利根運河の寄り道(野田市山崎)

11/28のエントリー「マックのご利益&銀杏のご利益」で...
朝マックもとい朝ポタ...と書いたら...朝のポタージュスープ?
というご質問がありました^^;
略してすいませんf(^、^;..朝ポタ=朝のポタリング(自転車散歩)です^^;

つ〜わけで、今朝もポカポカ陽気に誘われて理窓公園から朝ポタを..

理窓公園ひょうたん池の紅葉

う〜ん..これだけ見るときれいな感じかもしれませんが、理窓公園の
紅葉の盛りはあともうちょっと、来週あたりが本番かも・・
でもその頃には、くぬぎやコナラは盛りを過ぎてしまうかなぁ

私はポタリングでこうした自然の森林や田園風景が好きですがもうひとつ...
趣きのある建物に出会う楽しみがあります。某氏の茅葺フリークのように(笑)

山崎の牛舎

たとえばこんな牛舎など...
この牛舎は利根運河から、わずか1〜2分程度の寄り道で出会える風景です。

山崎の三叉路地図

自分で勝ってに「山崎の三叉路」と呼んでいるのですが...場所は
窪田酒造さんや窪田味噌醤油さんの裏手にあたります。
まぁ利根運河のどこか適当な脇道から電力鉄塔(送電線)を目標
を入っていけばこの牛舎や三叉路に到達します。

写真の赤い印の山崎の三叉路の風景はこんな感じのところです。

山崎の三叉路

...で。この先ずっと植木屋さんの土地が三角形に続いており、赤い屋根の
とても趣きのある家屋と長屋
があります。私この植木屋さんの赤い家が
大好きなんです。昭和の香りと気品のある佇まい。職業柄お庭の手入れも
素晴らしく、こんな家の縁側でひなたぼっこしたらさぞ気持ちいいだろうなぁ
と通るたびにため息をついています^^;

...と言ってもベストアングルは敷地内に入らないと収まらないので
まさかそこまでしてレンズを向ける訳にはいかず...
ぜひ利根運河で寄り道して、実物を発見なさってください。

山崎貝塚と木橋

山崎の三叉路をさらに進むとと史跡「山崎貝塚公園」にぶつかり
江戸川方面に進むと、新興住宅街『みずきの街』の遊歩道があり

みずきの街

遊歩道に沿って進むとみずきの街のシンボルで富士山の絶景ポイント
でもある『とんとんみずき橋』に到達します。

まぁ、ポタリング(自転車散歩)は、足の向くまま、気の向くまま
山崎の三叉路へは...江戸サイの玉葉橋付近から利根運河に平行
している電力鉄塔(送電線)の下でこんな風景と出会えますヨ♪

-----------------------------------------------------------------

今日のおまけ...大きな鳥居に小さな社(やしろ)の...
山崎の浅間神社山崎の浅間神社

今朝は景色だけでなく、耳でもポタを楽しみました。
この神社で、姿は見えませんでしたが..アカゲラでしょうか...
小気味よいリズムの啄木鳥(キツツキ)のドラミングの音
ひさしぶりに聴きました♪

キツツキのドラミング音を聴いたことがないという方はクリックして下さい^^;
 ↓↓↓↓↓
ブログランキング

2007年12月01日

posted by たすけ at 20:16 | Comment(4) | TrackBack(0) | ■シニアの自転車生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神宮外苑〜絵画館前の銀杏並木

■泡沫(うたかた)日記


このところ、忙しく日誌も1週間も空いてしまった(汗 トップをXmasバージョンにしただけで、内容を更新できてない^^;

さて、今日も午後から外出しており車で出掛けたので、帰り道にふと銀杏並木が見たくなって、青山通りから絵画館前通りに車を進めた...

絵画館前の銀杏並木

ほんのちょっとだけ、車を降り急いでシャッターを切ったので上手なアングルではないが、見事な黄金色の銀杏の雰囲気は伝わるだろうか...
歩道側には平日にも関わらず、大勢の見物客がそれぞれ思い思いに撮影をしており、黄色の絨毯の上に人垣が途切れることはなかった。

絵画館

それにしても、今年は紅葉が遅い...例年なら外苑の銀杏も11月の中頃に...

「金色の ちひさき鳥の かたちして いてふ散るなり 夕日の岡に」

この歌のように、ひらひらと銀杏の葉が舞っている筈なのに、歩道の葉は、ここ数日で落ち始めたばかりの様子である。
家の近所にある楓も、赤くならないまま枯れていく木もあり絵画館前の銀杏もまだ青い葉が残っていた...

日本近海では「越前くらげ」が大発生しており、これも、水温の高さが影響しているのではないと報じられていたが地球温暖化が進行すると、時候の挨拶や季語・歌がやがてはマッチしなくなるのかなぁ...

などなど...と考えながら車に戻り、外苑を一周して帰途についた。

2005-11-29 22:57筆

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン
タグ:絵画館前

2007年12月02日

posted by たすけ at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンタクロースと赤い服

日記(うんちく放題)


クリスマスにはケンタッキーフライドチキンは1年で最も稼ぎ時らしい。
我が家は、Xmasはモスチキンを買っている。

さて、イエス・キリストの生まれた中東の地にもみの木やトナカイはおかしいだろ?

ご存知の方も多いと思うが...クリスマスを祝うようになったのは、ヨーロッパにキリスト教が伝わってからだと云われている。もともとゲルマン民族の冬至を過ぎた喜びを祝う自然崇拝の儀式に常緑樹のもみの木を使っていた。ちょうど日本で、1年中青い竹や松を正月飾りに使うのと同じ理由だ。

日本ではXmasにチキンが定番だが、もともとは17世紀(日本の江戸時代)にイギリスからアメリカへ移り住んだピューリタン(清教徒)が初めての収穫祭に野生の七面鳥を食べた事が始まりだと云われている。ところで最近は、クリスマス近くになるとサンタクロースの赤い服を着たピザの配達のお兄さんを頻繁に見かける。

聖ニコラウスSaint Nicholas(英)は4世紀ごろにミーラ(現:トルコ)で活躍したとされる司教さんだ。オランダでの呼び方が「シンタークラース」で英語でSanta Claus となり、これが日本語で「サンタクロース」となる。

聖ニコラウスさんはのちに航海や商人の守護聖人と崇められるようになるが、同時に子供たちの守護聖人にもなっている。それは聖ニコラウスについて、こんな説話(エピソード)が残されているからだ。

「聖ニコラウスは貧しい家を聞きつけると、夜中に煙突からコインを投げ入れ援助した。そのコイン
はたまたま暖炉で乾かしていた靴(下)に入った」
子供たちが寝静まった夜中、サンタクロースが煙突からやってきて、靴下の中にプレゼントを入れてる起源はこんなところから。

しかし、聖ニコラウスさんはあんな派手な赤い服は着ていなかった。赤い服の起源は、20世紀になってコカコーラ社が、自社広告のイベントで大量に赤のコスチュームを使用してからだ。
もしコカコーラ社のイメージカラーが黄色だったら今日見かけたピザ屋のお兄さんはみんな黄色の服をきて配達していたのかも(笑)

ちなみに、なぜクリスマス当日の12/25を祝わないで、イブの24日に盛り上がるのかといえば、キリストの生まれたイスラエル暦では日没が日にちの分岐点になっていて、24日の日没=25日の始まり..だからのようだ。

2005-12-24 00:00筆

人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン

2007年12月04日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(うんちく放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイヤモンド富士の情報(続編)

西高東低の気圧配置が数日続きます・・・
...って、ダイヤモンド富士へのアタックチャ〜ンス!
観測場所は、例によって江戸川と運河の合流地点と玉葉橋の中間点にある
「海から35km」の場所に行ってきました。
先ず、11月22日と12月5日でどれくらい太陽が富士山に近づいたか?

11月22日の日没11月22日の日没
12月5日の日没12月5日の日没

だいぶ移動しました。もうすでに富士山の山すそへ太陽が沈んでいます。
おそらくあと1週間後の12月10日前後には、江戸川・運河の合流地点で・・・

海から35km地点
10日後の12月15日前後には「海から35km」地点
完璧なダイヤモンド富士が見られると思います。
(天候がよければの話しですが^^;)

以下、理屈抜き(文章)なしで富士の山すそに沈む夕日の連写を・・・
富士山16.21.5116時21分51秒
富士山16.22.1716時22分17秒
富士山16.22.3116時22分31秒
富士山16.22.4716時22分47秒
富士山16.23.0116時23分01秒
富士山16.24.5216時24分52秒

これを見てお解かりのように、太陽が富士山に触れてから完全に
沈みこむまで、わずか1分程度です。ダイヤモンド富士の撮影に
は露出・倍率などの事前チェックが重要ですねー...って
...しかし、やっぱり私の携帯カメラでは限界があります(泣)

ということで。次回は、ダイヤモンド富士の絶好の観測地点である
江戸川「海から35km」地点のロケーションを詳しくご紹介致します
のでダイヤモンド富士にご興味があり、機材と時間のある方は是非
ダイヤモンド富士のシャッターチャンスを生かしてください♪

クリックして頂くと励みになります^^;
 ↓↓↓↓↓
ブログランキング

2007年12月05日

posted by たすけ at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・ダイヤモンド富士特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイヤモンド富士の撮影ポイント(北限観測地点)

ダイヤモンド富士の情報で、観測できる範囲と日程を
ダイヤモンド富士の情報(続編)で、日没のスピードを
お話しましたが...今回はダイヤモンド富士の観測北限地点であり
太陽が冬至でUターンするので、ダイヤモンド富士の可能日数が長く
富士山に向かって視界が広い「玉葉橋」「とんとんみずき橋」付近の
撮影ポイントのロケーションについてご説明致します。

ダイヤモンド富士観測マップ
↑↑↑クリックでアクティブな地図にジャンプします↑↑↑

観測ポイントA
県吉川市と千県野田市を結ぶ「玉葉橋」付近では冬至前後の
1週間くらいダイヤモンド富士を見られるチャンスがあります。
玉葉橋付近
但し、土手の草木や埼玉側の建物が障害物となるところもあり
ちょうど上の写真の国交省のパトロール車が止まっている辺り
「海から35km」地点で、その付近が好位置になります。
江戸川の送電線
江戸川と利根運河の合流地点は、例年12月10日前後と大晦日〜
元旦にかけてダイヤモンド富士が観測できる
場所ですが・・
ごらんの送電線が目前にかかりますので、江戸川と利根運河の合流地点
から「海から35km」地点に少し移動しなければなりません。
利根運河の送電線
この写真が富士山と反対方向に伸びる送電線ですが、この送電線より
北に寄って、土手から離れた観測地点がポイントBになります。

観測ポイントB
野田市みずき01
ポイントBは未舗装道路で水田に面した下段と、空き地になっている上段に
分かれます。上段ではやや電線がかかりますが、望遠にする場合は問題ない
と思います。
野田市みずき02
上段は舗装道路で行けますが、工事車優先で移動式ガードレールで
入り口が塞がれている場合がありますのでご注意ください。

野田市みずき03
とんとんみずき橋からポイントBまで、徒歩でも10分たらずです。
みずき小学校の校庭に沿って進むと、学童保育所の建物があります。
野田市みずき04
学童保育所付近の住宅街道路は、生垣があり撮影には不向きです。
下段の未舗装道へおりるか、もう少し歩いて先ほどの空き地まで。

とんとんみずき橋
とんとんみずき橋01
とんとんみずき橋は例年、撮影者が多い場所ですが富士山に向かって
橋の右側の方が障害物が少ないです。
とんとんみずき橋02
とんとんみずき橋はスーパー・ホームセンター・コンビニ・百均ショップ
レストランなどに隣接しており、大変便利のよい場所です。
ホームセンター2階の駐車場も高さがあり、ダイヤモンド富士の
撮影可能ですがスペースが狭く、目前に電線がかかりますので
あまりおすすめできません。

以上が、ダイヤモンド富士の見える北限「玉葉橋」「とんとんみずき橋」
周辺の観測ポイントのロケーションです。
東京都や神奈川県から見えるダイヤモンド富士も素晴らしいですが
どうぞ千葉県から見えるダイヤモンド富士もご覧になってみて下さい。

PS.とんとんみずき橋までの交通機関
 車:常磐自動車道流山ICより7分
 電車・バス:東武野田線「梅郷駅」まめバスで9分・徒歩で20分

クリックして頂けると励みになります^^;
 ↓↓↓↓↓
ブログランキング

2007年12月06日

posted by たすけ at 01:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | ・ダイヤモンド富士特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士山の見える駅(流山おおたかの森)

西高東低の気圧配置が続いております...。今日も富士山が見えるかな?
TX(つくばエクスプレス)の車窓に差し込むオレンジ色の光にワクワク
しながら都内からおおたかの森に戻ってきたのが16時12分...
下りホームの端から、おおたかの森越しに沈む夕日がこれです。
おおたかの森の夕日
う〜ん...ちょっと雲が多いけどなんとか富士山の山すそあたりに
沈んでいくかな?...と思ってしばらく留まって連写しました。
おおたかの森の夕日と富士山01
おおたかの森の夕日と富士山02
おおたかの森の夕日と富士山03
おおたかの森の夕日と富士山04
おおたかの森の夕日と富士山05

今、流山おおたかの森の駅から見える日没はすでに富士山の南(左側)
ですので、ダイヤモンド富士は冬至を過ぎてからになりますねー。

...で。TX(つくばエクスプレス)の地上部は全て高架で、しかも
埼玉・千葉・茨城の田園地帯を通りますので、車窓からも
いくつかの駅のホームからも富士山がよく見えるのですが...
もしかしたら、TX(つくばエクスプレス)沿線から見える富士山を
特集したサイトがあるかもしれないと検索したら・・・ありました♪

富士山の見える駅←たばりんさんの「富士山と山の展望」のコンテンツです。
...って。「富士山と山の展望」が凄く充実した内容なのでびっくりしました
のですが、管理人のたばりんさんは「富士見日記」など富士山にこだわった
ページや山の展望について記されていて、「山の展望と地図のフォーラム」
ではサブマネージャーをされているということで...
なるほどそれじゃ凄い筈だわ^^;

「山の展望と地図のフォーラム」のサイトは富士山の見える駅一覧や
ダイヤモンド富士マップ・富士見地名一覧
などなど、富士山に関するマルチ
なサイトです。....っていうかこりゃ富士山に関するポータルサイトだな^^;
あぁ〜師走に入って忙しくなってきたというのに、またまた熟読サイトに
出会ってしまった(苦笑)

クリックして頂けると励みになります^^;
 ↓↓↓↓↓
ブログランキング

2007年12月07日

posted by たすけ at 01:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | ・ダイヤモンド富士特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士山の見える駅(つくばエクスプレス)

西高東低の気圧配置が続いています...。今日も夕日がきれいです♪
昨日に引き続き、都内からおおたかの森に戻ってきたのが16時12分...
夕日に合わせて帰って来た訳じゃないけれど、せっかくなので
おじさん鉄ちゃんとなってTX(つくばエクスプレス)の最後尾車両
の運転席越しに携帯カメラでパチリ...ちょっと恥かしかった^^;

つくばエクスプレス01つくばエクスプレス02

そういえば、小学生の頃、学校帰りに赤城台駅(現平和台駅)から
流山線に乗って馬橋の眼医者さんまで通った時期がありましたが
その時もいつも運転席越しに線路や夕暮れの富士山を見ていました。

つくばエクスプレス03

頭の中でそんな回想シーンを思い浮かべていたら、北千住からあっと
いう間におおたかの森の駅に到着。今日は昨日より雲が少ないので
きれいな富士山がとれるかな?
ところが、携帯のバッテリー見たら残り僅か(汗 今日は忘年会の打ち合わせ
があり、案内図に添付する道順写真のために消費してしまったのです。

そんな訳で、いつバッテリーが切れるかもしれないという緊張感の中
おおたかの森に沈む夕日と富士山を連写したのがこれです。

おおたかの森に沈む夕日01
おおたかの森に沈む夕日02
おおたかの森に沈む夕日03
おおたかの森に沈む夕日04
おおたかの森に沈む夕日05

昨日よりは、雲は少ないですがやはりもうちょっと強い風が
吹かないときれいな夕暮れの富士山は撮れないですねー(汗)
ダイヤモンド富士の画像でなくて恐縮ですが、まぁたまたま
2日連続同じダイヤの車両でおおたかの駅に戻ってきたので
写真に収めてみました。

ところで、ここ流山おおたかの森の駅ホームから見える冬至後
のダイヤモンド富士について...
どなたか、カシミールを使いこなしている方がこの記事をごらんになっていたら
ダイヤモンド富士が見える日にちをコメントに頂ければ大変嬉しいです。
(他力本願で重ね重ね恐縮です^^;)
ちなみに、この地点の座標が E139.55.39.6 N35.52.4.7 標高20mです。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
「富士山の見える駅」「富士山と山の展望」の管理人の
たばりんさんからご返答を頂けました!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

カシミールで調べたところ流山おおたかの森駅でのダイヤモンド富士
11月28日の16時17分ごろと1月16日の16時38分ごろですね。前後1日
ぐらいは大丈夫でしょう。

富士山の火口中心から流山おおたかの森駅までは122.5kmあります。
これぐらい離れると富士山頂の幅と太陽の見かけの幅が同じぐらいに
なるので富士山の真ん中に沈むのは前後1日程度になります。

11月28日はすでに過ぎてしまったので次の1月16日に期待して下さい。
北あるいは北西の風が吹くといいですね。少々の雲があっても日没前
後には富士山が見えることが多いので粘ることが大切かと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
たばりんさん、すぺしゃるサンクスでございます○┓


クリックして頂けると励みになります^^;
 ↓↓↓↓↓
ブログランキング

2007年12月08日

posted by たすけ at 00:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | ・ダイヤモンド富士特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自由が丘のメチェナーテ(イタリアン懐石料理)

7日からFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2007が始まっていますが...

メチェナーテ

その7日に忘年会の打ち合わせをしたのが自由が丘のメチェナーテ
というイタリアン懐石料理のお店です。
いつもゴルフでご一緒させて頂いている方が、オーナーシェフの
アンジェロさん一家と家族ぐるみのお付合いということで、今年
の忘年会はメチェナーテの貸切でお世話になることになりました。
私を含めおじさん三人幹事で同店でランチ(¥2,940)を頂きながら
当日の打ち合わせを。

メチェナーテ・ランチ前菜

先ずは前菜...
...って。すいません、料理の画像はこれだけです^^;

実は...
イタリア人シェフのアンジェロさんはサッカー解説者もされるサッカー通で
「じゃぁ、当然ACミランの優勝を願っているのですね?」
と、水を向けたら
「私はACミランサポーターじゃないから、浦和レッズを応援しますよ」
とのこと。それを聞いた江戸っ子なのに大の虎キチ(阪神ファン)の友人が
「エライ!それでこそ真のサポータ!私もオリンピックの野球では日本を
応援するけど、もしチームジャイアンツだったら応援しないもん!」

と...すっかり意気投合し、話はすっかりスポーツ談義へ
料理の画像を撮ることなんかすっかり忘れてしまいました^^;

我々三人はゴルフ友なのですが、来年にはアンジェロシェフも
ゴルフデビューということで、サッカーから野球からゴルフと
話は尽きない尽きない(苦笑)

お店まで行き方は、東急東横線:自由が丘駅正面口改札を出て
メチェナーテ道順01 メチェナーテ道順02
自由が丘デパート沿いの商店街を亀屋万年堂総本店まで直進し
メチェナーテ道順03 メチェナーテ道順04
亀屋万年堂総本店の正面に細い路地がありますが、その路地を奥に進んでいく
と熊野神社の境内に隣接している隠れ家的なお洒落なお店がメチェナーテです。
熊野神社とメチェナーテ

店内は上品なご夫妻や女性同士といったお客様が多く、さすが
自由が丘の「イタリアン懐石料理」のお店といった雰囲気です。

アンジェロシェフはもう自由が丘にもう1店、イタリアの“マンマの味”
が評判のカジュアルレストラン『バッボ・アンジェロ』も営んでおり
そちらは一品料理からオーダー可能です。

でも、メチェナーテ(コース料理のみ)も、けして気取った感じではなく
シェフも奥様もスタッフのみなさんも、とても気さくな方たちばかりでした♪

クリックして頂けると励みになります^^;
 ↓↓↓↓↓
ブログランキング

2007年12月09日

posted by たすけ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味いもんチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理窓公園で鷹と遭遇!

日記(動物写真館)

昨日も晴天。ポタリング日和でした。朝一で出かけるつもりが珍しく
深酒しまして起きたら10時半。とりあえず利根運河から利根川方面に
ところが、強めの風に早々に利根川CRを諦め、利根運河に戻り周辺を
うろちょろ走っていたら・・・
鳥の巣
でっかい巣だなぁ、こりゃカラス以上の大きさの鳥の巣だろうなぁ
まさかオオタカってことはないよな?まさかなぁ・・・
などと独り言を言いながら、理窓公園に戻ってきたら・・・
野鳥にカメラを向ける
カメラを一定方向にむけたおじさん達に遭遇・・・そぉ〜と近づき小声で
「すいません、何を狙っているのですか?」
「何ってことないんだけどねー、野鳥が来るのを待っているんですよ」
「でも、さっきからさかんに鳴いていますよね?」
「え?あぁ〜 これですよ」

...と指差す方向にCDプレーヤーが...どうやら囮(おとり)鳴きの
ためにCDを流し続けていたらしい(笑)

いったいどんな鳥が来てくれるのかなぁ?
まさか、オオタカなんか現われたらもう興奮しちゃうだろうなぁ・・
などとまた独り言を言いながら、理窓公園の奥に入っていったら・・

なんと!ホントに!鷹に遭遇しました!!

ハリスホーク

しかも!目の前!わずか1mちょっと!!

...て。実は野生の鷹ではありません^^;
探検家or学術調査員のような服装のご婦人が腕に鷹を従えていました。

「こんにちは、あのぅ失礼ですが鷹匠さんですか?」
「いえ、これペットなんですよ。飛翔訓練にこの理窓公園に来ました。」
「へぇ〜、なんという種類の鷹ですか?」
「日本の鷹は保護鳥ですから、これはハリスホークという外国産です。」
「あ〜なるほど。あのぅ、写真撮らせて頂いてもよろしいですか?」
「ごめんなさい、カメラのレンズや音に怯えてしまうかもしれないので・・」
「あ^^;ですよね〜、すいませんでした^^;」


と、いうことで訓練の邪魔にならないようにその場から離れたのですが
いやぁ〜直前に、でっかい巣&野鳥愛好家さんたちを見たもんだから
その偶然にびっくりしました。...それにしても、尾羽の白がとても鮮やかで
精悍で利口そうな顔をしていた鷹君でした。

帰宅してから検索したらハリスホーク=和名モモアカノスリだそうです。
ハリスホークとオナガハヤブサを飼育されている「我が家のハリスホーク」
というmomocchi-sanのブログが一番参考になりました♪

...で。その後、晩秋の理窓公園の画像を連写してきました。
晩秋の理窓公園01
晩秋の理窓公園02
晩秋の理窓公園03
晩秋の理窓公園04

一部に見事な赤の楓が残っていたものの、やはり理窓会記念公園の紅葉は
先週がピークだったようです。私は今週まで持つかなぁと予想していたの
ですが散り始めると早いですねー。
まぁ、それでも散り際の落ち葉の美しさは見事なもので、落ち葉吹雪にも
チャレンジしたのですが、なかなか根気とチャンスがいるものですねー。

...で。偶然に鷹と出会うことも出来たし、一富士二鷹・・ではないけれど
もしかしたら、きれいな夕暮れの富士山にも出会えるかもしれないと
とんとんみずき橋
「とんとんみずき橋」まで行って、16時半くらいまで粘ってみましたが
流石に、そうそう簡単にラッキーは続かず、今日の富士山方向は厚い
雲に阻まれて、出会うことはできませんでした。

それにしても、今日は利根川方面でもいくつか鳥の巣を発見してきましたが
野生のオオタカではなかったですが、まさかホントに鷹に遭遇するとは・・・
こんなサプライズな出会いがポタリングの楽しみですね♪

2007年12月10日

posted by たすけ at 03:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(動物写真館) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤坂の氷川神社の大銀杏

師走に入りちょっと多忙になってきたので、しばらく
短文記事が続きますm(_ _)m

赤坂氷川神社のイチョウ

天然記念物の銀杏

木材腐朽菌による空洞

イチョウの気根 銀杏の気根

都内での仕事の合間に撮った赤坂の氷川神社でのスナップです。
巨木の証である木材腐朽菌による幹の空洞&銀杏の古木の証である
気根がよくわかります。

銀杏についての詳細は、マックのご利益&銀杏のご利益の記事
をご参照下さい。

クリックして頂けると励みになります^^;
 ↓↓↓↓↓
ブログランキング

2007年12月11日

posted by たすけ at 05:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。