに自転車が駐輪しています。上の画像はケンブリッジ滞在時に寄宿した Christ's Collegeのすぐ前の様子で、下の画像はオックスフォードのQueen's Collegeの脇路地です。オックスフォードやケンブリッジの街並みとしては同じような感じですが、ケンブリッジの方が学生街としてのエリアは小さいので自転車密度はケンブリッジの方が高いのかな?

exeter_college.jpg

オックスフォード滞在の最終日は、Exeter Collegeでの会食だったのですが、そこで知り合った学生に聞いたら、イギリスでは自転車が多い分盗難も多く、ピカピカの新車ほどそのリスクが高いそうな。そして・・
オックスフォードで盗まれた自転車がケンブリッジで
ケンブリッジで盗まれた自転車がオックスフォードで

という自転車交換留学のエスプリを話してくれました(笑)


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2009年07月06日

posted by たすけ at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■シニアの自転車生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アズナヴール流しながら、このブログを書いてます・・・

TVドラマや漫画の追憶


自転車仲間のケルビムさんの記事でお台場ガンダムを見てきました〜♪
との記事から機動戦士ガンダムで初めて知ったことが...(汗)
「燃え上がれ! 燃え上がれ! 燃え上がれ! ガンダム!」
...と、主題歌の出だしだけは私も歌えますが、その先の歌詞はさっぱりわかりません。
「空にそびえるくろがねの城、スーパーロボット、マジンガーZ!」
...と、マジンガーZの主題歌の1番は完璧に諳んじることはできます。
マジンガーZが放映されたのは私が中学生の頃なので、ギリギリ見ていたアニメだったのですが、機動戦士ガンダムが始まった頃はすでに二十歳を超えていたので、一度もガンダムのアニメは見たことがありません。でも私の中ではマジンガーZとガンダムがごっちゃになっていて、なんだか知っているような気がしていたのですが、実は何も知らなかったのですねー。よくよく考えてみればガンダムに乗っていた人物がアムロ・レイって事を知ったのは、若井おさむという芸人さん出てきて・・
「アムロいきまーす!」
という台詞で初めて知ったくらいですから(汗)



で。何故突然こんな事を書いているかというと・・・
よくコメントを頂戴している"しゃあ・あずなぶる"さん...私てっきり、あずなぶるは"シャルル・アズナヴール"を捩ったものだと解釈し、センスあるなーと思ってて...今日まで機動戦士ガンダムに"シャア・アズナブル"という人物がいるということを全く知りませんでした(汗)

シャルル・アズナヴール..って誰よ?
ちょうどマンジガーZがTVで放映されていた頃、歌手の由紀さおりが「恋文」という歌で
「アズナヴール流しながら、この手紙を書いてます」
...って、歌い出しでアズナヴールって何?と不思議で、洋楽好きな先輩にシャルル・アズナヴールのイザベルとモナムールの言葉を教えてもらったことが脳みそにインプットされていたものですから(笑) また、ちょうど同じ頃ガロの学生街の喫茶店という歌で
「学生で賑やかなこの店の片隅で聴いていたボブ・ディラン」
という歌も流行っていて、その先輩の部屋でボブ・ディランとシャルル・アズナヴールのレコードを聴かせてもらった思い出も同居しています。

その時の歌は歌えない ロボットの姿も変わったよぉ〜 時は流れたぁ♪

以下、参照までにYouTubeへのリンク
恋文 by 由紀さおり 1973年
Isabelle(イザベル) by シャルル・アズナヴール 1968年 (1分54秒過ぎからが強烈)
学生街の喫茶店 by ガロ 1972年
風に吹かれて by ボブ・ディラン 1966年

※因みに鶴光版イザベル ←思春期の脳みそにインプットされた訳がわかるかと^^;


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン
タグ:懐メロ

2009年07月07日

posted by たすけ at 01:22 | Comment(10) | TrackBack(0) | TVドラマや漫画の追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロムナード・フランスへの憧れ

■シニアの自転車生活


ツール・ド・フランスはフランス一周の意味ですが、プロムナードフランスとは、promenade(プロムナード=散歩)ですから、私的にフランスポタリングと勝手に意訳して題名にしてしまいました^^;

さて今、第96回ツールドフランスの真っ最中ですが、日本のスポーツ紙の一面を飾るのは、第138回The Open(全英オープンゴルフ)に出場する石川遼君の方ですねー。私も先月ミズノオープンで優勝した石川遼君の中継をずっと観ていましたら、勿論石川遼君を応援していますが。もうちょっと、ツールドフランスの事も新聞やTVで取り上げて欲しいなーと思うサイクリストの皆さんも多いのではないかと。



最近やたらと1日200km超えの自走を繰り返している自転車仲間に敬愛を込めて
「相当な自転車おバカだねー」とコメント入れたら
「失礼な!私は自転車バカではなく自転車変態です!」とレスが返ってきました(笑)

私自身は自転車に嵌っているとは言え、せいぜい50〜70kmの距離を足の向くまま、気の向くまま走る"ポタリング"が主体なので、距離3300km前後、高低差2000m以上を23日間の日程で行うツールドフランスなんて、これまでは「ほんとに自転車○○」の世界だと思っていましたが、動画配信でツールドフランス観ていたら...これが...「実に面白い」 by福山雅治

ほぼ毎年欠かさず箱根駅伝中継を見ていますが、各区間で様々なドラマが展開され、エース区間とか、山登りのスペシャリストとか、駅伝も見所が多いのですが...
ツールドフランスは、まずスピード感があって、チーム間の駆引きや落車のアクシデントとか見所満載で、こりゃ世界10〜20億人?が熱中してTV観戦するわなぁ〜と思いました。
(でもまぁそれだけに、在ヨーロッパ日本人の方のブログを読んだら、ツールドフランスに絡んだ誘致合戦や利権にまつわる醜聞も多いとのことですが)

ゴルフ好きの憧れが、全英オープンの会場で有名な英国のセント・アンドリュースやマスターズ会場となる米国のオーガスタ・ナショナルで、自分でプレーをしてみることですが..
もしかして、ヒルクライム(山登り)やブルベ(ランドネ・長距離サイクリング)好きのサイクリストの憧れって..ツールドフランスで中継された山岳コースや田園地帯を走ってみることなのかしら??

私はそこまでの気持ちはないなー
強いて挙げるとすれば、パリの市街地やフランスの田舎町をミニ・ヴェロ(ヴェロ=自転車)でゆったり巡るプロムナード・フランスなんて企画があったら参加したいって思うかもなのです♪


PS.どなたかフランス語に詳しい方へ
 現地でミニ・ヴェロで通じますか?現地ではPetit Velo(プチ・ヴェロ)って言うのかしら??


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2009年07月10日

posted by たすけ at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■シニアの自転車生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自転車通勤を科学する(所さんの目がテン編)

■シニアの自転車生活


今日7月11日の"所さんの目がテン"は面白かったです。

以下、同番組HPから引用---

今、日本で大ブームな乗り物と言えば、自転車。
速さを追求したスポーツ車に乗って、自転車通勤をするサラリーマンが増え、主婦に大人気の電動アシスト自転車も出荷台数を年々伸ばしています。
さらに、7月から法律違反だった幼児2人を乗せる、自転車の3人乗りが専用自転車に限り、許可されることになりました。目まぐるしく変わる最新自転車事情、人気の最新自転車を科学で解明してみます。

まずは、人気の電動アシスト自転車の力を矢野さんが徹底検証。
電気の力を借りて走るこの自転車はどれくらい速いのでしょうか。
そこで矢野さんが電動アシスト自転車にまたがり、自転車選手と対決。自転車選手には同サイズのママチャリに乗ってもらい、競争しました。すると、驚くべき結果が!?電動アシスト自転車のスピードは?電動アシスト自転車のメカニズムも明らかに!

さらに電動アシスト自転車の人気の秘密を探ってみると、「坂道が楽」という意見が多かったんです。
では、一体どれくらいの坂を登れるのか?今回、電動アシスト自転車で挑戦した坂は、スキーのジャンプ台。最大斜度は30度をゆうに超え、まさに絶壁!ジャンプ台の急斜面を登る大実験、一体どこまで登れるのか?所さんもスタジオで急な登り坂にチャレンジします!

佐藤アナは今まで危険とされて問題になってきた自転車の3人乗りに注目。
実は自転車の3人乗りは法律でも禁止されていたんです。では、一体どれくらい危ないのか、新米主婦の佐藤アナが自転車の3人乗りにチャレンジ。自転車でお蕎麦をかついで配達するお蕎麦屋さん、BMXの選手などバランス感覚が優れた自転車の達人にも3人乗りに挑戦してもらいました。すると驚くべき結果が。目がテン流安全な3人乗りも検証します。

そして最近増加中の自転車ツーキニトストと呼ばれる、自転車で通勤するサラリーマンたち。
人気の理由を聞いてみると、「仕事の効率が上がる」という驚きの意見も。そこでサラリーマン4人に、実際に電車通勤と自転車通勤をしてもらい、仕事の効果を検証しました。果たして自転車通勤で仕事の効率は上がるのか。

----引用ここまで

自転車素人の矢野さん(電動アシスト)vs 自転車選手(ママチャリ)直線150m対決では勿論ママチャリ(自転車選手)が勝ちましたが、自転車選手同士で電動アシストvsママチャリでもママチャリが勝ちました。理由は電動アシストは時速24kmを超えるとモーターが止まり、たんに約5kgの重さのハンデを背負った自転車になってしまうのですねー。知りませんでした、まさに目がテン(笑)

スキージャンプ台の急斜面を使った実験もユニークでした。ヒルクライムの選手がMTBの最も軽いギアをつかってチャレンジしても、電動アシストには敵わなく。MTB(斜度22度でアウト)。電動アシスト(斜度27度でアウト)電動アシスト自転車の最大のメリットはやはり坂道なんですねー。...ていうか斜度27度ってもはや坂じゃなくて絶壁です(笑)

自転車3人乗りの実験では、BMXの選手や出前30年のベテラン蕎麦屋さんをしても、重心がとれない自転車の3人乗りでは、ハンドリングが危険なのが良くわかりました。...ていうか蕎麦屋さんをテストライダーにする企画センスに拍手(笑)

私的にもっとも興味深かったのが、自転車ツーキニトストは「仕事の効率が上がる」?の実験でしたが。
自転車に乗るバランス感覚で小脳を活性化するという点がまさに目がテンでした。効率が上がるかどうかの検証は、簡単な算数問題での正解率と所要時間ですので、まぁすべての仕事の効率化とは言えないかもしれませんが、満員電車でのストレスを抱えたままデスクに座るよりは、風を切って走る爽快感を味わって通勤するほうが能の活性化には役立つでしょうねー。

...で。番組内でだんだんエスカレートして自転車通勤約30km(約2時間)をした後の実験では、もはや全員ヘロヘロで問題用紙も見たくないという感想でした(爆)まぁ、自転車ツーキニトストが仕事の効率化を考えるのなら、自転車通勤約15km(約1時間)以内...というのがやはり妥当な距離なんでしょうね。


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2009年07月11日

posted by たすけ at 18:37 | Comment(3) | TrackBack(0) | ■シニアの自転車生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江戸サイを走ろう!

■シニアの自転車生活


江戸サイ(江戸川サイクリングロード)とは、東京湾から関宿の江戸川・利根川の分流地点までの約50kmの区間で、東京・埼玉側(右岸)と千葉側(左岸)になります。

090711_03.jpg

自転車愛好家人口密度の高い多摩サイは色々、サイクリストと歩行者の事故などが多いようですが、江戸サイは土・日でもまだまだゆったり走れるサイクリングロード(CR)で近年特に右岸CRの拡張工事が進んで、2車線車道より広いCR部分も多くなってきており快適です♪

090711_01.jpg

葛飾区や江戸川区の河川敷では、市民グランドや学校のグランドが多いので、野球・サッカー少年などの元気な姿を見かけます。

090711_02.jpg

江戸川区小岩菖蒲園の水上バス発着所(跡)と国府台駅を発車する京成線
休航中ってなっていますが、廃止になったんじゃないのかな??
それとも菖蒲園の盛りの時だけ臨時航行しているのかな??

090711_04.jpg

最近、江戸サイで多く見かけるのはご夫婦サイクリストですねー。この日は往路・復路で計10組くらいとすれ違ったり、追い抜かれたり(苦笑)したでしょうか?...で。本日のレポートはこれだけです。

実はこの日(7/11)はポタリングしたのではなくて、土曜出勤(午後)の前に第4回TasukeIプロジェクトのDVDを次世代自転車を考える会の仲間に届けるために、流山(利根運河)〜江戸川区の鹿骨(ししぼね)を往復した60km,4時間の自転車通勤でした。
前記「適度な自転車通勤は15km,1時間以内」の通り、この日は出勤した時点ですでにヘロヘロで、出勤後2時間は全然仕事になりませんでした(爆)


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2009年07月12日

posted by たすけ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■シニアの自転車生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫の婚カツ(エアコン始動カツドウ)

日記(動物写真館)


暑くなりましたねー、梅雨明け間近でしょうか?
最初に婚カツについての勘違いから・・・

人気自転車ブログのクロスバイクジャンルで堂々1位のクロスバイクを買っちゃうぞ!のくろばいさんのブログで"ミニベロのメンテナンスポタ【その2:なぜか婚カツ】"の記事の冒頭でエアコンが壊れました。orz
「ほうほう、これからエアコン物色活動で"婚カツ"かぁ・・うまい!」
とせっかちな私は早とちりをしまして..読み進めたら「婚カツ盛り」というトンカツの話でした(笑)

...で。どうせ早とちりしたなら、私も婚カツ時流に乗っかって、エアコン始動カツドウを強引に"婚カツ"と捩ってタイトルにしちゃいましたf(^、^;

090713_01.jpg

主役は勿論、我が家の愛猫(チンチラゴールデン)の"みぃる"です。
この娘は今月誕生日を迎えて3歳になりますので、人間でいうとちょうどアラサーになりますが、とうに避妊手術をしていますし、嫁に出す気はありません^^;
この娘は毎年この時期に、しきりにコンカツ(エアコン始動せよと)活動をします。

ワンチャンやニャンコをお飼いの人なら思い当たると思いますが、夏に向かって猫は家の中の涼しいところで過すことが多くなります。先代猫(やはりチンチラゴールデン)は浴室が避暑地でしたが、この娘は家族の留守中は、もっぱら玄関のタタキ(タイル地)で日中を過しています。

090713_02.jpg

家族が帰宅してTVのリモコンを手にすると
エアコンも、リモコンで操作するのを覚えてしまったのか
「暑いぞー!エアコンのスイッチ入れてー!」
と、切ない眼差しで、悶えポーズで身をよじりはじめるのです。

ですが...我が家の財務長官は超倹約家なので、滅多なことではエアコンのスイッチを入れることはしません(苦笑)
ひとしきり「悶えポーズ=エアコン始動カツドウ」しますが、それでも願望が叶わなかった時...この娘は悶えポーズから、ふてくされポーズに変化します。

090713_03.jpg

「ちぇ〜、ケチぃ〜...暑くてもうやってらないわよぉ」
がんばれ、みぃる!お父さんも暑くて堪らん。君のコンカツを全面的に応援してるぞ!

後日談
一昨年、猫鍋(土鍋で眠る猫)が大流行しましたよね...土鍋のひんやり感とフィット感が猫には心地良いらしい...ということで、うちの娘も猫鍋(猫丼)をやらせてみました。ホントは石焼ビビンバで使う石鍋が一番ひんやりして居心地よさそうなのですが、さすがにサイズが合いません(苦笑)

ということで、我が家の財務長官はこの娘の3歳の誕生日プレゼントに下記のような、ガーデニングで使うタイル(敷石)を"ひんやりアイテムとして"プレゼントする計画のようで、ホームセンターのチラシに○印をつけていました(笑)





だいたい30cm四方が標準のようですねー。
うち娘は小さい(3kg)から、最小単位で良さそうだけど大型犬だと60cmx90cmくらいは必要なのかな??


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2009年07月13日

posted by たすけ at 20:04 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記(動物写真館) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。