まったく今の若い者ときたら・・・

こんなボヤキは、紀元前のギリシャでも言われていた
ことで..と。こんな記事他にどこかに書いてないかな。。
と検索をかけたら、すぐに

「佐々木俊尚のITジャーナル」にヒットした。

あぁ〜これ以前、立ち寄ったことがあるなー
と思いながら、先月をもって終了していたので
今度時間がある時にでも、じっくり全部読んで
みようと思う。

最終回で「自律分散協調論」で筆をしまう
ところなんぞは、流石な締めくくりだなぁと感じた。

たぶん、2004年10月26日記事の
「オヤジ系 VS 技術系の溝は埋まるか」の内容はまさに共感する御仁も多いのでは
ないだろうか・・

って、自分の本題に入る前に枕が長すぎた

本日書こうとした記事は、また後日に^^;


2006年04月14日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実弟痴漢で逮捕される!?

キタ--(w━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

何がキタって、そうですよアレですよアレ^^
うちのおふくろのところに来たんですよ^^

弟が京浜東北線車内で痴漢をして今、
品川警察署に拘留されているんですトっ!((爆))

ご多分にもれず、マニュアル通りの問答をして
きたそうな(w

あぁ〜〜俺が替わって電話を取りたかった(ノへ^)
まっ・・・だいたいこんな展開でどうかしら?





『ナヌっ!うちの弟が
痴漢ですとっ!?( ̄□ ̄;)

『う..ぅ...うっ...』(電話口で嬉し泣き)

『いや、被害に合われたお嬢さんには誠に
 申し訳ないのですが・・』

『当家は室町時代から18代続く旧家なんです...』


(ココらで、テキトーに歴代当主の功績をぐだぐだ言う)


『それが、江戸の中期以降8代連続して男児に恵まれず
 私と弟がやっとこ9代目で男として生まれまして...』

『ところがですね、私には1人娘で男児に恵まれず、
 頼りは 弟の結婚にかけていたのですが...』

『弟は、なんていうんですか?
 ほら、ミスターレディ?

『まー、今の時代はKABAちゃんとかマジマセンセーとか?』

『その道でも充分世間様には受け入れてもらえるのですが・・』

『当家としては、なんとしても直系で男児を作ることがここ
 二百年の悲願だったのに..』

『弟がその道に走ってしまったおかげで、
私も ず〜〜〜〜〜とっ!
  わかります!?
 ほんとにず〜〜〜〜〜〜とっ! 針のむしろに
 座らせれている気分なんですよ..
 ほんとにこの気持ちわかって頂けます?』


(ココらで、女系天皇論議もふってみる)


『あぁ・・すいません』

『ま、とにかく。痴漢という行為は身内として、そりゃぁ・・
 そりゃぁ・・・ほんとにまったくもって、お恥かしい限りです』

『しかしですよ!その道に走ってしまったと思っていた弟が
 まがりなりにも女性に興味を持ってくれたということは!?』

『私として..いえいえ当家としては、ほんとに...うれ..い..いや
 嬉しいじゃないですよ^^; 憂うことべきと感じております』

『しかし、信じられないなー あれほど男にしか興味を示さなかった
 弟が...』

『ちょっと、本人と電話代わってもらえませんか?え?
 本人が嫌だと?』

『そーですかー..でも、なんとか本人と確認できませんと
 当家としても私の一存では・・・』

『あ!そうそう・・では今どんなヘアースタイルですか?』

『私が、最後に弟に合った時は、全盛期の真理ちゃんカット..』

『しかも、白髪を金髪にしたからかなり明るい金髪のはず...』

『真理ちゃん..
 わかります?
 天地真理ちゃんですよ?』

『あ!ごめんなさい・・真理ちゃんカットはもっと前だ』

チヨちゃんカットでした! 
 ・・わかります?島倉千代子じゃないですよ』

『奥村チヨですよ...ほら..あのなんていうか、今じゃ
 田舎のスナックでしか見ないような、外巻きカールの・・』

『え!?普通の男性のヘアースタイル??』

『へぇ〜〜・・』

『へぇ〜〜〜・・なんか嬉しいです(;;)』

『弟が、男性のヘアースタイルにしてくれたなんて...
 小学校の時のぼっちゃん刈り以来じゃないかな〜(T_T』

『でも、信じられないなー・・・』

あ!そうだ!! 』

『あのですね...あのですね・・・』

『警察では、拘留した身柄の身体検査はしないのですか?』

『あーそうですかぁ..所持品検査だけですかー』

『いえ..実は弟は、36の時に
 竿を取っているんですよ』

『なんかフツーは、タマを先に抜くらしいんですけどねぃ..
 タマだけはとっておけと! 』

『タマさえ残しておけば、ほら体外受精であれなんであれ
 生殖能力は残るじゃないですか!?』


(このあたりでまだ、話に付き合ってくれたら相当なアホだw)


『身内の私が許可しますので、どうかタマがまだ無事かどうか
 確認していただけませんでしょうか?』

『タマさえ残っていれば...タマさえ残っていれば..』
 まだ、弟を救ってやる気持ちは充分にあります!!』

『なんなら、弟の名義の土地..え〜と麻布と世田谷と
 あ!京都にも弟名義の土地があります!』

『どうせ、毎年固定資産税を払っているだけの土地ですが
 売却すれば7億くらいにはなると思います・・』

『とにかく、タマが無事かどうかだけ..
 確認してもらえせんか?』

『大丈夫です!兄の私がお願いしてるんですから!!』

『いえ、逆言えば、あなたのような素敵な声の男性は
 
弟のタイプのはず ですから・・』

『弟は、喜びこそすれ、嫌がることはないと思います!』

 ε-(´o`;ふぅ〜〜・・・


・・・・もう飽きた_| ̄|○ 一人で書いててもつまらん




ま〜、とにかく。
まさか身内にこんな詐欺電話がかかってくるなんて^^;
今日は一気にキータッチが進みましたわ^^;



まだまだお時間がある方は ドウゾこちらのフラッシュでも^^;

[業者イジメ] / 笑いシーク!

   ↑
かなり長いです...10分くらい?
posted by たすけ at 09:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モナーとのらくろ

monaa00.gif

2ちゃんねるでお馴染みのキャラクターだ。

このキャラクターは、現在の世相風刺に実に多くの
若者〜中年世代までが使っている。
これは、ちょっと昔に「のらくろ」が擬人化されて
当時の世相の反映させていたのに似ていると思う。

さて、ネットが発達して著作権とか知的所有権とか
非常にボーダレス化している。
のらくろ世代は、著作権を強い既得権益と感じている
が今のモナー世代は、みんなの共有物だと考えている。

つまり...
面白いものは、どんどん使っていいじゃない?
とばかりに、いわゆるフラッシュや動画など
で既得のキャラクターが次々にUPされている。

『じゃぁ〜、おまえ(波平)はそういう世相に
 真っ向から意義を唱えるの?』と云われると
そうではない・・・

別記事で紹介したように、「もすかう」
等は、まさにツボに入って何度も見ても飽きず
に今でも頭の中で替え歌(空耳アワー如し)が
反芻される。
あの作者の中学生の才能(センス)には全く
敬服しているくらいだ。

のらくろ世代の人も、当時日本のあちこちで
のらくろの落書きを残している筈だ。
時に教師に叱られながら、時に上等兵に隠れ
描き、同期の仲間で憂さを晴らしていただろう。

ただ今は、それがごく限られた仲間内でなく
あっという間に世の中に流れてしまうという
ことだ・・・

いかん^^;長くなりそう...

             この項続く...

2006年04月15日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オレンジレンジな風潮

オレンジレンジというグループの歌は、最初は
カーラジオのFMから聞くともなしに聴いていた。

てっきり
懐かしい曲を次々ランダムに替え歌で流しているのかと
思っていた。しかし娘からCDを借りて、ラジオから流れ
ていたそれらの曲は1つのオリジナル曲としてヒットして
いると知ってびっくりした。


勿論、彼らのオリジナリティーの部分もある。
しかし、私が注目したのが当の本人たちが
「いいメロディーは普遍であり、ボクたちはいいと
 思った音楽をどんどん取り入れていく。」
と公言していたことだ。

ネット上で流れているフラッシュの多くも
普遍的なテーマに、自分なりのアレンジをして
公開している。

しかし、サーバーの負担以外の問題=著作権絡み
でそれらが時間をおかず閉鎖ないしは自主的に
公開を止める...それの連続なのである。

3日前に紹介した、「もすかう」の作者は
作品で金銭を得ていた訳ではない。
純粋に自分の趣味で作り、それを公開し
私を含めてそれをおおいに楽しんで見ている。

そして、それらをまた熱心に拾い集めて
丁寧に整理して公開しているサイトが
星の数ほどある。

オレンジレンジの風潮とは...
いいものをみんなに知ってもらおう
いいものを掘り起こして使うことが
なんでいけないの?...と、モナー世代

それに対し
今の若いもんときたら自分で努力して
生み出すこともせずに...と、のらくろ世代

でも、たぶん...
紀元前のギリシャでも似たような対立があった
のだろう...そしてオヤジ系VS技術系の「主知主義」
を巡って喧喧諤諤(けんけんがくがく)があって...



最後にヘラクレイトスがすっくと立ち上がり

「万物は流転する!」
と叫んで議論をおさめたのかも(^^:

            この項終わり。

2006年04月16日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(言いたい放題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こちら千葉7区です

最初はグー!さいとうケーン!
(武部幹事長が考案者だとか...)

急遽公募で選ばれた自民党候補の斎藤健氏は
そうでもしないと、名前を覚えてもらえないだろうなぁ。

実はこの自民党候補の選挙事務所はすぐ近所なんです。
事務所になっている閉店したダ○エーの店舗の窓には
ずらっと小泉さんの顔、顔、顔・・・

選挙戦が始まって以来、毎日黒塗りの高級車がずらっと
並び、真夜中でも無駄に広い事務所内はこうこうと灯り
がついております。


一方、「負け組ゼロへ」を合言葉にした民主党の
太田かずみ候補は相変わらずの自転車部隊...
日曜日には鳩山さんも自転車に乗ってた^^;

ま〜しかし、小沢さんは来るは、小泉さんは来るは
あと1週間は騒々しいだろうなぁ...

小泉さん人気はともかくとして...
武部さんは杉村太蔵クン等を引き連れて隊列組んで
練り歩いて大騒ぎだったらしい^^;

でもね〜....なんかこ〜....
盛り上がらないのよねぇココの選挙区は^^;
「せんきょくん」&「せんきょちゃん」も
お疲れ様でしたm(_ _)m

00801.jpg

        ↑

「せんきょくん」&「せんきょちゃん」
他県でもこんな選挙キャラクターいるのかな?

ってゆーか、なんかイマイチだな^^;コレって

2006年04月17日

posted by たすけ at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日葉の新芽の成長記録

日記(家族・子育て)


庭先に植えた明日葉の若芽が出てきました。明日葉の新芽の成長記録をまとめておきます。

明日葉の若芽

・芹(せり)科 ・学名 Angelica keiskei
Angelica : アンジェリカはラテン語の「天使」から
keiskei : 植物学者 「伊藤圭介」の名前からですよ♪

ashitaba060408_01.jpg

わずか1日で、これだけむっくり起き上がりました。明日葉の新芽が出る様子って面白いですよー
茎の一部がぷっくり盛り上がってきて...そこからだんだん蝶々のさなぎのように成長して、やがて茎に割れ目ができて..蝶々が羽化するように葉を広げていきます。
明日葉とかセリ科の語源が天使って云うのは、このように天使が羽を広げるように葉を広げていくからなのかな?

ashitaba060409_01.jpg

明日葉の芽の成長期3日目です。
だいぶ起き上がってきましたね。今週は天気が悪そうで連続して撮影できるかすこし心配です。

ashitaba060410_01.jpg

明日葉の芽の成長期4日目です。
もうあとは葉を広げるだけとなりました。この明日葉の新芽はおひたしやテンプラにするとほんとに美味しいのですが・・・
去年2株植えたのですが、1株は残念ながら育ちませんでした。ですので、この株は花を咲かせて種を採る為に食べないで大事に育てたいと思います。

ashitaba060412_01.jpg

明日葉の成長記録6日目です。
芽を見つけてから約1週間でここまで成長しました。明日葉の茎を切ると鮮やかな黄色の汁が出てきます。この黄色の汁の成分にすぐれた薬効があるんですよ♪
ところで、時々八丈島の黄八丈はこの明日葉の黄色の汁を....というお話をする方がいますがそれは俗説です。黄色の染料は、イネ科の一年草のコブナクサを使います。こちらに詳しく書いてありますのでご参考になさって下さい。→黄染 / 黄八丈

ashitaba060416_01.jpg

明日葉の成長記録10日目です。
もうすっかり、成長しました。芽を見つけて10日目でここまで大きくなりました。茎の下をほうを見ていただくとよくわかるのですが、明日葉はこのように茎を裂くようにして新しい葉が出てきて幾重にも重なって大きくなっていきます。

明日葉は半日陰を好みます。午前中に陽があたって、午後は日陰になるような場所です。この明日葉も西日が当らない場所に植えてありますが、木陰になるようなところでも明日葉はよく育ちます。わりと丈夫な植物ですので、園芸店などで苗を手に入れたら、深めの発泡スチロールなどをベランダの西側において挑戦してみてくださいね。

明日葉には特別の思い入れがありまして・・
実は私、以前に明日葉のお仕事をさせて頂いてました。今は、明日葉自体の仕事とは疎遠になりましたがでも、その仕事が私の人生の転機となったのです。
少しだけ、当時私がお世話になった会社やお店をご紹介させてください。みんなそれぞれ、頑固一徹に明日葉専門で頑張ってらっしゃる老舗の会社やお店ですよ♪

■大島明日葉研究所
■カルコンネット
■明日葉本舗
■八丈島郷土料理 あしたば
まだまだお世話になったお店や会社がありますがいずれ折をみてご紹介させて頂きます


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン
タグ:明日葉 新芽

2006年04月18日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(家族・子育て) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バスの運転手

何故だかこのところTVでよく見知った風景を
見ることが多い。

今日は未明にNHKを見ていたら、「おや?」
と思ったら地元の路線バスの新米運転手さんの
物語
だった。

どうやら再放送だったらしいが、毎日通る道が画面に出て
いたので思わず見入ってしまった。

取材された運転手さんは、元は家電量販店やメガネ屋販売店
の優秀成績な営業マンだったらしいが、ノルマに追われる日々
が性に合わず、またその当時通勤で利用していたバスで運転手
さんの接客態度ひとつで、自分の1日の気分が随分変わる事に
気づき転職を決意したというエピソードに感心した。

世の中の路線バスがワンマンになって久しいが、バス会社も
接客サービスの向上に尽力している事やプロの運転手さんの
安全走行に対する気配りに敬服した。

私自身も、空いた道路で後ろに営業車(タクシー)が迫った
場合は左ウィンカーで減速し、追い抜きをさせて道を譲った
り、停留所から出発しようと右ウィンカーを出し始めたバス
が前にいる場合は、減速して道を譲ったりもするがそんな時
に追い抜いた営業車やバスがお礼のハザードランプを点滅さ
せてくれると、ちょっぴり嬉しい気分になるものである。

まー、これまでそのような小さな親切は、自分が急いでない
場合にしかしていなかったが、この番組を見て渋滞している
時にはもっと路線バスを優先させるように心がけないとな〜
と思った次第である。

参照:あしたをつかめ平成若者仕事図鑑 / NHKオンライン

2006年04月19日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空気の読めない武部幹事長

4/23の千葉7区衆院補選を振り返り。

ま〜おそらくどこぞの社説や記事でも同じような
コメントを出していると思うが、実際、千葉7区
の選挙民としての感想をば...

955差の敗因は、武部幹事長の「空気の読めなさ」
であろう。

先の総選挙で地滑り的大勝利を得た自民党に対して
有権者は「あぁ票をやりすぎたなぁ〜」と次回は
その反作用になると予測できたものを・・・

こともあろうに、棚ボタ当選者の小泉チルドレンを
率いて応援活動やればますますその反作用を招くと
わからなかったのであろうか。

26歳の新人おねえちゃん議員と
46歳の元官僚&埼玉県副知事で政治手腕を比較すれば
人物的には圧倒的に自民有利だ。

しかしながら、杉村太蔵議員のようなド素人が前回自民
に生まれたならば、じゃぁ民主にもそういう新人さんを
当選させてあげよう..という判官贔屓の空気が生まれる。

結果的に杉村議員の最年少記録を15日太田議員が逆転
したのはまさに今回の選挙結果の象徴である。

選挙戦のラストで、新松戸駅前で両候補者が数メートル
で並び、かたや必死で頭を下げた民主党に対し...

相変わらずの「最初はグー!さいとうケーン!」の連呼して
いた自民党を帰宅途中の千葉都民がどれだけ嘲笑していたか
を気がつかなかったのであろうか。

「最初はグー!サイタマケーン!」の民主の切り返しの方が
最後でインパクトを与えてしまったし(笑)

まー、タラレバで論じてもジンジャエールだが・・・

ラスト1日で「最初はグー!さいとうケーン!」を封印し
古参の自民議員と共に、旧野田市街地&関宿地域のドブ板
に集中すれば955差は簡単に逆転していたと思われ・・

2006年04月24日

posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■泡沫(うたかた)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あけぼの山と自宅のチューリップ

ちばらきチャンネル


あけぼの山のチューリップ01

自宅から30分ほどのところにあるチューリップ畑で有名な千葉県柏市:あけぼの山農業公園です。いつも見頃を逃してしまい、この日も小雨の中で満開を過ぎてしまったところなのですが(汗

一度は撮影する為だけに天気が良く、平日でまだ人が来てない頃に行ってみたいと思っているのですが、なかなかそんな機会はつくれません。
あいにくの天気だったので、背景等を修正したのでちょっと絵画っぽくなってしまいましたが、とりあえず人が大勢いても、なんとか工夫すればいい絵に変えることは可能です♪

あけぼの山のチューリップ02

まぁ1人くらいは入ってしまっても諦めて(笑)あとは、小雨の曇天ですとどうしても明るさに欠けるので、明るさを増やして、そらの背景を青空に入れ替えるとこんな感じに♪
時間をかけずにちゃちゃっと修正しましたので完成度はあまりよくありませんが・・・とりあえず、印象は変わる思います。

機会があれば、このような遠近法を使った我が家のチューリップもUPしてみますね。

-----------------------------------------------------------------------------

....ってことで。こちらを追加なんですが。

自宅のチューリップ
tulip_00.jpg
自宅のチューリップ

その後、ほとんど庭いじりが出来ずに画像も撮る時間がなかったもので、一斉咲きのチューリップのまだ3分咲きのものしか撮れてません(;;
なんとか遠近感を出そうと思ったのですが・・・いかんせん、開いている花の数が少ないのでふらふら
こんな中途半端な画像になってしまいましたm(_ _)m

自宅のチューリップ
tulip06.jpg
自宅のチューリップ

さらにその後、開いた後で撮影しましたが ↑ この淡い色のチューリップが個人的は好きです^^;
ほんとは、うすいピンク&濃いピンクのコントラストを狙っていたのですが・・・
全然庭を見る余裕もなくてふらふら 白い花の接写も撮りたかったなぁふらふら


人気ブログランキングにほんブログ村 自転車ブログblogram投票ボタンランキング投票ボタン
posted by たすけ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちばらきチャンネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。